新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

タイムシフト視聴率時代?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140726-00000015-pseven-ent
これまで、スポンサーあっての民放ドラマ制作側は、いかに生で観てもらうか、という意味で、あくまでも視聴率にこだわって来た。
録画だとCMを飛ばされる→スポーサー激おこ、という流れになってしまうからだ。
しかし、ここ数年、「タイムシフト視聴率」(録画再生率)を無視出来ない流れになって来た。
視聴率20%そこそこのドラマでも、録画再生率をプラスすると50%を越える、なんて番組もどうやら沢山あるらしい。
「そろそろこの数字を直視していこうや」
ってな事になって来てますよ、というのがソースの中身。

さて、ではこの先、スポンサーはどう関わってくるのか?
きっと、劇中にアサヒスーパードライやら、花王アタックネオやら、小林製薬のナイシトールやらが実名でガンガン登場してくる、などと予想してみる。

「その時間、私はセブンイレブンで買ったハウスバーモントカレーを自宅で食べてました。ペプシネクスを飲みながら。なので犯行は不可能なのです…」
とか
「こうなったら、大正製薬のリポビタンDを飲んでパワーを付けるしかない…」
とか?

うーむ、どうなる事やらw
the_strangest_sights_witnessed_in_traffic_640_25.jpg
犬税?


http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE000000000000005366.shtml
大阪の泉佐野市というところで検討されていた、飼い犬にかける税。
結果として断念という事になったが、これは、路上などに放置される犬の糞を片付けるのにかかる費用を賄おうというものだった。
マナーを守っている飼い主にとっては、いい迷惑という話だが、仕方ないといえば仕方ない。

そこで、こういうのはどうでしょう?
今年1年間で始末された糞の量に応じて、来年の税額を決める。
これを繰り返す事によって、飼い主のマナーも向上して行く、という狙いだ。
これ、タバコにも同じ考え方が出来て、落ちている吸い殻の量で、来年のタバコ税が決めることによって、喫煙者のマナーが向上…

どうでしょう?これ


IMG_0720_130730.jpg
発表会
本日、息子の何度目かのピアノの発表会があった。
今年はあの「アナ雪」の「Let it go」を弾きたいということで、アレンジしてやった。
普段、120%弾いておけば、本番で100%弾けるという教えに基づいて、105%弾いたおかげで、本番は98%のできであった。ま、上出来である。
それはそうと、何故か今年から
「他の人たちの迷惑になるので、写真、動画の撮影は禁止」
という新ルールが設けられた。
ん?自分の子供を撮影する分には、全然迷惑でも何でもないんだが…
しかも、会場の最前列には、客席を常に監視し、撮影している親御さんには注意を促す係員がおり、撮影以外の、例えば演奏中に出入りをしたり、騒いだりする人にはノータッチという…

えっと、素直に
「公式に撮影したDVDが売れないと困るので、個人的に撮らないでください」
と、素直に言ってくれれば考えるんだけどね〜

もう、来年からは、こちらから金を出してまで出させていただかなくてもいいかな〜…
ってか、来年は発表会ではなく、ライブを開催するか!
リアル岩田鉄五郎
ワタシの1コ上のおっさんが、未だ中日ドラゴンズで現役の投手をやっている。
その名は山本昌。本業はラジコンプレーヤーらしい。
今年49になる筈だが、ここまでこれといった怪我もなく、マイペースでやっておられる。
昨シーズンの成績は16試合に投げて、5勝2敗。その辺の若いだけの中途半端な投手よりは、よっぽど活躍している。

今年は、今のところ残念ながら2軍で打たれまくっているが、ま、そのうちまた調子を上げて戻って来るだろう。
どうせなら53歳までやって欲しいと思うのだ。

ちなみに、これが今年49歳・山本昌投手
yamamotomasa2014.jpg


こちらが50〜53歳、東京メッツの岩田鉄五郎投手
iwatatetsugoro2014-02.jpg

iwatatetsugoro2014.jpg



バッグ


本日、SHOW-YAのライブが赤坂ブリッツであり、天気が良かったのでチャリで行って来た。
で、帰りに寄った地元のセブンイレブンでの事。
レジの店員さん、おそらくインドネシアあたりの人に
「綺麗なバッグですね〜、どこで売ってますか?」
などと話しかけられた。
「ワタシも買いたいです〜」
との事だったので、近所では東急ハンズなどで売られている事。大きさや色、形など、様々なタイプがある事などを紹介した。

