新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

大雨がくれたご褒美

昨日、越谷でのイベントを終え、ゲリラ豪雨の中、車を置きに一旦帰宅し、急ぎ電車で昔の地元に向かっていた。
なつかしいおっさん3人との飲み会に、遅れて駆けつけるためであったが、大雨、落雷、停電、そして客同士のトラブルなどで、西武線のダイヤがかなり乱れていた。
池袋駅から二駅、東長崎にようやく辿り着いたが、駅を出たその途端、またも大雨。
慌てて傘を開くと、すぐそばに美女が二人。
二人とも、両手に大きな花を抱えて雨に打たれ、歩いている。
この状況、渚のイタリアンことワタシが放っとける訳がない。
思わず
「入りませんか?」
と傘を差し出すと
「ありがとうございます〜」
会話も弾み、憂鬱な雨は束の間のハッピータイムに♪
無事、お花も女性も濡れずに目的地まで送り届ける事ができた。

ってな形で、結果的にしばし「両手に花」だったのはオレだった、というお話でした(・∀・)

o0380036011538788755.jpg
再会DAY


昨日は、様々な再会があった。
昼間は稚菜のインストア・ライブで越谷へ。
そこでは、古くからのファンの方々とグリーティング。
わざわざ観に来ていただき、本当にありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ
更に、夜、数十年振りに会う予定だった高校の友達とフライング再会。
CD買ってくれてありがとう!
そして、夜の部では、昔の地元で千早の相方、あじゃりの相方、そしてさっき再会したあじゃりの生みの親である高校の友達と再々会。
二次会のカラオケでは、ステキな唄をありがとう( ´ ▽ ` )ノ

短い時間で、これだけの人たちと貴重な再会を果たせる日ってのも、そうそうないだろう。
たぶん、もうすぐ死ぬんだね、オレ(・∀・)
W杯、オレ的見方・その後

以前「32チーム中、最近訪れた国が10チーム」とか書いた。
が、あろうことか、既にそのうちの日本を含む5チーム(スペイン、イタリア、オーストラリア、イングランド)が姿を消してしまっているw
一方、ドイツ、フランス、スイス、オランダのヨーロッパ勢、そしてアメリカが決勝トーナメントへと進んだ。
神の悪戯か、1回戦、2回戦で中南米7チームのうち3チームが消えるというまさかの組み合わせの中、順調に行けばフランスもしくはドイツと、オランダもしくはスイス、またはアメリカという決勝戦を観る事ができる可能性もある。

日本は消えてしまったけど、ワールドカップはこれからだぜ♪

にしても、アジア枠はやっぱり1つでいいな。という考え方は9年前と変わらず…
サラエボ事件
オーストリアの皇太子夫妻が、セルビアで暗殺された、いわゆる「サラエボ事件」から、明日で100年。
世界はこれを機に、第一次世界大戦へとなだれ込んで行った。
あれからもう100年も経ったというべきか、たった100年と言うべきか…
現在でも世界は危ういバランスの上に成り立っており、シリアやイラク、またウクライナあたりを巡る各国の動向や考え方を見ていると、やはり「外交に正義は必要ない」と言わざるを得ない。

ただ、一方では、個の力、存在は100年前とは比べ物にならないほど大きくなっており、その気になればモロッコの友達とラーメン談義を交わしたり、セルビアの洪水に対してネットで募金をしたりもできる時代である。
「おまえらは100年前から裏切ってばかりだな(・∀・)」
と、イタリア人をチクチクといじることもw

色々な犠牲の上に成り立っている現在の「危うい平和」と、人間の業の深さをもう一度顧みるために、時間を作ってアレを最初から観ようっと…
NHK「映像の世紀」




おやじの背中

TBS日曜21時、つまり「ルーズヴェルト・ゲーム」の後枠で7月から始まる新ドラマ。
基本的に1話完結型を全10回という形だが、面白いのは、毎回脚本家と俳優を入れ替える、という試み。
昔深夜番組で「3番テーブルの客」というのをやっていて、そこでは三谷幸喜が書いた脚本を様々な演出家で…という形式だったが、それに近いものなんだろか?
今回はその三谷さんをはじめ、「最後から二番目の恋」で御馴染みの岡田恵和さん、「最高の離婚」の坂元裕二さん、「僕のいた時間」の橋部敦子ほか10名が脚本を手がけるようだ。
キャストも楽しみだけど、最近のドラマの傾向では、「誰が出るか」よりも「どんなドラマか」の方が視聴率にもつながるようなので、その辺を楽しみにしたいと思う。

