新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

CCレモン
110831-02.jpg
もうだいぶ昔の話だ。
とあるレコーディングスタジオの休憩時間、テレビで流れた「CCレモン」のCMを見て、思わずのぶりん(A-JARI
キーボードだった人)と顔を見合わせた。
「譜割りが変わってるしw」
同時に叫んでしまった。
今も変わらず使われている、あのお馴染みのCMソングの話である。
それまで何シリーズか続いてたパターンは「シーシー・レモン♪」の「レ」が拍頭だったのに対し、今流れたのは「モン」が拍頭になってる。つまり「レ」が16分音符一個分、約0.1秒程前にずれてる。
ってそれだけの話なんだけどね。
そのレコーディングで唄を録ってたボーカリストが
「二人とも、よくそんな細かいことに一瞬で反応しますね~w」
などと呆れていたのをよ~く覚えている。

…そのボーカリストとは及川光博。
現在、その彼がCCレモンのCMに出てるというのが、何だか不思議(・∀・)

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

どうなる?イチロー
気がついたらもう37歳ですよ。
MLBで10年続けて来たシーズン200安打に黄色信号が灯っている。
残り30試合で49本、つまり1試合2安打すれば充分届く数字だけど、それが出来てれば今シーズンこんなに苦労してないだろう。
ここまでがスランプで、もう抜け出したというなら話は別だけど、今年のイチローは明らかに何かが違って見える。
勝手な予感だけど、今年200本打てなかったら引退しそうな気がするよ。
あの王貞治さんは40歳の時、30本塁打を打ちながら
「王貞治のバッティングが出来なくなった。」
と引退。
今ならイチローがいいそうなセリフである…
110830.jpg

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

グロテスク
110829.jpg

いわゆる「東電OL殺人事件」のゴビンダ被告のDNA鑑定に関する報道があった。
以前、佐野眞一のノンフィクションを読んだが、今ひとつ取材不足でまとまりがない感じがして、消化不良のままだった事を思い出し、今度は関連小説を読んでみようと思い立つ。
基本的に小説は買わない事にしている。何故なら「捨てられない」から。以前溜まり過ぎた書籍に殺されそうになった経験からだ。
で、いつもの用に二つの図書館で予約して取り寄せたが、どっちもハードカバーでかなりデカイ。とても持ち歩いて電車で読めるような代物ではないので、ブックオフなんぞ覗いてみた。
すると、あったあった。上下巻各350円。これは「買い」だ。
って事で、他も何かないかと店内を一周して戻って来てみると、なんと各100円に値下がりしていた。
きっとこの本に呼ばれていたのだろう。
さて、内容だが…
と、長くなったのでまたの機会にw
東京マラソン2012への道・その2「とりあえず図書館」
110828.jpg


何から始めて、どんなトレーニングや調整をしたらいいのか…
そうだ!まず図書館へ行こう!!
という事で、マラソン関連本を数冊借りて来たよ。
先日も書いたけど、金にモノを言わせる「先行エントリー」で当選を果たしたわけだが、一般の当落が決まるのはどうやら10月ぐらい?
なので、今なら借り放題のようだ。ガンガン借りて片っ端から自炊しておくべな。
「40代から始めるフルマラソン」
「東京マラソン完全ガイド」なんて本まであるよ。

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

iPadレビューその4「東京アメッシュ」
110827.jpg

PCサイトでは割と有名だったりする「アメッシュ」の、iPadアプリ版。
でもPCのアメッシュより全然見やすいのがグッド。
地図もGoogleマップや航空写真に切り替えられるし(あのアメッシュの地図、イマイチ見辛いんだよね~)、降雨ゾーンの透明度も変えられるので、お好みのビューにする事ができる。
もちろん現在地とのリンクもできる。
この季節、ゲリラ豪雨を予測するのにもっとも手軽で強力なアイテムといえる組み合わせのアプリとiPadです。


…でもこれ、タイトルからして東京限定なんすかね?

テーマ:iPad - ジャンル:コンピュータ

アイリーン・キャラさん
確か高校生の頃だったと思う。映画「フラッシュダンス」が公開されたのは。
そして、そのテーマ曲である「What a Feeling」がバカ売れした。
始めてラジオでこの曲を聴いたのはまだ映画の情報も知らなかった時。
ラジオでパーソナリティが
「アイリーン・キャラさんで『フラッシュダンス』をお送りしました。

ふむふむ、「アイリーン・キャラサン」という歌手か、覚えておこう…

ってなっちゃったじゃないか!!
みだりに外人に「さん」を付けて紹介しないで欲しいw特に初モノには。
ところで、このPVは当時も何度も観たが、この踊ってる人がアイリーン・キャラさんじゃないんだよね?



