新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ファンタアップル
小学生の頃、剣道を習っていた。
で、夏になると群馬県の妙義山という所に合宿に行くんだけど、これが楽しくてキツい…
他の道場の子供たちと、面だの胴だのを装着して、朝から晩まで棒切れを振り回す。山の上とは言え、やはり夏は暑い。

話は変わるが、当時の我が家は貧しく厳しい家で、お菓子などの買い食いは一切禁止。(それ以前に小遣いなどもらっていなかった)
飲み物も、冷蔵庫を開けると牛乳か麦茶ぐらいしか入っておらず、当然ジュースなんぞ飲ませてもらえなかった。

さて、話は妙義山に戻るが、食事は3食出たし、蛇口をひねればそこそこ冷たい水も飲み放題。
しかし、一日の練習を終えて風呂上がりのひと時、同門生たちが飲む炭酸飲料が旨そうで旨そうで…
ついに3日目、最終日の夜、堪え切れず家に電話。

「ジュース飲んでいい?(´Д`;)」

何かあった時のために、と渡されていた数百円。そこから60円程、炭酸飲料の為に使う許可をもらったのでした。
あのファンタアップルは本当に旨かったな〜…

そんな記憶が一瞬にして甦ったよ。これ飲んだらw
120801.jpg
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.