5cf533ce.jpg


最終回


今回、最後まで観たドラマは計12本。(まだ終わってないのも含む)
うち、近年珍しく5本も「最終回がかなり秀逸だったな〜」ってのがあったので、各ドラマの最終回のみの感想を記録しておく。

「ルーズヴェルト・ゲーム」→こうなると分かっちゃいたけど、スッキリ!

「BORDER」→えっ?ええっ!!!

「MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜」→映画並みの力の入れよう。カーアクションなんかもかなり良かった。

「TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部-」→視聴率は振るわずも、一種のマニアを生んだ作品だったが、そのマニアも納得。

「ファーストクラス」→そう来たか…続編あり?


こりゃ「続・最後から二番目の恋(終) 」にも期待だ♪

d6b8ef29.jpg

夜のサイゼ

先日、出かけた帰りに息子が「サイゼリアのピザが食いたい」って言うもんだから、寄ったんですよ。豊洲のサイゼ。
時間は平日の午後8時ぐらい。
サイゼと言えば、イタリアンなファミレスという印象だったけど、店に入ってみてビックリ!
ファミリーもいる事はいるのだが、ほとんどが仕事帰りのサラリーマン&OLさん。
どのテーブルにもワインのボトルが2本3本と並ぶ。
ま、それはいいんだけど、我々親子が座った三つぐらい向こうのテーブルでは、35歳(ぐらい)のOLが完全に出来上がった状態で
「うっそ〜!!」
「ありえな〜い!!ギャハハハ〜」
と、尋常じゃないボリュームの大声で騒ぎまくっている。(同席してる他の客は、全部男性。)
そう、それはもはやファミレスではなく、居酒屋状態。
しかも、最近の個室があるような居酒屋と違って、店内に仕切りはない(喫煙席除く)ので、その声は店中に響き渡る。
おかげで、目の前に座っている息子との会話がほとんど成立しないw

先ほど「居酒屋状態」と書いたが、実はそこら辺の居酒屋よりもかなりお値段がお安いのだ。

IMG_0535.jpg

ちなみに、ワタシが頼んだ赤ワイン(500mlデカンタ)、ほうれん草のソテー、ポテトフライ、辛味チキンで税込み1,096円。そりゃ安い客が集まるわけだw ま、オレもだけどw
「ちょっと騒ぎ過ぎじゃないですか?」
と、注意をしようと思ったけど、やめた。

今度は昼間に呑みに来るぜ(・∀・)
iPhoneのマップ

Googleとの提携をやめて以来、ダメダメだったiOSの「MAP」。
あれ以来、使わないアプリを放り込むフォルダで眠っていたのだが、久しぶりに開いてみてたまげた!
建物などの3D化がもの凄い事になっとるw

エッフェル塔
effeltower.jpg


凱旋門
gaisenmon.jpg

kazan.jpg

oshiro.jpg

oshiro17.jpg


舞浜のテーマパークも、バックステージなど込みで3D。
これはかなり遊べるんじゃないか?

コインパーキング(の番号)


コインパーキングから車を出すとき、精算機の近くの番号から何となく順に数えて、自分の車の停めてある場所の番号を判断するやり方、ちょっとキケンだと思うのですよ。
なので、必ず自分の車の真ん前まで行って、番号を確かめる事にする…ようになったのは結構最近だったりする。

だって、昔のアパートなんかでよく「203」の次が「205」になってたりするの、あったじゃないですか。「4」は縁起が悪いとかっつって。
(ないとは思うけど)意図的に番号飛ばした設定にしたら、結構儲かっちゃったりして。