そのバッグがこちら。
IMG_0801_20140728.jpg


基本的に、バッグインバッグとして使っており、iPadが余裕で入るサイズで、予備バッテリーやスタイラス、眼鏡や財布などを入れて使っているのだが、実は無理すればMacBook Airが入るのだ。
で、もう一つ小さいサイズだと、無理すればiPadが入るので、それも買いたいな〜と思っている。

気に入って使ってるものを褒められるのは素直に嬉しいし、そこで海外からのお友達と会話が弾むのも楽しい。そんなきっかけになってくれたこのバッグにも感謝だ♪
ニッポンの夏


今宵、20時前後に窓を開ければ、北の空では隅田川の花火。東では浦安?
そして舞浜でも盛大に花火が上がっていた。
そして、すぐ近所では、やぐらが組まれていて、盆踊りの太鼓と音楽。
クソ暑いけど、これが日本の夏。
今年もこの季節を迎えられた事に感謝♪
IMG_0792_140726.jpg
笑わない系キャラ


「家政婦のミタ」が大ヒットしたからと言って、二匹目のドジョウを狙うドラマの多い事…
ミタさん=無表情=笑わない=鉄面皮
これを追って、思い出せるだけでも

・ゼロの真実(岡田真央=武井咲)
・お天気お姉さん(安倍晴子=武井咲)
・TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-(佐久晋吾=小澤征悦)
・福家警部補の挨拶(福家警部補=檀れい)
・鍵のかかった部屋(榎本径=大野智)

このぐらいはパッと出て来る。

後は、色々あって笑う事を忘れてしまったキャラなんかも合わせると、この倍以上にはなるかな…
ま、演じる役者さんは簡単でいいのかも知れないけどね〜
深夜のオレ
なかなかバタバタした旅であった。特に帰り。
深夜まで呑んでいたため、目覚ましに起こされた時はワケがわからず、しばし呆然。
しかし、深夜のオレが色々済ませておいてくれたらしく、荷造りはほぼ完了。着替えも朝のカフェオレもすっかり準備されており、目覚ましから5分後には出発の準備が済んでしまった。
空港では、家族からミッションとして与えられていた「佐藤水産の石狩鮨を食うべし」もクリア。
さて、セキュリティチェックを受けた所で、問題発生。
またしても、家の鍵がない…

一応、ホテルに問い合わせるも、なかなか要領を得ず。
とりあえず千歳を後にして、羽田に到着した頃、留守電が入る。
「お探しの物は見つかりませんでした」

羽田から地元に向かうバスを待つ間、もう一度荷物をひっくり返してみると…

ありました。鞄の一番奥に。
これも、昨日、深夜のオレがちゃんと仕込んでおいてくれたのでした。
ありがとう!深夜のオレ♪

e2921c87.jpg

北の大地へ
人をボコリ過ぎて左手を負傷している、寺田恵子姐さんの「手」となるべく、本日はサッポロへと乗り込んだ。
北海には梅雨はないと言いながら、この空は絶対梅雨の空だ。
IMG_0743_20140723.jpg

到着前まではシトシトと降っていたようだが、とりあえず雨も上がり、集合時間まで間があったので、ホテル近くの大通公園をジョギング。
もうすっかり体調も元に戻りつつあるのを確認し、サウンドチェック、そして本番。
10538458_833274396697569_369417118418066419_n.jpg


実は一緒にやるのは随分久しぶり。しかもノーリハ。
だったんだけど、そこはもう20年以上の付き合い。あ、うんの呼吸ですよ♪
「こんなん、聞いてねえし〜!!」
みたいな展開でも、どこまでも着いて行ける自分にビックリw
「手」としての務めは十分果たしたと思うので、美味しいビールを呑ませてもらうよ( ´ ▽ ` )ノ

