新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ミステリーツアー行って来た
そろそろ、息子との二人旅もこれが最後かな〜…
などと毎回思いつつ、今回も行って参りました。
今日は日帰りミステリー、バスの旅。
これまでのミステリー人生では、茨城、裏磐梯、山梨、長野、岐阜方面などと来ていたんだけど、今回は無事かぶる事なく、群馬の沼田市という所。そこオンリー。
だが、この沼田市、物凄く観光名所が充実してるんだね〜
今までのミステリーだと、もっと移動に時間をかけて、あれやこれやとバラエティ性をアピールしてたんだけど、沼田は市内だけで十分満喫できる。
漬物屋、林檎狩り、葡萄狩り、きのこ狩り、日本酒の酒蔵見学、吹割の滝見物、松茸ご飯や天ぷら、すき焼きの食い放題…
一日でこれだけ楽しめて、収穫はごらんの通り。(お菓子とニンニクは購入。他はインクルーズ)
夏が去ったのは残念だけど、せっかくだからこの先も行楽の秋を楽しみたいやね〜♪
120930.jpg
ヨーロッパ行ってくるぜ〜!
情報公開が解禁になったので、お知らせします。
ラブリンタンブリンさんの欧州ツアーが一部決まりました。

2012年11月3.4日スペイン(バルセロナ) ficomic
2012年12月1.2日フランス(トゥールーズ) TGS

是非観に来てください( ´ ▽ ` )ノ
この他にもベルギーやら何やら候補があったんだけど、ちょい先に延びそうかな…

と言う事で、ここからが本題。

まずバルセロナだけど、「エミレーツ航空」で「ドバイでトランジット」して「バルセロナ」。
で、あわよくば4日に「カンプ・ノウ」で開催される「FCバルセロナの試合」でも観ちゃろうなどと企んでいるので、この「」内のものに関して、何らかの情報をお持ちの方、またはお持ちの方とお知り合いの方は、是非お知らせ下さい!

これまで
・エミレーツはかなりいいらしい
・ただし、機内は寒いらしい
・ドバイ国際空港には、1000人に一人、ポルシェが当たるくじ引きがあるらしい
などの情報をお寄せいただいてます♪
120929.jpg
再放送は心を癒す、という説があるらしい
再放送は「疲れた心の癒し」に効果、米研究

記事では、「好きだったドラマなど」の再放送を観るのは、心のエネルギーを使わずに済む上、登場人物との「意思の疎通」を楽しめるので、こうした種類の活動はエネルギーを回復させる、とある。
なるほど、これから何が起こるんだろう?とわくわく観るのは楽しいけど、その分くたびれるってのは確かにあるよね〜
オレの場合、長距離の移動などの場合、iPadで映画を観たりするんだけど、やはり一度観た作品の方が楽に観られる上、途中でいつ眠ってしまっても全然悔しくないってのが大きいんだよね〜

関係ないけど、ずいぶん前の深夜帯に、プロ野球の大昔(昭和47、8年ぐらい?)の試合を丸ごと放送してた事があって、それは見入ってしまいましたよ( ´ ▽ ` )ノ
100613.jpg
洋画は字幕か吹き替えか?
洋画鑑賞は字幕か吹き替えか、イメージ重視で“字幕派”7割に迫る。


ソースによれば、字幕派が7割弱。いや、思ったより少ないってのが感想だな〜
やっぱり基本、役者さんの声で観たい。

あ、でもテレビだと何故か吹き替えだな〜…何でだろ?画面のサイズの問題?