それに昔四駆に乗ってた頃、よく間違えて隣の車の精算しちゃって、それに気付かないまま踏み板乗り越えて帰ってきちゃって、後で呼び出し食らったりした事もあったし。

ま、それはオレの不注意以外の何者でもないんだけどね(・∀・)
400x299x19b770fd69a75335af0387a4.jpg

マヨネーズ協定


我が家では、オレ専用のマヨネーズと、その他の家族が使うマヨが分けられている。
どちらも同じ、味の素ピュアセレクトなのだが、ほぼ10日で一本使い切るオレは、自腹で調達せよという事になっている。
が、開封したてのマヨと1週間後では、やはり味が違う。なるべくなら家族全員が新鮮なマヨを味わう事が出来た方が良いと思い立ち、使うマヨを一本化し、それぞれのマヨを交互に使うという提案をしてみた。
が、あっさり却下された。
消費量的に不公平だという。
うむ、その通りだと思った…

現在は、家族マヨ1に対し、オレのマヨをいくつにするかという所で調整中である。
小旅行行って来た

よくよく考えると、国内旅行ってもの凄く久々な気がする。
しかも、ミステリーツアーではなく、行き先を決めてのバスツアーってのもかなり久々。
今回の旅は、たぶん2年ぶりぐらいの長野県小布施町。栗が名物の小さな観光地だ。
昼食にしゃぶしゃぶを喰らい、すぐ後にさくらんぼ狩り30分食い放題。
そして、最後に小布施で食べ歩きという、食い倒れツアー。
何だかんだで、お酒も結構いただいて、後は行き帰りのバスでのんびりまどろんだりするという、お気楽な旅であった。
日帰りの短い旅だったが、お土産に買って来たこの栗あんしるこを食べ終わるまでは、まだ旅は終わらない♪
IMG_0524.jpg
オクトーバーフェスト
スクリーンショット 2014-06-19 13.29.19


数年前から我が地元でも開催されるようになった、ドイツビールの祭典「オクトーバーフェスト」だが、何と今年は奈良でも開催されるらしい。
よほどイベント自体が好評なのであろう。
ビールはかなり割高なんだけど、様々な種類が楽しめるのと、何よりも楽しい。
数分〜数時間に一度「Ein Prosit」を合唱し、居合わせた見ず知らずの人たちと乾杯するという、何ともご陽気な雰囲気。この時ばかりは誰もがドイツ人である。

が、昨年フランクフルトに行ったら、誰もこのような呑み方をしてなくて拍子抜けしてしまった。
でもビールは旨かった。
エガワ

マー君さんこと田中将大投手が、またしても勝利を挙げ、防御率がなんと1点台に!
もはやヤンキースの真のエースと言っても誰も否定しないだろう。
そんなめでたいニュースに触れ、ふとあの大投手を思い出した。
江川卓。
後に「空白の1日」などと言われるズルを犯し、無理矢理読売に入団した、当時の時の人、というか大悪人である。
だが、その数年前、法政大時代にも、当時の最弱チーム「クラウンライターライオンズ」に一位指名された事があった。
東尾修などの名選手を擁していたものの、万年最下位(といっても2年の歴史だけど)と、マー君さんが指名された時の楽天みたいなチームだった。

当然(?)、指名を拒否し、アメリカに野球留学という、後の元木大介と同じ道を辿る。
そして、何度か日本の大学と試合したりと、たびたびその様子は日本の新聞をはじめとするマスコミでも報道されていた。
が、そこで気になったのは名前の表記。
他の外国人選手と並び「エガワ」とカタカナで記されていたのだ。
ここに、マスコミのもの凄い悪意みたいなものを子供心に感じていた。
「ドラフトから逃げて国外に逃亡したアイツはもはや日本人ではない」的な。
マスコミ酷い、エガワ可哀想…
などと思ってたが、その2年後の「空白の1日」で
「エガワ、やっぱ死ね」
と、オレもなったのであるが…(・∀・)

ところで、Googleの検索窓に「江川卓」と打ち込むと、検索候補に「江川卓 目」とか
「江川卓 整形」と出て来るんだけど、最近そんな事になってるの?
W杯、オレ的見方
色んな事情の人がいると思うので、基本的にSNSでW杯の経過、結果に関するつぶやきは自粛しております。