日本でも何かのドラマの主題歌になってた気がする。
「スチュワーデス物語」だっけ?(←リメイクするとしたら「客室乗務員物語」とか「CA物語」とかになるの?)

テーマ:80年代 - ジャンル:音楽

格闘家と音楽家
先日の試合で見事世界のベルト奪取した寺戸伸近選手、そしてお馴染み山本優弥選手、更に青春塾のホープ・寺崎直樹選手たちと呑んだ。
今宵のお題は「入場テーマ制作」の件。
という事で、今日はオレは格闘家ではなく、ミュージシャンという立場での参加だったわけだが、せっかく一流の選手たちとじっくり話せる機会だし、音楽の話よりも格闘技について語りたくて語りたくて…
しかし、彼らにしてみれば全く逆の事が言えるわけで、格闘技漬けの毎日の中で、ミュージシャンと音楽について語る珍しい機会。しかもお題がお題。
ここはひとつ、ぐっと堪えて…もらって格闘技談話で盛り上がりましたw

さて、お知らせです。今から作る新入場テーマを引っさげて、山本優弥が9月25日大阪府立体育館にて行われる「K-1 WORLD MAX」に出場します。
応援よろしく!!
110825.jpg

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

東京マラソン2012への道・その1「基本スペック」
さて、またも「~への道」シリーズが始まりましたっ!
今度は人生初のフルマラソンにチャレンジです。
今から本番に向けて、不定期に自分観察日記を続けて行こうと思います。
って事で、諸々始める前に、まずはオレの基本的データから。

走歴:約5年、現在は朝10kmを週4~5回。(猛暑時は5km~8kmぐらい)
レース歴:ハーフ2回。タイムは1時間45分ぐらい。
朝ランでは、昔は1kmを5分30秒ぐらいで走ってたけど、自分に合わないペースだと知り、今は6分ぐらいで走ってる。
そして2011年春、Nike fwd(駅伝)にて世界一獲得。(ここは自慢しとかないと)

で、いよいよ2012年2月、東京マラソンに出場予定。優勝を目指す!!

といったとこだろうか
さて、何から始めたらいいもんやら…アドヴァイス求む!!

東京マラソン2012まで、あと188日…
110824.jpg

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

安藤サクラ
110823.jpg
「それでも、生きてゆく」にて、ちょっと不気味な役を、文字通り「怪演」している。
と思ったら、今度は「おひさま」に出て来て、また個性的な演技を見せている。
どうにもこうにも気になって調べてみたら、「安藤サクラ」という女優さんで、何と奥田瑛二・安藤和津夫妻の娘さん。というより、どうみても安藤和津の血しか引いてない顔だな、こりゃ(・∀・)
って安藤和津夫妻を思い出そうとすると、何故か音無美紀子夫妻が頭に浮かんでしまうんだな…

ちなみに「おひさま」では、柄本明の次男と夫婦役。どちらも実力派、つまり「いい二世」。
(すべて敬称略)
暮らしの年表・流行語100年
11082.jpg

図書館に資料を返却に行った時に、カウンターのすぐ側の棚にあり、つい手に取った一冊。
何気にオレ好みのネタが散りばめられている。
例えば「プータロー」という言葉は、昭和27年に作られた、とか。
あるいは、新聞の見出しは昭和22年に右→左から左→右表記に改められた、とか。

本文は明治から始まり、大正・昭和初期と、じっくりと近代国家が熟成されていくわけだが、驚くのは太平洋戦争でそのほとんどを失いかけた我が国が立ち直って行く様。
終戦後わずか2年後には浅草でストリップが始まり、翌年には渋谷に東急百貨店がオープン、その翌年には湯川秀樹がノーベル賞を受賞し、プロ野球はナイトゲームを開催している。もの凄い勢いで復興しているって感じ。
日本人として我々も先輩方を見習って行かなきゃいけないと思うのであった。

ちなみに、明治44年(1911)年のヒット商品は「セーラー服型の子供服」、平成22年2010年は「食べるラー油」ですとw
iRig mic(+Grageband)
110821.jpg