そして明日もクソ早いので、適当なところで切り上げて、さっさと寝る!
生還しました( ´ ▽ ` )ノ

いや〜しばし死線を漂ってたけど、昨日あたりから38度線を撤退。ようやく平熱界に戻ってきたよ。
まだ多少めまいがしたり、10km走るのもままならなかったりと、完全に復調というわけにはいかないけどね…
基本、ケミカルなものには、なるたけ頼らないようにしたいと思ってるけど、今回ばかりは頼らないとヤバかったねw
というワケで、明日は恵子姐さんの「手」となるべく、札幌に行って来るべよ( ´ ▽ ` )ノ
now_this_is_extreme_laziness_640_21.jpg
熱出ました


いや〜久々にフィーバーしちゃいました。
思えば、一昨日ぐらいから頭がグラングランしてて、夜に体温計ったら38度越え。
しかし、翌日(昨日)には37.5度まで下がったので、楽勝かと思いきや、レコーディング終わって明け方に帰宅して計ったら、再び38度線を超えた。
とりあえず医者に行ってみたが、どうやらインフルではないらしいので、それだけでもホッとしとります。

発熱と言えば思い出すのが、何年か前のTHE HEARTのライブ。
今、静かに盛り上がってる「9年前の名古屋」ではなく、たぶんその翌年ぐらいの名古屋だったか…
やはり、直前に高熱を出し、医者に行って薬をもらい、そのままリハに向かった。
「何か腹に入れておかねば」
と、途中、コンビニで食い物を買って、車の中で移動しながら食い、そのゴミをどっかのゴミ箱へ捨ててからのスタジオ入り。
しか〜し、捨てたのはコンビニのゴミではなく、医者にもらったばかりの薬だったという…

おかげで、移動もライブも地獄だった。
なんて話を思い出しました( ´ ▽ ` )ノ

何だか今、風邪が流行ってるみたいなので、皆様もお気をつけください!!

yup_i_totally_dont_give_a_sht_640_37.jpg
歌入れやってました
いや〜もうすっかり日付も変わって…ってか、もうすぐ朝方か〜
今日は稚菜の歌入れをやってました。
2曲録ったんだけど、いや〜粘ったねぇ♪5〜6時間は歌ってたかな。
実は、現在の技術をもってすれば、歌入れなんて1曲小一時間で終わらせる事が出来るんですよ。
でも、彼女のレコーディングでは、それはやりたくない。
前回のレコーディングも、その方針でのぞんだ結果、ボーカリストとしてかなりのレベルアップを果たした。
ほんの1時間前よりも、確実に成長してるのが目に見えて分かった。
良い物を作りたいのは当たり前だけど、やっぱり彼女には成長して欲しい。
なので、安易な事はやりたくないのだ。

彼女も自分を客観視できており。
「いつか、色々な技術に頼らなきゃならない事もあるかもしれないけど、今はそうすべきではないと思うんです」
などと、キッパリ♪

この先も、「正しいもの」より「気持ちいいもの」を作って行きたい。
名前は出さないが、最近世に出回ってるもののほとんどは、正しいけど、気持ちよくない。
そう、「正し気持ち悪い」のだ(・∀・)

って事で、今日も良い物が録れたですよ。
どうか、お楽しみにしといていただきたい♪

それにしても、凄いスタジオじゃったw
IMG_0706.jpg
ドラレコ


今日、というか先ほど、帰宅するので車を運転してたんですよ。
で、芝浦あたりの交差点で、右折待ちをしていて、矢印が出たから右折したら、直進車が突っ込んで来た。
危うく難は逃れたんだけど、そいつは携帯で通話しながら運転していた。
さて、もしこれで事故った時に、ドライブレコーダーはどのぐらい証拠として通用するんだろう?
そう思って、動画を検証してみた。

結果、かろうじて信号は確認できるんだけど、運転してたやつが携帯を使ってた所は、映像では全く確認できない。
もうちょっと解像度の高いヤツじゃなきゃ意味ないんだろうか?
肉眼ではハッキリ見えたんだけどね〜…
おすすめのドラレコとかあったら、教えてください( ´ ▽ ` )ノ