さて、グループリーグ出場の32カ国のうち、ここ数年で訪れた事があるのが、日本を含め10カ国。
そのうちどこが上まで行くか、という見方で見ると、またちょっと楽しい。
本命はフランス、オランダ、スペイン、ドイツ、イタリアあたりなのだが、意外に頑張っているのがスイス。
予選でも負け無しで、昨日もホンジュラスに快勝♪
そして今日のアメリカ。ガーナとの因縁の対決を制し、金星とも言える1勝!
フランス、ドイツは大勝。スペインはドイツと対戦し、まさかの大敗。
イングランドはイタリアに2−1と惜敗。
ダークホース・オーストラリアあたりも頑張ってほしいところであるが、チリに3−1で敗れ、次はオランダ戦。
実は、行く先々で代表ユニフォームを土産に買ってたりして、どこもそれなりに思い入れがあるので、頑張って欲しい。
いや〜、眠れないw
スクリーンショット 2014-06-17 21.55.10

じゃんけん

先日、モヤさまで、さま〜ずがハワイの人とじゃんけんをしているシーンを観て、ふと思った。
そう言えば、当たり前のように、アメリカにも日本のじゃんけんと同じものがあるな、と。
Rock Paper Scissorsというヤツである。
んでは、一体、世界のどれぐらいの地域で、このじゃんけんというものが知られているのだろうかと調べてみると、このような分布図がヒットした。
rpsmap.jpg

(黄色は「存在しない事が確認されている国」らしい)
ウィキペディアによれば、現在のじゃんけんは、19世紀に日本で誕生し、世界に広まって行った。つまり、日本が起源である、というような事が書いてあるが、ちょっと怪しい…w

ところで、オレが繰り出す親指と人差し指で作るチョキは「田舎チョキ」と呼ばれるが、こちらが本来のチョキで、「男チョキ」であるなどとも書いてある。
なお、2002年にはカナダで「世界じゃんけん協会」的なものが作られ、毎年じゃんけんの世界大会が行われているらしい。

ちなみに「最初はグー」の起源は志村けんさんだと思う。
9歳のアボカド
IMG_0341.jpg


先日の「9年前日記」で、うちのアボカド(A)がもう9歳になった事を知る。
毎年毎年、育っては枯れ、育っては枯れ、それでも死にはせずまた新たな芽を吹くという繰り返しで、結果全然大きくなっていない。
この冬も立ち枯れて、もはやこれまでかと思いきや、また今年も…
この上に向かってる枯れた幹、全部死んだヤツです。

一方、(B)は細々と、しかし確実に上に向かって伸びてます(・∀・)
馴染みの店

先日、稚菜のライブに来てくれた友人たちと、昨夜、超久々に池袋西口で呑んだ。
いや、先週も東武デパートの上の階で呑んだのだが、西口から外に出たのは久々であったのだ。
で、呑んだ店の近所には、高校時代からの行きつけであった焼き鳥屋がある。
本当に小さい店で、一緒に呑んだメンバーは残念ながら入りきる事が出来なかったのだが、どうしても顔を出したかったので、一人でお邪魔した。
池袋から湾岸へと拠点を映してから10年ちょっと。その間、4、5年前に一度顔を出したきりなのに、昨夜ものれんをくぐった瞬間
「おお、藤尾くん」
と、さりげなく迎えてくれる親父さん。
実はもう店は2代目のワタル君が継いでいるのだが、親父さんもおふくろさんも元気に働いている。
ぱっと見、代替わりしてる風には見えないが、2代目もかなり風格が出て来た。
彼の高校時代、どうしてもバイクの免許が取りたいと言うのを、説き伏せてやめさせたのはオレだw

ここの名物は(オレ的には)鳥さらだとつくねと皮、さらにキジ丼。
(余談だが、ここのつくねがあまりにも旨いので、うちの娘の名前は危うく「つくね」になるところだった)
そんなには食えないので、これらをお土産で頼みつつ、お酒とつくねなどを注文。
するとどうでしょう。何年ぶりかの来店にも関わらず、ちゃんと箸や串ものを左利きように置いてくれるじゃないですか!