いつぞやここでも紹介した、iRigのボーカル版。
要はiPhone、iPad用のマイクで、様々なアプリケーションにおいて、音声信号を取り込む事のできる装置だ。
今日は、Garagebandでとあるデモの仮唄を録ってみた。
マイク自体の性能はまずまずだが、肝心のGaragebandが微妙…純正アプリなのにw
致命的なのは、Mac版と互換性がないのと、録ったオーディオ・ファイルをメールで送るしか手段が無い事。
今日はほんの50小節ちょいの曲なのに、送信容量を超えてしまい、結局Evernoteで共有せざるを得なかった。
メールサーバの問題なのかな?
いや、でもiPadとこれとイヤホンがあれば、ちょっとしたデモが作れるというこの時代は、やっぱり凄いと思う。
祝☆東京マラソンご当選!
110820.jpg

年々倍率は厳しくなるばかり。去年は10倍を超え、もう当選する気がしなくなってたけど、「プレミアム会員」みたいなシステムが始まり、会費を納めたり、そこが主催するイベントに参加する事により、先行エントリーの権利が得られると知り、ダメ元でトライしたら今日「当選メール」が来たよ♪
ちなみに、先行エントリーの倍率は約5.4倍だったとか。
オレは給水が苦手で、ハーフは何とか飲まず食わずで行けるんだけど、さすがにフルは無理だろうなぁーw
いや、一時間ぐらいで完走すれば何とかなるか…

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

チャリでレインボーブリッジ(逆ルート)
本日昼間、台場→芝浦という、昨日とは逆コースを渡ってみた。
昨日も書いたけど、芝浦から台場方向へ行く場合、まずエレベータで7Fまで上る。つまり上り坂をある程度ショートカットするのに比べ、こちらの方向は上り坂が長い!長過ぎる。
ようやく下りになったかと思うと、もうエレベータ。
所要時間は同じく20分だったが、疲労度は2割増ぐらいだ。
ついでに言うと、我が地元・豊洲から例えば品川に行くのに、築地・汐留を通るやや遠回りなルートの方が、体力的にはかなり楽だったりするし、たぶん時間的にも早い。
つまりは、あまり実用的ではないルート、ではある。

ただ、眼下に広がるオレの海(この辺りを勝手にそう呼んでいる)、そしてその向こうに見える東京タワーやスカイツリー他の風景は圧巻。たぶん夜景も相当いい感じなハズ♪
そう言った意味では、こちら北側ルートもかなり良い。9~10月ぐらいの晴れた日とかがオススメかな~
110819.jpg
チャリでレインボーブリッジ
知らない間に、チャリの通行が可となっていた。
ちょっと前までは
「どうしても自転車と一緒に渡りたい者は、袋に入れて担いで往け」
というルールだったのだが、この度↓このような足かせを後輪にはめて、あくまでも「押して歩く」形で、歩道部分を通行できる事になっていたのだ。
110818-01.jpg

今回は、芝浦側からエレベータで橋に上り、南側の歩道(一方通行らしい)を通って地元に帰る、というコース。
距離にして約1.7km、所要時間は20分という所だろうか。
夜景はキレイだわ、風が気持ちいいわで、ちょっとクセになりそうな感じではあるが、冬場はあまりオススメできない。
110818-02.jpg
CARS 2
ようやく観る事ができた。とりあえず2Dの吹替。
ぐっさんは相変わらず芸達者だな~
さて、今回は「ご当地」ものっぽい作りで、ロンドンやパリに行った事がある人、F1好きな人なんかが思わずニヤリとしてしまうようなシーンが盛りだくさん。
そして、湾岸に住むオレもついつい…
予告でも出てくるこの地域は、間違いなく我が地元。
左奥に見える高層のどれかが我が家かな~などと、かなり背景にも釣られる作品であった。カチャウ!
110817.jpg
勝どきマリーナ
110816-01.jpg

色々あって、ホームマリーナが変わりました。
東京湾マリーナ、夢マリときて、今度は都会の真ん中・中央区にある「カチマリ」こと勝どきマリーナ。
本当にこぢんまりとした所で、マリーナというより喫茶店といういでたち。
実際に喫茶コーナー(夜はバーになる)があって、その店内を抜けると船たちが係留されているのだが、それもほんの十数隻。
このうちの数隻がヤマハのレンタルボートクラブ「シースタイル」の船で、実はこの度ここの会員と相成ったのでした。
昨日の朝は、息子の自由研究に駆り出され、「海水はどこまで海水か」というお題で水質調査しつつ隅田川を上ったよ。
格闘技三昧
お盆が死者の霊を迎える日なら、格闘技は生きている者の魂を感じるイベントである。
というような事を誰が言っていたか、いや誰も…