録画再生率


これまで、「影の視聴率」などとも呼ばれていた、タイムシフト再生率(録画再生率)が、試験的にではあるが、ついに発表された。
これによれば、上位は「笑っていいとも」と「ワンピース」を除き、全てドラマ。
最近の低視聴率も、この数字を足すと、まだまだ悲観的なものではないのかもしれない。
ただし、CMは飛ばして観る人がほとんどだと思うので、スポンサー的には微妙。

参考までに、前クールのドラマ、視聴率ベスト5は


1「花咲舞が黙ってない」 16.0%
2「ルーズヴェルト・ゲーム」 14.5%
3「続・最後から二番目の恋」 12.8%
4「BORDER」 12.2%
5「アリスの棘」 11.0%


生で観て、録画でも観るという人もいると思うので、単純に足せばいいものではないが、あえて単純に録画率を足してみると…

1「ルーズヴェルト・ゲーム」 22.2%
2「花咲舞が黙ってない」 21.6%
3「続・最後から二番目の恋」 19.6%
4「BORDER」 18.6%
5「アリスの棘」 18.4%


と、首位が入れ替わったりもする。

数字的には散々だった「MOZU」や「極悪がんぼ」なんかの名誉もある程度回復されるのではないだろうか?

詳しくはこの辺で
http://www.videor.co.jp/press/2014/140714_data.htm
オール・ユー・ニード・イズ・キル
IMG_0668.jpg

数日前になるが、トム様の新作という事で、とりあえず観に行ってきた。
原作が日本のラノベか何かだという事で、どんなもんかと思ったけど、なかなか面白かった。
というか、ゲーム脳ならではの視点というか、新しい切り口で新鮮だったよ。
いつものトム様とは違い、軍人とは名ばかりのヘタレな広報担当という役で、ここから無敵のエイリアンにどう対して行くのかと思いきや…なるほど〜という感じ。
ちなみに、ご自慢のノースタントのカーアクションは無し。
格闘家日和


一昨日は、総合格闘技の我が師匠、安藤さんがONEにて大勝利。
そして今宵はkrushにて寺戸君が防衛、更にテランボーがベルトを奪取。
その全てが1ラウンドで決着と言う、近年稀に見る胸のすく日々であった。
今宵はみんなでうまい酒を呑むぞ~!

明日4時起きだけどね(・∀・)
パット・ベンディット・ルール
昨日の続きになるが、左右両投げ投手、つまりスイッチ・ピッチャーという希少な人材に比べれば、その何倍もいるのが左右両打ちの、いわゆるスイッチ・ヒッター。
一般的に、右投手には左打者が、左投手には右打者が有利だと言われ、投手の利き腕に対して左右の打席をチョイスできるのが、スイッチ・ヒッターの利点だ。
では、投手がパット・ベンディットだった場合どうなるのか…
これは実際にあった話。
パット・ベンディットのデビュー戦、左で投げていたパットに対し、右打席に入ったのは、スイッチ・ヒッターであるエンリケス選手。
すかさず、パット・ベンディットは右投げにチェンジし、投球しようとすると、エンリケスはタイムを取り、左打席に入り直す。
それを見たパット・ベンディットは、また左に、するとエンリケスは右打席に…と、対戦が始まらない。
結局、審判団の協議の上、まずエンリケスがどちらの打席に立つのか決めさせ、右対右の対決となり、三振で終わった。
その後「まず投手が、どちらの手で投げるか決めなければならない」という公式ルールが追加となり、これは日本プロ野球のルールにも付け加えられた。
俗にいう「パット・ベンディット・ルール」である。

いずれこれが、日本では「増田一樹ルール」と呼ばれるようになるとは、この時点ではまだ誰も知らない…

二刀流
ワタシ的にはすっかり下火になっている、日本プロ野球だが、その中でも今シーズンこっそり注目している選手の一人が、大谷翔平選手。
ここまで、打っては打率.285、20打点5本塁打、特に交流戦が終わってからは4割ぐらいと好調。
投げても、8勝1敗防御率2.35と、早くもエース格。
リーグでも勝利数、防御率3位、奪三振数2位だ。
一部サッカーファンからも、日本代表入りを切望されるほど、その身体能力を発揮し始めている。
シーズン終了後に、どのぐらいの成績を残しているか、本当に楽しみだ。

一方、高校野球でもこんな逸材が(・∀・)

二投流球児現る!名門所沢商エース増田

(今日試合だった筈だが、どうなったかな?)