それと、ピクサーのアニメは吹き替えでもかなりしっくり来る事が多い。
おそらく、元の声、そしてキャラの見た目をかなり考慮した上で人選しているからだろう。
120926.jpg
(写真はアースラの声を担当した森公美子さん)
お財布携帯
iPhone5が発売になった。
いつもならしばらく様子見するのがオレの性格なのだが、今回はもう予約だけしてしまった。
恐らく手元に来るのは10月中旬以降とかになると思うけど、ちょうどその頃に2年縛りが終わるから、それでいい。
で、この5にお財布機能が付くのか付かないのか、直前まで情報が錯綜してたけど、結局付かず…
そもそも、オレは
「携帯に財布機能なんてつけて、もし紛失したらどうするんだ?」
ってのがあって、むしろ不要だと思っていたのだが、先日知人に
「んじゃ、実際に財布と携帯、どっちを失くす方が多い?」
と訊かれ、ハッとしてしまった。
そう言えば、財布は年間平均1回ぐらい失くしてるけど、携帯を失くした事はない…
120927.jpg
もんじゃ食って来た
A-JARIから派生したユニット「バキューム(仮)」のメンバー、本多さんと太田守と、久々に月島でもんじゃなぞつついて来たよ。
知り合って、共に音楽活動を初めてからかれこれ30年以上、どうでもいい話でこれだけ盛り上がれる付き合いもなかなか貴重だ。
最後は太田くんが後輩の分際で生意気な口を聞くもんだから、月島駅で左ローキックをお見舞いしてやったら、右側からは本多さんの回し蹴りが炸裂してたよ(・∀・)
駅のホームで蹴り合いながら爆笑してる、ただの危ないおっさんチームであった…(本多さんはシラフなんだぜ)
120925m.jpg
Phoneレビューその49「ARマップ」

地図アプリなんだけど、iPhoneのカメラと連動して、道案内をしてくれるのが良い。
画面下半分に地図が、そして上の半分にはカメラ越しに映される景色に、道筋やら「ここがゴールでっせ」的なものが示される。
どちらかというと、地図を回して見るタイプの人に合ってるのかなって気がする。(女性に多い?)
実際に使ってみたけど、そこそこ使いやすかった。
それはいいんだけど、iPhoneを構えながら銀座の町を歩くオレは、きっとお上りさん的な人に見えるんだろうな〜w
AR_Map.jpg

我が心のアイドル
軽薄と思われても仕方ないのですが、そもそもオレが弁護士の道を諦めて、この音楽業界に入る決心をしたのは、某・アイドル歌手と結婚できるかもしれない、という単純な理由でした。
その後、業界入りして四半世紀、結婚どころか、お会いするチャンスすらなかったのですが、先日遂に「ギター弾いてみませんか?」という夢のようなオファーが…
今まで頑張って来て本当に良かった〜と心底思ったのですが、たまたまその日、オレはスペインでステージに立つ事になっておりました。
家族も友人も、満場一致で「◯子ちゃんっしょ!!」と言ってたけど、やはりオトナとして先約を選びました。
後悔はしておりません。
縁があったら、きっとまたチャンスはある筈なので…

先日、カイロプラクティックへ行ったんですよ。
そこで先生に、いつもどんな枕で寝てるのか訊かれたので、答えた。
低反発の、断面図が空豆みたいなアレですよ。
「藤尾さん、それ駄目ですよ。だったらいっそ、ラップの芯にバスタオル巻いて首の下に敷いた方がいいです。」
とのアドバイスをいただいたので、早速実行…したら、いきなり寝違いですよ(´Д`;)
先生が嘘を言ってたのか、オレの気合いが足りなかったのか、一体どっちだ?
120922.jpg
バッハと暴れん坊
ちょいとまたクラシック関係の仕事をする事になり、色々と調べてたら、また余計な方へと脱線してしまった。
ヨハン・セバスチャンな方のバッハ、つまり大バッハこと一番有名なバッハは、1685年生まれ。
ん?と思って調べると、これは暴れん坊将軍こと徳川吉宗が生まれた翌年ではないか。つまり吉宗が1コ上の先輩という事になる。
これは!と思い、二人の足跡を年表で辿ってみると…
1705年、吉宗が紀州藩主になった頃、バッハはあの「小フーガト短調」や「トッカータとフーガ」(チャラリ〜鼻から牛乳〜♪の元曲ね)を作曲。どちらも20歳そこそこだ。
1716年、吉宗が第八代征夷大将軍となった頃、バッハは「G線上のアリア」や「二つのバイオリンのための協奏曲ニ短調」などを作曲。この時どちらも30歳そこそこ。
享保の改革でガシガシ言わせてた頃、ドイツでは「主よ、人の望みの喜びよ」などが大ヒット!(ちなみにヴィヴァルディの「四季」が大ヒットしていたのもこの時期)
そして、バッハが亡くなったのは1750年。この翌年に暴れん坊も亡くなっている。
海の向こうとこちらを並べてみると、面白いやね〜♪
120921.jpg