もっとまめに通わなきゃダメだね、うん。
池袋なんて、そんな遠い訳じゃないんだから…
IMG_0425.jpg

IMG_0422.jpg

クラウドさん


オレのコスプレの話じゃないですよ。

自宅でアレンジ&打ち込み&レコーディングの作業をする際、その作業の種類によって、使いやすいコンピュータ、アプリなどが変わってくる。
大まかに言うと、打ち込みと鍵盤はXPのiMac、ギターダビングなどはMac OSでMacBookなどという感じだ。
なぜ今時XPなのか?それはシンセ音源が無駄に充実しちゃってるからだ。
実際、鍵盤を弾いてる時間を1とすると、音色を探してる時間は10ぐらいだw何とかならんものか…

ってな事もあって、仕事部屋で鍵盤を弾き、そのオケに対してリビングでギターを録音、などというやたら面倒臭い移動を強いられる。(いや昔に比べれば全然楽だけど)
問題はその母艦となるデータなんだけど、今はDropboxやBItcasaなどの、いわゆるクラウドコンピューティングが充実していて、かなりお世話になっている。

打ち込みデータをクラウドにぶっ込み、リビングでそのデータを引っ張り出してダビング、またクラウドに戻し…ってな具合だ。
極端な話、マレーシアのホテルの部屋からだってアクセスできるw
外付けのHDDやUSBメモリなどを挿したり抜いたりしなくていいのも良い。
ま、バックアップは2重、3重に取ってるけどね。(BITCASAさんみたいな事もあるし…)
スクリーンショット 2014-06-13 22.56.31
新聞

「紙の新聞」を取らなくなってどのぐらいになるのか、と自分のブログを辿ってみると、ちょうど去年の6月アタマだったw



年間5万近くかけて紙資源を浪費しなくとも、ネットなどでいくらでもニュースは拾える。
テレビ欄も折り込みチラシも、iPadでカバーできる。
更に、これまで読み終わった新聞を、纏めて捨てるまでストックしていたあのスペースを、別な事に活用できる(・∀・)
と、良い事ずくめの感じだが、果たしてどうなる事やら…


とあるが、この辺のメリットは十分に活かされている。

ただ、「ニュースが古い」というデメリットは未だ紙の新聞と同じだ。
「新しく聞く」と書いて新聞な訳だが、朝紙面を開いてみると、ほとんどが「昨日ネットで見たニュース」なのだ。
しかも、紙面には限りというものがあって、一つのニュースを掘り下げるのも、ネットで色んな記事や見解、ソースなどを辿った方が深い。

いつでもどこでも、じっくりと読める、読みやすい、という点と、産經新聞の立ち位置のぶれなさを楽しめる、という点は非常に面白い。

iPhoneのGoogleマップ

ちょっと前になるけど、iPhoneのGoogleマップがアップデートされ、遂にカーナビが要らなくなった。
ま、今までも要らなかったんだけど、交差点の車線案内までついたので、ほぼ完璧!
MacのGoogleマップで行き先を検索、登録しておき、車に乗るときにiPhoneで呼び出すだけ。
後は音声案内してくれる、というもの。
しかも、海外でも普通に使えるんだぜ、この機能♪
贅沢を言うならば、ホンダのインターナビのように、リアルタイムで渋滞情報を分析し、ケースによって迂回路などを案内してくれれば更に良し、である。
IMG_0208.jpg
「アリスの棘」と「ファーストクラス」と「続・最後から2番目の恋

いや〜今シーズンも観るドラマが多くて本当に大変だったけど、ぼちぼち色々最終回を迎える時期。

まず上野樹里主演の金曜22時「アリスの棘」。
15年前、医師であった父親を、濡れ衣を着せられた上に殺された復讐のため、医師になり加害者である病院に入り込む。
スタート当初は「一話一殺」の、いわゆる必殺ものかと思いきや、途中からは15年間練り続けてきた復讐プランはどこへやら、行き当たりばったりの犯行で自らを窮地に追いやり…
みたいな展開で、いよいよ最後の黒幕の正体を知る、というエンドを迎える模様。
でもそんな展開がなかなか予想外で、つい観てしまう。

