新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

東京ゲートブリッジやらマラソンやら
本日、東京ゲートブリッジの西側と東側がようやくドッキングするという事で、その様子を見ようと久々に船を出した。
地元は東京マラソンで盛り上がっており、陸上では行動しようにも色々と制限があるってのもあり…
というか、毎年応募しているのに出場できず、沿道から声援を送り続ける日々に嫌気が差して来た、というのもあるw
マラソンのTV中継では、我が地元からのリポートで「風も穏やかで…」などと行っていたので、こいつはクルージング日和だと、喜び勇んで海に出てみると、これがひどい荒れ様で、とてもゲートブリッジに近づくどころではなかった。
この写真も、転覆しそうな状態でやっと撮った一枚だったりするw(うん、確かに繋がっている)
「これはもう引き返すしかない」
船長であるオレの勇気ある撤退により、船員一同は命拾いしたのである。
一方、運河に入るとこれがとても穏やか。気温もそこそこ高く、結局水上からマラソンを応援する事になったのだった。
来年こそは走りたい…
110228.jpg

大江戸温泉物語
いや~、自宅からこんな近いところに、このようなパラダイスがあったとはw
オレがこの湾岸地方に移住したのとほぼ同時期にオープンしたにも関わらず、今日がデビューとなった。
今いちシステムが分からなかったというのが最大の理由だったんだけど、行ってみたらごく簡単。
入館料を払って入場し、浴衣を受け取って着替えたらあとはフリー。
館内は正に江戸のテーマパーク!入った瞬間からもう楽し過ぎ!
風呂に入るのはもちろん、食事するもよし、ビールを味わうもよし。
周りの浴衣姿のスッピンギャルは何だかめちゃ新鮮だw
ただし、甘味、酒、食事、ドクターフィッシュにマッサージと、何かする度に千円札がヒラヒラと飛んで行くのはどこぞのテーマパークと何ら変わりない。
しかも、キャッシュレスのシステムで、帰りに精算なので、そこは覚悟が必要なのである。
次回はぜひ平日に行ってみたいと思う。
110227-01.jpg

餃子の王将(マップ)
さて、オトナの遠足、3カ所目は「餃子の王将」。
大昔「大阪王将」ってのにはたぶん行った事あるけど、こちらの王将は初めて。
いつもばあやから「店名がフランス語の所以外で食事してはいけない」と教えられていたもので…

ま、そんなオレが皆さんのような庶民に、王将についてあれこれ語るってのもおかしな話。
だってみんな週5とかで行ってるんでしょ?
って事で、今回はこのアプリが活躍したのです。
パラパパッパパ~♪王将マップ~!

酸素カプセルは銀座のお店だったので、そこから最寄りの王将を探すのにこのアプリを使ってみた所、どうやら新橋烏森口付近にあるとの事。
あとはマップの誘導に従って行くだけで、難なく辿り着く事が出来た。
平日のちょっと遅い午後だったが、サラリーマンで結構混んでいた。
何だか生ビール呑むのも申し訳ない感じだったなw

ちなみに、「牛丼マップ」や「ハンバーガーマップ」もあり、こちらもかなり使えます。
110226.jpg
酸素カプセル
110225.jpg


裁判の傍聴を終えてもまだ昼どき。オトナの遠足はまだまだ続く…
というわけで、次は酸素カプセル。これも初体験。
色々効能などを調べてみると、どうやら気圧を上げる事によって酸素が血液に溶けやすくなり云々。
よく分からんまま、狭い室内に籠る。
店のお姉さんがスイッチをオンすると、たちまち耳が詰まってくる。
酸素が送り込まれているノイズを聞きつつ、室内のテレビをぼ~っと見てると、あっという間に襲ってくる眠気。
小一時間まどろんで外界に出ると、頭も身体もすっきりしている。ような気がした。
例えこれがプラシーボ効果だったとしても、実際すっきりしたのだから良しとする。
気に入ったので、また行ってくるよ♪
裁判傍聴その2
110224.jpg