ちなみにバッハとはドイツ語で「小川」の事を指すらしい。
って事で「小川セバスチャソ」という日本名を授けよう(・∀・)
卒アル完全電子化!
昨夜、高校時代の友人たちと、いつものように呑んだのだが、ケンタローくんが面白いものを作って来てくれました。
そう、タイトルの通り、卒業アルバムをPDF化してくれたのだ。
現物はもはやオレの手元にないのだが、彼の持っていた元々の紙媒体も、すでにシミやカビなどが発生しているらしく、「これはヤバい」って事で、後輩でもある専門業者的な者に命じて、全て修正し、補正してきっちり取り込んだそうで、そりゃもう見事な出来ですよ。
改めて気付いたけど、マジでこういう貴重な書物はデジタル化して置く事をおすすめしたい。閲覧不能になる前に!

そしてここをご覧の同窓生の皆さん、ご希望ならケンタロー力作のPDFお送りしまっせ〜( ´ ▽ ` )ノ
120920.jpg

追加。野球部で甲子園を目指していた頃(右端が本多さんです)
baseball_club.jpg

電車寒い

先日、所用で往復1時間ずつ電車移動した。
乗換なしで、同じ車両に1時間。夏の終わりとは言え、まだまだ外は暑かったので、タンクトップで乗ったのだが、これが大失敗。
15分も座ってたら冷える冷える…たぶんタンクトップではなく普通のTシャツとかでも寒いと思うよ、あれは。
オレは普段、あまり電車での移動はしないのだが、きっと毎日このような条件で移動してる人も多いはず。
一日の中で、猛暑と極寒を行ったり来たり、これじゃ健康に良いわけないよな〜
110113.jpg
ヴルストマルクト2012@台場
昨日の夕方、我が家の猛犬シフォンちゃんを連れ、行く夏を惜しみながら、チャリで台場を散歩していた。
満潮に強風による高波が重なって、潮風公園あたりでは、時折波が足元まで寄せてくる。
そんなこんなしている間に、いきなりの雨。
この辺りで、犬連れで雨宿りできる場所といえば、ビーナスフォートぐらいしかないが、ちょっと遠い。
と、そういえば今、お台場でドイツワインのお祭り「ヴルストマルクト」が開催中であった事を思い出した。
場所はダイバーシティ(まだ行った事ないw)のガンダム側の広場。
早速、屋根のある席で雨宿りでぃっ!そしてドイツワインでぃっ!こちとら江戸っ子でぃっっ!!

ワインはグラスで800円ぐらいから。ボトルで4000円ぐらいから9000円ぐらいまで色々。何か圧倒的に「白」が多い感じがした。
ドイツビールやノンアルコールもあり、もちろん料理も盛りだくさん。
いやいやなかなかどうして、ドイツワインも美味しゅうござりやがって、何だかヨーロッパが恋しくなって来ちゃいましたよ(´Д`;)
120918.jpg
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
120917.jpg