そして沢尻エリカ様主演の土曜23時「ファーストクラス」。
これはファッション誌の編集部で、バイトから成り上がって行くエリカ様の「マウンティグ・ランキング」を追うという作品で、普通のセリフと「心の声」のコントラストがえげつなくて、だがそこが面白い。
その他にも、色々な要素が盛り込まれており、最近では珍しいジェットコースター・ドラマだ。
その為か、巷では「夜の昼ドラ」などと呼ばれているらしい。

そして、完全に再ブレイクを果たしたキョンキョンの「続・最後から2番目の恋」
上記2作品が緊張感に溢れているのに対して、こちらはゆるゆる。
ストーリーは、展開している事はしているようだが、むしろそれはどうでも良くて、和平とチアキをはじめとする、出演者のコントを楽しむ、という作品。
特に中井貴一こと和平さんのうろたえ芸はもはや人間国宝ものの伝統芸にまで達していると言っても過言ではないだろう。
チアキとのサシ呑みシーンでの会話など、ほとんどアドリブじゃねーの?って感じだ。
酒を呑みながらドラマ観ても、翌日には忘れてる事が多いワタシだが、これは酒呑みながらゆる〜く観て、結果ストーリー忘れちゃっても全然OKな作品だと思う。
なので、1週や2週飛ばしても全く問題ないw
腹を刺されるより
いきなり不穏なタイトルでごめんなさい。
テレビドラマなんかで、例えば拳銃で撃たれたり、腹を刺されたりするシーンよりも、例えば刺されそうになってその刃物を手で掴んで、掌から出血したりするシーンの方が痛そうに見えるのはオレだけ?
ビルの屋上から落ちたり、切腹のシーンよりも、爪が剥がれるシーンの方が、背筋がゾクゾクする。
これは「経験則」から来るもんなんだろう。
電気ショックでビリビリやられるよりも、静電気がバチッと走る方が、また爆風で吹っ飛ばされるよりも、バットで弁慶の泣き所をゴツっとやられるシーンの方が嫌だ。

ここまでの人生の中で、撃たれたり刺されたりした事はないけど、手指を切ったり、爪を剥がしたり、釘を踏み抜いた事は何度かあるので、感触というか痛みがリアルに甦るのだろう。
スクリーンショット 2014-06-04 16.30.55



って事は、実際に撃たれたり刺されたり落ちた事がある人にとっては…(´Д`;)
山手線新駅
ずっと前にも書いたけど、東京はJR山手線、田町と品川の間に新しく駅が出来る事が正式に決まった。
以前のブログでは「芝浜」とか書いたけど、落語に出て来る芝浜は、正確にはちょいと浜松町寄りで、実際の駅名になるかどうかは微妙。(個人的にはイチオシだが)
位置的には都営地下鉄の「泉岳寺」近くなのだが、この「泉岳寺」の駅名使用にあたって、本家の泉岳寺が「勝手にうちの寺の名前を使うな」と訴訟を起こした事が有り(結果的には都が勝ったが)、これも微妙だ。
最有力と言われているのが「芝浦」だが、駅が作られるのは地名では芝浦ではなく港区港南。
しかし、品川区にない品川駅や、目黒区にない目黒駅などの例もあるので、どうだろうか…
スクリーンショット 2014-06-08 19.27.22

BORDER
IMG_0427.jpg

テレ朝、木曜21時のドラマ。
裏のTBSで「MOZU」に押される形で、視聴率一桁で始まったが、最後は逆転で終わった。
刑事ものの多かった今シーズンの中で、やや異彩を放っていたが、最終回は特にヤバかった。
ここ数年、これほど後味の悪いドラマがあっただろうか?
しかし、この後味の悪さが個人的には大好物である。
小栗旬、エンケン、 青木崇高、波瑠、古田新太、滝藤賢一、野間口徹、浜野謙太…役者陣もとてもいい味を出していた。
続編に期待!!
トヨタから燃料電池車発売