という事で、昨日は午後はディファ有明にて「ジ・アウトサイダー18」に出場した我が同門生「コール・ザキヤマZ」(前回はそんな名前じゃなかったぞw)を応援に。そして夜は我が友・寺戸伸近の世界タイトルマッチを応援しに行くという、格闘技三昧な一日であった。(前者は総合格闘技、後者はキックボクシング)
ザキヤマ選手は試合前オレに
「KO勝ちかKO負け、そんな面白い試合をするZ」
とか言っていたのに、パンチをコツコツ当ててはタックルでグランドに持ち込み、極めにかかるも極め切れずという展開…
ま、しかしいつも通りの狡猾な攻めで、文句無しの判定勝ち。
それよりも、登場からマイクパフォーマンスまで、寒いパフォーマンスの繰り返しで会場の失笑を買っていたので、思わず「金返せ~!!」と叫ばざるを得なかったw
110815-01.jpg

そして寺戸選手。
「これ以上後はない」
と自分を追い込みまくって臨んだ初の世界戦。これがもう圧倒的に攻めまくり、何度もダウンを奪うという文句のない展開。見事にベルトを手にしたのでした。
110815-02.jpg

相手選手もあれだけやられてよく最後まで闘ったよ。オレだったら途中で泣きながら逃げ出してたね。

そしてニュースが一つ。
この世界チャンピオン、そしてこの日そのセコンドに就いていた山本○弥選手の入場テーマを我々「千早」が担当する運びとなりそうな感じ。ご本人達に直々に頼まれたのだ。
いや~気合い入るぜいぃ!
ジーニアスなバー
110814.jpg

MacBookのバッテリーがエラい事に…
っても、これは実はオレのではなく、オレと同じ型のMacBookを持つ別な人のものなんだけどね。
普通に使っているうちに、徐々におかしな形状になって来たので、バッテリーを本体から外して放置しておいたら、更にどんどん育ってこのような形になったそうな。
確かに、オレが現在使ってる同型のバッテリーもちょっと膨張してるけど、さすがにここまでは…
って事で、この不気味に肥大したブツを持って、炎天下の中、銀座のアップルストアへ。
その名も「ジーニアス・バー」つまり「天才飲み屋」。今日はどんなジーニアスが相手してくれるのか、ワクワクする。
当然予約して行くワケだが、ジーニアスに失礼のないように、10分前には到着してエントリーを済ませる。
しかし、週末のジーニアスはとても忙しく、中々オレのような平民の指定した時刻など守っておられるワケもなく、いたずらに時は過ぎてゆく。
待つこと30分、ようやくオレこと愚民の前に降臨されたジーニアス様曰く
「保証対象外だな、これは。帰ってよし。」
「はは~っ!ありがたき幸せ!!m(_ _)m」
つまり、この気持ち悪く膨れ上がった姿はこのバッテリーの仕様であり、アップルコンピュータ様が用意されたサプライズである、と。
さすが資産評価額全米一の企業。そのブレない強気な姿勢は潔いとしか言いようがない。
30分待たされた挙句、一瞬で帰らされてしまったワケだが、その胸の中はむしろ清々しい気持ちで一杯の人非人ことオレだった。
ま、アップルストアがうちからものの15分ほどで行けるような場所にあったから良いようなものの、これが片道1時間45分かかってたりしようものなら、バーカウンターに乗り上がってジーニアス様の胸ぐらを…
なんて可能性もゼロだったとは言えないといっても過言ではないかもしれないのではないだろうか?
君が代


何年かに一度、君が代について語ってる気がするけど…
先日のサッカーで、某若手歌手が独唱した「君が代」が酷かったと聞き、検索したら出て来たよ。

思ってたほど酷くはないけど、プロの歌手としてはもうちょっと頑張って欲しいな~ってレベルじゃないでしょうか。
いやいや、それを言ったらアレとかアレとか色々出てくるんだけど、あえて言うまい。ようつべ探せばいくらでも笑えるやつがあります。
それよりも、この長野五輪での「雅楽バージョン」ですよ。
聴くだけで涙が出て来ないかい?