ここしばらく、いつも程のペースで映画を観ていなかったんだけど、この秋はまた観たい作品が目白押し。
その第一弾がこれ。
豊洲のユナイテッドでは、初日7番、昨日1番、そして今日が10番スクリーンと、段々デカいスクリーンにシフトしていたので、本日行って参りました。
いつも通りの地元密着ロケで、ストーリーも脚本も伏線もいつものテイスト。
ただ、いつもと違うのは、これが最後の最後だという事。
だからこそ許される展開ってのもあったけど、やっぱちょっと寂しいな〜…
ただ、これ程バナナを粗末にしない映画も他にはあるまい(謎)
特撮博物館
東京・木場の東京都現代美術館にて開催中の特撮博物館。前々から行こうと思っていたのだが、遂に今日、衝動的に訪れてみた。
連休中という事もあってか、チケットを買うのに25分待ち。(実は手前のローソンで前売り券を発券した方が早くて安い)
中も物凄い混雑振りだったが、これはやはり一見の価値あり。
いわゆる高度成長期と言われた時代、子供たちの心を踊らせていた小道具やミニチュアセットの数々は、実はオトナたちが心躍らせながら制作していたのだな〜という事が、手に取るように分かる。
ウルトラマンやゴジラなどのメジャー作品はもちろん、ジャンボーグAやトリプルファイター、ライオン丸などの実物のマスクも展示されてるんだぜ!
「巨神兵、東京に現る」という、特撮ミニ映画も上映されていて、そこで実際に使われたセットやメイキングのムービーなども展示されており、いまやCGに取って代わりつつ特撮の手法へのアンチテーゼが示されている。
とにかく、展示物の一つ一つが圧巻!
チャリ圏内でこんな凄いのをやってるのに、何故今まで来なかったんだろうと、若干後悔しつつ、期間内にまた来ようと心に誓ったのであった。
10月の頭までやっているので、是非観てみて〜♪
120916.jpg
保谷駅
JR山手線の目黒駅は目黒区ではなく品川区に、品川駅は品川区ではなく港区にあるってのは、東京人にとっては今や常識であるが、本日、所用で行った西武池袋線保谷駅の半分は、旧保谷市(現西東京市)から練馬区にはみ出している、というのを知ってる人は多くないかもしれない。
子供の頃の愛読書であった「がきデカ」という書物に度々この駅及び周辺の風景が登場したのは、おそらく作者の山上たつひこ氏の住居が近所だったからであろう。
お隣の大泉学園駅の発車メロは「銀河鉄道999」のテーマだというから、この保谷駅は「がきデカの主題歌」にすべきだろう。(そんな曲ねえよ!)
というボケをかまそうと思って念のため調べたら、何とアニメ化されていたらしい…


本当にアレをテレビでやれたのか?
120915.jpg
Googleの誕生日

先週だったか、ジョギングしながらラジオ聴いてたら
「今日はGoogleの誕生日」とか何とか言っていた。
調べてみたら、今から14年前の9月7日、スタンフォード大学の2人の学生によって創業されたそうだ。
今となっちゃ「ググる」なんて日本語も出来てしまったぐらいメジャーな検索エンジンだけど、14年前といえば1998年。パソコンすらそんなに普及してなかった気がする。
おかげで生活から「ど忘れによるモヤモヤ」がなくなった。そこは大変ありがたい事だ。
が、その分人間の記憶力が弱って行くのは以前に「ど忘れと脳細胞」に書いた通りだ。
ちなみに、Googleの語源は、ドメイン登録の際、10の100乗を表す「Googol(ぐーごる)」とするつもりが、スペルをミスってしまった、と言われている。
「グゴる」…言いにくい。やはりグーグルでいいやw