かつて日本のプロ野球にも近田投手という両投げ投手がいたが、公式には左で1試合投げたのみだった。
一方、メジャーにはグレッグ・ハリスという両投げ投手がおり、700試合ぐらいに登板したが、左で投げたのは1度きりだったそうだ。

そしてマイナーリーグにはパット・ベンディットという、イタリア系両投げ投手がいてだな…(続く)
ウォルトとアンダーソン
今日の「花子とアン」で、クリスマスパーディーのシーンがあったんだけど、そこで流れてた音楽が…
ぱっと聴きはただのクリスマスソングなんだけど、実はこれルロイ・アンダーソンって人の「クリスマス・フェスティバル」という曲だった。
アンダーソンといえば1940〜60年代のアメリカの作曲家なので、大正初期のこの時期に流れてるのはおかしい!とFacebookで呟いたついでに、ちょいと調べてみた。
この曲が発表されたのは1950年。日本で言えば昭和25年なので、やはりおかしい。
と、ついでに、同じくアメリカの巨匠・ウォルト・ディズニーと比べてみると、色々興味深い事が。

ウォルトは1901年、アンダーソンは1908年の生まれ。(何故片方をファーストネーム、片方をファミリーネームで呼んでいるのか、自分でも分からないw)

以下、大雑把に時系列。
ついでに、我が国での出来事も併記すると、更に楽しい。

1928年 ウォルト「蒸気船ウィリー」発表(手塚治虫誕生)
1937年 ウォルト「白雪姫」発表(沢村栄治、最多勝・MVP獲得)
1938年 アンダーソン「ジャズ・レガート」発表(石ノ森章太郎、松本零士誕生)
1940年 ウォルト「ピノキオ」「ファンタジア」(ゼンジー北京誕生)
1941年 ウォルト「ダンボ」(第二次世界大戦開戦)
1942年 ウォルト「バンビ」(ミッドウェイ海戦)
1946年 アンダーソン「シンコペイテッド・クロック」(サザエさん連載開始)
1948年 アンダーソン「そりすべり」(太宰治自殺)
1949年 アンダーソン「トランペット吹きの子守唄」(下山事件)
1950年 ウォルト「シンデレラ」アンダーソン「クリスマス・フェスティバル」「タイプライター」(サントリー・オールド発売)
1951年 アンダーソン「ブルータンゴ」ウォルト「不思議の国のアリス」(力道山デビュー)
1953年 ウォルト「ピーター・パン」(バカヤロー解散)
1954年 アンダーソン「トランペット吹きの休日」(「ゴジラ」公開)
1959年 ウォルト「眠れる森の美女」(王貞治デビュー)
1961年 ウォルト「101匹わんちゃん」(「上を向いて歩こう」大ヒット)
1962年 アンダーソン「クラリネット・キャンディ」(王貞治、一本足打法開始)
1966年 ウォルト・ディズニー永眠(藤尾領誕生)
1975年 ルロイ・アンダーソン永眠(長嶋茂雄が監督1年目で最下位)


こうして見ると、個人と会社って違いはデカいな〜…
夏ドラマ、始まってます

早いものでは先週から始まってます。
とりあえずここまでで観たのは「家族狩り」「匿名探偵」「ペテロの葬列」の3本。
「匿名探偵」は、深夜の高橋克典ものなので、いつものようにお気楽に観られてグッド♪
「家族狩り」は、出演者も豪華かつフレッシュな人も交えていて、脚本や演出、ストーリーとも深みがあって好き。
「またエンケンか」と言う方もおられましょうが、遠藤憲一さんが4連続となる「警察の中間管理職」をどう演じ分けるのかを観るのもまた一興。
「ペテロの葬列」は、「名もなき毒」の続編で、初回からかなりいい味出していて、すっかり引き込まれた。
「変態仮面」のヒロインの子が出とりますよ♪
ただ、後者2作は原作ものなので、「原作が〜」「原作では〜」という人たちが少なからず現れるのがちょっとウザい。