ま、息子の卒業式などでオレが魂込めて熱唱する君が代にはかなわないけどね~
周りの父兄が、思わず下を向いて小刻みに肩を震わすほどの仕上がりであるw
愛の戦士・レインボーマン
カミさんの実家で、最後の晩に妙な時間に寝てしまい(病み上がりだったもんでw)、夜12時にスッキリと目覚めてしまった。
勝手に冷蔵庫を漁る訳にも行かず、この長い夜をどう乗り切るか…と悩んでいた所、iPadにレインボーマンのDVD50話分、時間にして10時間ほど(他にも映画多数)をぶち込んでいた事を思い出す。
これがねえ、観始めるとはまるはまる。翌日の北斗星でも深夜に目覚めてまた続きから最後まで観てしまったよ。

それはそうと、この主題歌。以前このブログでも「耳にした曲をハーモニカでコピー
なんて事を書いたけど、これのオープニング曲も当然コピーして、保育園のなまら人気者になったもんさー。(嘘北海弁)
なんだけど、歌詞で言う所の「今さ~ら 後へ~は」の部分、音で言うと「シシシーシ ラララーシ」(Cに移調)。
これ、全部「吸う音」なんだよね~
6歳の領少年はこの時「音楽は最初から最後まで全てfffで演奏すると死ぬ」という事を学んだんだよ。
110812.jpg

ところでこの曲「インドの山奥でっぱのおじさん~」的替え歌が、日本中で歌われたと思うんだけど、地域によって全然違うって事を、大人になってから知った。
って話は昔書いた事あったっけ?
【続きを読む】
北斗星への道<最終章その3>
遂に長くて短い16時間あまりの列車の旅は終わった。
あ、その前にお詫びを。
何時の間にかブログの仕様が変わったのか、タイトルに「<」の半角を用いると、タグか何かの扱いになってしまうようで、<準備編その2>みたいなのが全部表示されなくなってた。一応修正しときましたんで、御免なさいよ。

そして北斗星の感想。
もう何かね~、物凄い昭和臭なんですよ。いい意味で。
車体の作りから内装から、トイレや(蓋のされた)灰皿などなど


おそらく30年以上前から無事故で今日まで走り続けて来た。どこかの国の開通早々事故続きの鉄道とは格が違います。
何だか引退が近いような香りがしなくもないけど、まだまだ頑張って欲しいものです。
カシオペアだとかトワイライトエクスプレスなんかもいいかもしれないけど、次もまた…
いや、次はカシオペアもいいかな~

そして室蘭辺りだったか、何となく撮った海岸線が綺麗ったらありゃしない
ビバ!北斗星!!
北斗星への道<最終章 その2>

四食分の食事とビールを買い込み、いよいよ乗車。
我々の乗った一号車は、コンパートメントと言って、上下合わせ向かい合った四席が貸し切りの場合に限り、車掌さんが鍵を操作してくれて、ドアが閉められる構造。
あいにく三人旅の我々には、開放寝室?
しかし、祖父に大泥棒を持つオレ様は、弁当についていた爪楊枝一本で自由自在。あっという間に個室が完成♪
一瞬、和式しかないと思われたトイレも、数車両移動すれば洋式もある事が判明!
そうこうしているうちに、既に弁当三食、ビール六本が全滅してしまった。

かくして列車は青函トンネルを抜け、本州へと向かうのであった…
北斗星への道<最終章その1>
いよいよ明日、いやもう今日の夜に迫った、北斗星乗車。
思えばこれまで色々ありました。
チケットの取り方から弁当の事、車内での過ごし方など、色々調べ、またアドバイスをいただき、知恵熱まで出し…
本日、JR北海道某駅でチケットを発券。ようやく実感が湧いてきたです。
これまでの旅は、家に帰るための旅だったのかもしれない…
準備万端、と言いたい所だけどただ一点。
「胃袋が満タン過ぎる(´Д`;)」
果たしてどれぐらい車内で飲み食い出来るのか?大丈夫なのか?オレ
何食っても旨い!
おかげさまで熱も下がり、本日も旨いもの巡りの旅は続く。
ま、熱があっても変わらないんだけどね。
そして、明後日帰還するまでの一週間、格闘技はおろかジョギングすらもお休みなので、帰って体脂肪率を計るのが楽しみなような怖いような…
ちなみに、今宵の晩餐はジンギスカンの予定~♪
浜田REACHさん
この広い北海道の中で、何と奇遇にもカミさんの実家とすぐ近所に、昔一緒にIKEBUKUROというバンドをやっていた浜田REACHさんが現在住んでいる。
せっかく一週間も滞在するので、セッションでもどうかと連絡しみたら、二つ返事でオッケーを貰ったので、約10年ぶりに一緒にスタジオに入った。
彼女はベース&ボーカル、オレはギター&ボーカルって事で、この編成で何ができるかと考えて、この曲をやってみた。
本当に久し振りで、会話もぎこちないものが有ったけど、音を出すのは全く違和感がないのが不思議だ。
相変わらずテキトーなベースだけど、歌はさすがですw
旭山動物園
噂には聞いてたけど、やっぱさすがだね~!
動物たちの習性や生活パターンを上手く利用して、よりリアルな姿を極限まで近くで見せる。こりゃ人気出るワケです。
今日のツアーは、行きがバス、帰りは電車にしたんだけど、理由は帰りもバスにすると4時間あまりしか滞在できないから。
でも、4時間あれば充分楽しめるし、かと言ってもの足りなくもない。しかも大人800円、子供無料ってのがスゴい。ちなみに年パスは1000円。