最後に、ネット上のとある動画から印象的なフレーズを。

・毎月Googleでは310億回の検索がなされている。
・2006年には、この数字は27億回だった。
・Google以前、これらの疑問は誰に向けられていたのだろうか?
google_logo.jpg
朝刊
日々のルーティーンとして、まず朝目覚めたらコーヒーを淹れる。基本的に一日のうち、コーヒーはこの一杯だけ。
で、淹れ終わるまでに歯磨きを終了し、そのコーヒーを飲みながら朝刊を読むワケだが…
何かねえ、ここ最近不愉快な気持ちにしかならんのだわ。
政治、経済、国際問題、社会問題、事件、事故…
もちろん、新聞が悪いってワケじゃないと思うんだけど、わざわざ朝イチで自分から不愉快な世界を広げる必要ってあるんだろか?って気がして来ちゃった。
もはや、ニュースはネットで拾える。(テレビのニュースは偏向してるのであまり見たくない)チラシもiPadに毎朝届く。
って、この辺は以前にも書いたか。
繰り返しになるが、何が嫌って、「朝イチ」で「不快な気分になる」のが嫌なのである。
だからといって、朝刊を夜読むのもな〜…

いっそ東スポでも取るか…
(写真はスポニチです)
120913.jpg

パッキーの成長記録
以前にも書いたが、我が家の観葉植物パッキーことパキラ
以前の写真が出て来たので、成長記録を見てみる。

030613_0854_32-009.jpg
まず、東京ディズニーランドのホームストアで購入してすぐの頃。
日付を見ると2003年6月となっている。
ガラスに映ってるコーヒーカップみたいなのが、買った時の鉢である。
大きさも正にマグカップ大。いかにパッキーが小さかったのが分かる。


packy.jpg
次にこちらが、2007年5月のパッキー。
直径45センチぐらいの鉢に植え替えられている。
ここから考えると、高さは大体80センチ前後だろう。


120422.jpg

そしてこれが現在のパッキー。
我が家のリビングの天井高が約15メートルだから…



カヌー教室行って来た
もう数日前の話だが、カヌー教室に行って来た。
いやいやなかなかどうして難しく、船舶免許を持つワタシでさえ、思い通りには進まない…
とまあ、それはいいんだけど、このイベントを主催しているのはB&G財団というところ。
主に水の事故を減らしましょうってな活動をしているようで、それに関するセミナーもセットとなったイベントだった。
せっかく色々学んで来たので、軽く紹介しておこう。

まず、万が一溺れてる人を見かけたら、
・自分で助けに入らず、まずは110番か118番(海上保安庁)に連絡。
・もし手元にペットボトルなどがあったら、投げ入れる。これがちょっとした浮力となるのだ。
そして、自分が水没してしまった場合
・服や靴は脱がない。特に靴は浮力になる。
・誰しもパニクるものであるが、なるべく落ち着いて大きく息を吸い込み、仰向けに浮かぶ。
などなど。なかなか為になりました。

我が地元は、川や運河、そして海と、四方八方を水に囲まれている。それはつまり、水の事故とは常に背中合わせであるという事だ。
そんな事もあり、小学校の授業では「着衣泳」というのを必ずやるので、子供たちは既にその辺、学習済みのようだ。
東北で、津波訓練のおかげで助かった学校もそうだったけど、こういう事は日ごろの備えが重要だよね。
120911.jpg
千早初LIVEの動画
アップしました。
オレが遅刻したおかげで、リハが出来なかったわけだけど、それが逆に良かったんじゃないかと勝手に思っとりますw
坂東くんとしては、あじゃりの初LIVEに乱入して以来30年振りのステージとなりましたが、これで確実に何かが覚醒しました。
あとは、持ち曲を増やして是非皆さんの前にまた登場したいと思います♪
初LIVE
本日、ISKA世界チャンピオン・寺戸伸近選手の初防衛戦祝勝会が厳かに執り行われました。
式次第の中に、何故か千早のLIVEが組み込まれており、こちらも厳かに(略