今期はとりあえず最初から「観ない」と決めている作品もいくつかあるので、前期ほど大変な思いはしなくていいかも(・∀・)
874_14035215949277.jpg
豊洲SASUKEパーク

先日、TBS系の名物スポーツ番組「SASUKE」が、めでたく第30回目となる放送を行っていた。
いつしか「オールスターズ」などと呼ばれる人たちが現れ、その人たちも既に年老いて、代替わりなどもしつつ現在に至る。
さて、そんなSASUKEを体感出来るアトラクションが、我が地元にオープンするようだ。
以前、お台場にもアミューズメント感覚のものがあったが、現在工事中の様子なんかを見てると、イントレなどが多数組まれており、かなり番組に近い感じがしなくもない。
失敗すると、泥水にボッチャンとかあるんだろうか?

さて、負傷している手首を治さなければ…

今ね、ビールの24本入りの箱あるじゃないですか? あれを片手で掴んで運べないぐらい悪化してるんですよ、両手とも…
1485258c-s.jpg


http://www.sasuke-park.jp
W杯白熱中
さて、いよいよベスト4が出揃いましたっ!
顔ぶれを見ると、地元ブラジル、ドイツ、アルゼンチン、オランダとブックメーカー的には全く美味しくないとも言える、順等なもの。
ま、この中だったらどこが優勝してもおかしくないだろう。
これまでの試合っぷりを見ても、攻守ともに、そして監督の采配も、当たり前だけどかなりレベルが高い。残念だが、とてもじゃないけど日本のかなう相手ではない。
そうやって考えると、いかになでしこがスゴイって事ですよ。

ま、それはそうと、大体試合開始時刻が、日本の深夜1時と早朝5時というパターン。
5時の試合を早起きで観てもいいんだけど、その中で1時の試合の結果とか知りたくないし、1時の試合を3時まで観ていられるほど宵っ張りなお年頃でもない。
なので、両方録画して、朝から観るようにしてたが、この先は5時(決勝は4時)開始。
早起きするかな〜
勝敗もさることながら、その試合内容がかなり濃い。オランダVSコスタリカ戦とかもう涙もんだったね。一瞬足りとも見逃せない。

先に結果知りたくないもんだから、SNSも下手に開けない毎日…
ところが、iPhoneに入れてるYahoo!ニュースのアプリが、ちょいちょい待ち受け画面に結果を入れて来るんだよねw
頭に来たから削除してやったよ。今更だけどw

さて、泣いても笑っても残り3試合。世界を制するのは南米か?ヨーロッパか?

now_this_is_extreme_laziness_640_21.jpg

スピード違反

本日、柏での稚菜のイベントに向かう途中、白バイに検挙された。
21キロオーバーのスピード違反であった。しかも家のすぐ近所で。
普段、そんなにスピードを出す人間ではないのだが、W杯オランダ−コスタリカ戦に気を取られてうっかりしていたのだろう。
ま、どっちにしろ、後ろを取られた時点でワタシの負けである。
潔く1万5千円を収めて来よう…

それにしても良いライブであった
IMG_0626.jpg
マレフィセント

IMG_0613.jpg

本日初日、台場に観に行って来た。
豊洲は吹き替え2Dと字幕3Dしかやってなくて、とりあえず字幕2Dが観たかったので、今日は台場。
ま、結果的には3Dでもう一回観てもいいかな〜と思った。
そのぐらい映像も3Dに寄せて作ってあった。
それにしても、アンジーが格好良過ぎて、何も言えねえ(´Д`;)って感じでした。
ストーリーもよく出来ていたが、テーマ的にはある映画とモロに被る部分もあったかなw
ファンタジーであり、ホラーであり、アクションでもありと、色んな要素が入ってて、そういった意味ではお得感満載です。