旭川と言えばその昔…
いや、長くなるのでまたにしよう。北海の旅はまだまだ続く…
キーボード付きアルミニウムケース

iPadを買った時、ケースまたはカバーをどんなのにしようかと悩んだのだが、イマイチこれといったものに巡り会えなかった。
で、ネットで色々検索しているうちに、どうしても欲しくなったのがこれ。
キーボードとしての機能も充実してる上、デザインが超クール!iPadがまるでMacBookプロのようになるw
さて、早速購入…と思いきやAmazonやそこらでは売られていない。
さんざん検索して、ようやく国内の販売店を見つけた。値段も5800円と、そこそこ良心的。
で、ぽちっとして購入手続きを進めてたら、最後の最後に「送料2800円」って、ぉぃぉい…
ついカッとなって海外の業者探しちゃいましたよ。
で辿り着いてぽちっとした店では、本体が$49.90、送料が$13.00。合わせて$62.90だが、現在モーレツな円高のため、日本円にして送料込み5000円弱と来たもんだ♪迷わず購入したさ。
そして昨日、長い長い船旅を終えてようやく到着したのだ。
基本的な使い方は動画見てもらった方が早いかと↓
北斗星への道<準備編その3>
東京にいる時は忘れがちだが、ソフトバンクの電波状態は地方によっては相当悪いという話をよく聞く。
なので、北斗星で移動中は、ネット環境などには期待しない事にした。
もう一つ不安なのが、GPSの状態。ま、こちらは中継基地とか関係ないだろうから大丈夫だとは思うんだけど…
一応、「今どの辺なのだろう?」という情報をプッシュ式で知りたいと思い、このような仕込みをしてみた。
110804.jpg

iPhoneの「カレンダー」に、時刻表の情報をインプット。
「まもなく函館に到着」みたいなお知らせが届くようにしといた。
ただし、天候その他の影響で、必ずしも定刻通りに走るとは限らないので、実際に使えるかどうかは不明w
ま、そんなワケで明日(今日)から北海行って来ます!!
ごま油ポップコーン
110803.jpg
今宵も菓子の話。
何気にこれ食ってみたけど、めちゃ旨いっす。
「かどやのごま油」って、どこの家庭にも一本はあるであろうお馴染みのやつをそのまま使って揚げたらしい。
本当に風味豊かで、ビールのつまみとしてもかなりイケます。
恐らくもうひと工夫すれば、ご飯のおかずにもなるはず。(いや、それは無理か)
ポップコーンと言えば、舞浜のテーマパークでも、様々な味のものが売られているけど、是非これをパクって…じゃない、参考にしていただきたい!
トップバリュ「しるこサンド」
110802.jpg

先日、ちょっとツイッターで盛り上がったんだけど、しるこサンドというお菓子の話。
色んな所から色んなしるこサンドが出ているようだけど、オレは近所のイオンで売られている「トップバリュ」の100円ぐらいのヤツが好き。
要は小豆とかが練り込まれている、サクサクっとしたビスケットなんだけど、うっかり4、5日袋を開けっ放しにして、湿気ってしまったこいつがまた旨い。もう別の食い物。
ある意味、ミルクに浸けて食うオレオみたいなもんか…(いや違うかも)
なので、開封したら、1日5枚ぐらいずつちびちびといただき、湿気り具合を楽しむ、というのがオレ流「しるこサンド道」。
ただし、結構止まらない系のお菓子なので、自分との戦いが必要だ。
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.