いや〜熱いステージとなりました。
相方の坂東くんは、これで一つ手応えを得たという事で、次回はガチのLIVE、やる気満々だそうですので、皆様お楽しみに〜( ´ ▽ ` )ノ
IMG_3615.jpg
最近よく見かける役者さん
いつの時期もドラマ観てて
「最近、この役者さんよく見かけるな〜」
って人がいる。
売り込み中の新人とか、アイドル系の人とかではなく、わりと中堅どころの人の話。
今で言うと、田中哲司さんとか、宅間孝行さんとか、堀内敬子さんとか、もうちょい若い所だと木村文乃さんさんとか…
いわゆる「旬」って事なんでしょかね。
ついこの間までは、どのドラマにも渡辺いっけいさんが出てたようなw
ま、いっけいさんぐらいの大物脇役になってくると当たり前か。
で、ドラマ自体の数が増えてる訳でもないし、キャストの数もそんなに変わらないだろうから、当然
「最近見かけなくなったな〜」
って人もいるはずなんだけど、そっちに関してはぱっと名前が出て来ないのが哀しい。

関係ないけど、前出の宅間さんって脚本家でもあるんだねえ〜「花男」とか書いてたらしい。
pic_01.jpg
iPhoneの誤作動
夜中2時に、家の電話が鳴り響いた。が、寝付いたばかりで面倒だったので出なかった。
翌日、オレのiPhoneからの着信である事が分かった。iPhoneを確認したら、自宅への発信履歴が残っていた。
この現象、一体どういう事かとTwitter、Facebookなどで呟いたら、どうやらiPhoneの誤作動ではないか、との複数の証言をいただいた。
全く以て迷惑千万な誤作動である。発信先が自宅だったのが救いだ。
って事で一件落着…と思ったが、ふと気になる事が…
家の電話はリビングにある。そして、我が家では何故か、家族の半数近くがリビングで寝る。ソファだとか床だとか、下手したらダイニングチェアで寝てるやつとかいる。
そいつらが、誰一人として電話に出なかったのだ。
もしオレが、どこか外で行き倒れたり、交通事故や犯罪に巻き込まれても、それが夜中だった場合はとても残念な事になりそうだ…
IMG_0270.jpg

それはそうと、オレのiPhone4、フロントガラスにまたひびが入り(3回目)、ホームボタンもほとんど利かない状態。
確か買ったのが一昨年の10月ぐらいなので、そろそろ2年縛りも切れる頃。
このタイミングで5が発売されたらナイスなんだけどな(・∀・)
東北の領有権争い
我が国の南西方面では、領有権問題が存在するだのしないだのと、連日熱いニュースが繰り広げられている。
が、こういった問題は、何も隣国との間だけに起こるものではない。
実は岩手県と宮城県も、結構前から激しい領有権争い、正しく言えば「漁業境界線」を巡って争っていて、実はオレも結構昔から気になっていた。あまり自分の生活とは関係ないんだけど。
当時のニュースソースはこの辺

素人目に見ると、岩手の主張する境界線は、結構無茶なものに見えてしかたがなかったのだが…
iwate.jpg
(これね)

で、この度、めでたくこの問題に決着がついた。

宮城・岩手漁業境界撤廃 漁連・漁協、19年ぶり対立解決


「お互い、震災で被害を受けたモノ同士、仲良くやろうじゃねえか」

って事で、境界線を完全に撤廃したのである。まさに「雨降って地固まる」である。
いや〜、時間はかかったけど、やっぱり素晴らしいねえ。日本人って。

日本人って。



ビヤガーデン
今年、ひとつのビヤガーデンが銀座から姿を消す。
松坂屋の屋上にあった麦羊亭である。
オギャーと生まれて隅田川で産湯をつかったその日から、ビヤガーデンといえばここ。
ちなみに、ビアガーデンではない。ビヤガーデンだ。
今調べたら、昭和59年、1984年からの営業というから、産湯云々というのは嘘だ。
また一つ、銀座から昭和が去り行く悲しみを、ジョッキで豪快に飲み干した、そんな夏の終わりでした。
IMG_3592.jpg
Eメールテレパシー