オススメは、まず「眠れる森の美女」を観る→これを観る→もう一度「眠れる森の美女」を観る。
って、「ウォルト・ディズニーの約束」でもそんな事言ってたような…
COSTCOのホットドッグの正しい食べ方


行った事ある人なら、一度ぐらいは食べた事があるのではないだろうか?
180円で、おかわり自由のドリンク付きで、お得感満載♪
さらに、トッピングもお好みで乗せ放題なんだけど、これ、やり過ぎるととてつもなく食い辛い。
そこで、正しい食べ方をご紹介。

まず、おもむろにソーセージを取り出す。
IMG_0603.jpg


その取り出した所に、タマネギだのピクルスだののトッピングや、マスタード、ケチャップなどをお好みでぶっ込む。
IMG_0604.jpg


最後にソーセージで、そのトッピングをぎゅ〜〜〜〜っとプレスしつつパンに挟む。
ソーセージはなかなか熱々なので、フォークなどを使うと良いでしょう。
IMG_0605.jpg


これで、食べやすくボリューミーなホットドッグの完成。

是非お試しあれ( ´ ▽ ` )ノ
深夜の都バスが不調?
「眠らぬ都バス」低調…電車接続なく客増えず

そもそも、六本木〜渋谷間を夜通し走らせたところで、需要なんてたかが知れておるだろうと言う事は、素人でも分かると思うのだが…
六本木住まいの人が、渋谷で呑んで帰るとか、渋谷と六本木をはしごしたい人とかだったら、最大1時間10分バスを待つより、タクシー使うでしょう、普通。
記事の中に「深夜1時40分、乗客は15人」とかあるけど、想像より乗ってるじゃんw
それより、新橋から北千住とか、渋谷から練馬とかにすれば、もっと乗る人増えると思うんだけど。
あと、池袋から豊洲とかね(・∀・)
ショッピングモールVS商店街仁義なき戦い
先週末、江東区の「アリオ北砂」という、セブン&ホールディングス系のショッピングモールと、「レイクタウン」というイオン系のモールへ行って来た。
このうち、レイクタウンの方は全く知らない土地なので、そのバックボーンとかは分からないが、北砂の方は、すぐ近くに「砂町銀座」という、老舗が集まる商店街がある。
ちょいちょいテレビ番組なんかでも取り上げられる、最近じゃ珍しいぐらいの、元気のある商店街だった。
「だった」というのは、この商店街に異変が起こっているように見えるからだ。
以前なら、昼〜夕方ぐらいだと、通り抜けるのも大変なぐらい賑わっていたこの商店街だったが、先日通りがかりに見た感じでは、チャリで颯爽と駆け抜ける事が出来る程スッカスカ。
こりゃ完全にアリオに食われてますわ。
おそらく昔から、夜間や日曜日なんかは普通に閉まってたりして、地元の若い家族たちにとっては不便だったりするのと、アリオのバリアフリーはかなりお年寄りにも優しい。エスカレーターの遅さなんて半端ない。
あとは「安さ」と「お気軽さ」で勝負するしかないんだろうけど、それもどうかなぁ〜…


こんなニュースもある事だし。
「スーパー「シニア向け」に次々シフト 少量総菜パック、軽いカート…」
路上喫煙訴訟:「禁止地区と認識できた」
 http://ow.ly/yvuPe

一審横浜地裁判決は、路上喫煙の規制の現状について「禁止されている地域は極めて限られている」としたが、田村裁判長は「条例制定などの取り組みは、拡大してきている」と指摘。その上で、「あえて路上で喫煙する場合には、禁止地区かどうか十分に注意する義務がある」とし、違反現場にあった禁止地区を周知する路面表示も「注意を怠らなければ認識できた」として、男性の過失を認定した。


「生きにくい世の中になった」と嘆く方もおられましょう。
昭和の頃はそれこそ、その辺で立ち小便なんて当たり前の「生きやすい世の中」でした。
が、知らないヤツに煙をぶっかけられなくて済むようになってきた現在を「当たり前の世の中」と私は考えます。吸いたい人は据える場所で吸えばいい。
つまり、何が言いたいかと言うと、
「あの頃はご迷惑をおかけして、すいませんでした<(_"_)>」

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.