トヨタ 燃料電池車発売へ 世界初、12月にも

いよいよ発売か〜!燃料電池車。
これでようやく、うちの近所の「水素ステーション」も稼働し始めるという事か。

発売するFCVは一回重さ五キロの水素補給で五百キロ以上の距離を走行できる。水素ステーションの整備が進む東京、名古屋、大阪、福岡の四大都市圏で先行して売り出す。かつて一億円以上といわれた価格は一千万円を切る予定。補助金などが受けられれば購入価格はさらに低下する。

まだまだお高いねぇ〜
ちなみに「水素5キロ」っておいくらぐらいなんでしょ?
月見ル君想フ(ライブハウス)
IMG_0337.jpg


東京・青山にあるライブハウス。
本日、稚菜がイベントに参加させていただきました。
キャパシティはそんなに大きくないんだけど、雰囲気が凄くいい。
ステージ後ろに大きな丸いスクリーンがあって、月が映し出されたり、消えたり…
春にやらせてもらったときは、両サイドに桜が飾られていて、されに良い感じだった。

客席が2階建てになっていて、1Fは禁煙、2Fは喫煙可なんだけど、当然煙は上にしか行かないので、完全分煙w
パスタが700円ぐらい、サラダなどのサイドメニューが500円ほどと、料金もかなり良心的♪

車じゃなかったら、酒呑みながら観たかったな〜…
誕生日ありがとう
おかげさまで今年も、娘とともに無事に誕生日を迎える事が出来ました。
FacebookやTwitter、LINEなどに世界中からお祝いメッセージをいただき、誠に恐悦至極でございます。

はしゃぎ過ぎて呑み過ぎて、ブログの更新も忘れて寝ちまいました…w
というか、いつ寝たのかも覚えてない(いつものように)

お祝いいただいた方には必ずお返事しますので〜( ´ ▽ ` )ノ

858061_1444427909103040_1748219077_o.jpg
旅行会社
IMG_0309.jpg


デルタのマイルがアホみたくたまったので、JTBの旅行券に替えた。
いつもなら、旅行の申し込みは、直で現地や航空会社などに電話するか、ネットでサクサクっと済ましてしまうところだが、この旅行券を利用して旅行を手配するには、直でJTBに出向かなければならない。
って事で、超久々に旅行会社のカウンターを利用した。
新婚旅行以来じゃないかって気がする…
ネットなら10分で終わる手続きも、カウンターだと待ち時間も含め、1時間ぐらいかかった。
だが、それがいい。
たまには、顔を合わせて口頭であれこれ説明を受けたり、注意事項なんかを念入りに教えてもらったり、お金を払ったりって、昔は当たり前だった事が、とても新鮮でいいよね。

という事で来月、ちょいと小旅行。
サクランボ狩り&小布施食べ歩きに行ってきます( ´ ▽ ` )ノ
ライトニングケーブル
いわゆる、iPhoneの充電用ケーブルなんだけど、5以降形状が変わって、いわゆるパチものが使えなくなった。
Apple製品、またはApple公認の製品でなければ充電ができない(中には出来るのもあるが)
そして、この「公式ケーブル」があまり丈夫でない上、買い替えるとそこそこお高い。
我が家では、全員iPhone5シリーズを使っており、特に男子はすぐケーブルを壊してしまう。
家庭内のiPhone本体の数よりも、ケーブルの数の方が少なく、慢性的なケーブル不足状態の中、時々ケーブルの盗難騒ぎが起こる(・∀・)
「あ、ごめんごめん、どれも同じなので間違ったわw」
などと言い訳しているお前、お前のはとっくに壊れただろうがw
なので、わしは自分のケーブルに花押を入れた。これでもしらばっくれられないだろう。
IMG_0305.jpg


ところで、外出用に持ち歩いてるのはこれ。旧ケーブルを変換して使える。
IMG_0326.jpg

公式ケーブルより更にちょっとお高いが、ケーブルが壊れる時は、大体根元で断線するので、これと100均の旧ケーブルの組み合わせがベストだと思う。
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.