大昔のブログに書いた記憶もあるが、「テレフォン・テレパシー」という言葉がある。
その時、頭の中に描いている人物から、急に電話がかかってくるアレである。
最近では、電話ではなく、メールである事が多い。
「そういえば、あいつどうしてるかな?死んだかな?」
とか、久しぶりに名前を思い出したような人間から
「ご無沙汰で〜す!!」
などと、急に電子メールが来たりする。本当によくある事である。
電話と違って、相手の時間的都合とか考えなくていいから、なおさらその頻度も上がるというものであろう。

最近では、Facebookでこんにちは、なんて事もあるある
110126-2.jpg
Nutron Disco Dancer

昔むか〜し、MacのOSがまだ「漢字Talk」とかだった頃の事じゃった…
全部合わせても容量は750メガバイトぐらいしかないハードディスクを、少しでも有効に活用するために、「断片化の解消」という手順が必要だったのじゃ。
ま、その他にも破損したファイルの修復だとか、診断だとか、色々なメンテに大活躍したのが「Norton Disc Utilities」なるソフト。
そのパロディとして、特に大活躍もしなかったがなぜか愛されたのがこの「Nutron Disco Dancer」。
ただの冗談ソフトである。
オレとしては、ハードディスクでスクラッチしたりするのがかなりツボだった。
たまたま動画を発掘したので、懐かしく見てたが、IKEBUKUROの名曲で少年隊「OH!!」の元曲である「コロされたい」のど頭は、このソフトで横分けのノートン先生が、アフロ頭のひげ面に返信するシーンの「ブイーン」というシンセの音色からインスパイアされた事を思い出した(・∀・)


なのじゃ。

DURAN DURAN
AKBの出演する「ぷっちょ」なるお菓子のCM。
前回は「口移し」が下品でけしからんと、制作側の狙い通り世間で話題になったが、今回もなかなかけしからんという事になっているらしい。
メンバーの顔を幼女の体に合成するというもので、ま、確かに異様というか、狙い所がアレだと思った。
が、それ見てたら、大昔やっていたとあるCMを思い出した。
早速ようつべ屋さん探しにいったら、あったあった。さすがインターネッツ♪
ものはサントリーの「Q」というウイスキーのCMである。
当時かなり売れていたDURAN DURANというバンドのメンバーを、3等身ぐらいに加工してあるもので、こちらはちょっとキュートな感じ。
ま、体部分が幼女じゃないからか…
このCMでボーカルよりフィーチャーされているのは、ベースのジョン・テイラーという男。

ちなみにオレは、高校の頃、このジョン・テイラーに似ていると言われ、後輩に「ジョン先輩」などと呼ばれて、かなり調子に乗っていたんだぜ(・∀・)
ま、今も昔も、人は髪型に騙されるもんなんだよ

昔の文集より
高校時代の友人からPDFが送られて来た。
修学旅行の感想文。文集に載ったオレのものだそうである。(全員分載った訳じゃなかったらしい)
タイトルは「芸術は芸術だ」。
一部抜粋

人間の社会に於いて、芸術とは一体どんな役割を果たしているのだろうか?
「芸術は単なる娯楽の一種に過ぎない。」
以前、友人Aに言われた言葉である。
確かに、芸術は社会にとっては不要なものかもしれない。しかし、人間にとってはなくてはならないものだ、と私は思っている。


内容自体は、利いた風な事を書いてるな〜って感じで微笑ましいんだけど、30年程昔のものであるにも関わらず、今と全く文体が変わってないのが更に笑える。
ただ、目線が上から過ぎる。

自分の今までの生き様を洗いざらい語ろうとするその顔には、これまでの苦労がしわとなって刻まれていたようだった。

これ、見学に言った先の、能面打ち師の職人さんに有り難いお話を伺った感想ですよ。
どんだけ偉そうなんだよw書き直し!
syuugaku1.jpg
syuugaku2.jpg
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.