昨日の続きだよ。
裁判の詳細を書こうとすると、どうしても長くなっちゃうので、また機会のある時にでも…
事件概要は以下の通り。
被告は共犯者4人とともに一人暮らしの女性宅に押し入り、女性に殴る蹴るの乱暴をはたらいた上手足を拘束。
現金数百万と貴金属を奪って逃げた。
が、この犯行グループには元締めがいて、奪ったものをその元締めに全て騙し取られるという、何ともマヌケなお話。

で、この傍聴で思った事。

犯罪、特に強盗とか殺人事件なんて、新聞やニュースで見るぐらいで、あまり身近なものという実感はなかったんだけど、実際にこうして裁判を目の当たりにすると、実は隣り合わせなんだな、と。
裏社会を普通に歩いてる人間ってのは、当たり前のように存在するのだなと感じた。
例えば乗った電車の同じ車両に、例えばスーパーのレジの同じ列に、これから犯罪を犯す人、犯罪を犯して逃げてる人なんかがいてもおかしくないんだな~と思い、背筋がぞわぞわした。
裁判を傍聴する事は、税金を納めている国民にとって当然の権利なので、是非一度体験してみる事をおすすめします
裁判傍聴
本日、久々にオトナの遠足というか、カミさんと平日デートに行ってきた。
通常なら舞浜あたりのテーマパークへ行って、帰りに蕎麦でも食いながら日本酒を・・・なんてパターンなんだけど、今日はちょっと趣向を変えてみた。
裁判傍聴→酸素カプセル→餃子の王将という、オレ的には初めて尽くしの旅。
長くなる恐れがあるので、今日はそのうち「裁判」について書いておく。

先述の通り傍聴も初めてなので、家裁、地裁、高裁と同じ建物内にあるうちの、地裁から始めてみる。
何事も社会勉強である。
まず建物に入ると、受付に、どの裁判所のどの法廷で、どんな裁判が何時に開廷するのか、というリストが置いてあるので、そこからお好みの裁判をチョイスする。
その中にも民事裁判と刑事裁判があり、原告と被告が争う民事裁判は時間も長そうだし、ビギナーにはちょっとヘビーだという気がしたので、刑事裁判に。
という事で、直近時刻の裁判(20~30ぐらいある)から、内容を吟味・・・と思いきや、9割がた「覚せい剤取締法違反」ときたもんだ。
これもまた、登場する被告の姿がビギナーにはきついと想像。結局「強盗犯」の裁判をセレクト。
特にこれといった申し込みも不要で、リストに書いてある法廷へ、案内板を頼りに向かう。
エレベータを降りると、長い廊下があって、その両サイドに各法廷への通路があり、それぞれの法廷に「一般控え室」、「当事者入り口」、「傍聴人入り口」などがある。
傍聴人入り口には裁判の内容、被告人の氏名などが掲示されており、「傍聴人は服装を整え、携帯電話の電源はお切り下さい」などの注意書きも貼られている。
所要時間は約1時間という事だったので、ひとまずトイレを済ませ、開廷までまだ20分程あったが、傍聴人席へと入ってみる。

と、長くなって来たので、後編はまた明日・・・
110223.jpg
iPhoneレビューその32・価格メモ/底値メモ
どちらも無料のiPhoneアプリ。
お買い物の強い味方だ。
「価格メモ」の方は、
「1980円でポイント3%付く場合と、1900円ポイントなしの場合、どっちがお得?」
とか、
「300gで150円のものと、350gで178円、どっちが安いの?」
などという計算を瞬時に行う事ができる。
コストコなんかだと、単位が大き過ぎてお得なのか何なのかよく分からんので、そんな時に使うのが良いかと。
勿論、「お買い物メモ」としての機能も付いており、「今日買うもの」、「今週中に買うもの」などと分類できたりもする。
110222-01.jpg

で、「底値メモ」は読んで字のごとし。
何が、どこで、いくらが今の底値なのかを逐一メモっておけるというものだ。
自分版「価格.com」といった所だろうか…
イマイチものの値段を理解していないオレにはかなり重宝なのだ。
110222-02.jpg

サッポロ一番・ご当地シリーズ「函館・塩らーめん」
110221.jpg


久々のご当地シリーズ。っていうか、久々のインスタントラーメン。
こいつはなかなかさっぱり上品な仕上がりで、スープは粉末のみ。お湯の量は450ccという仕様。
函館が「塩らーめん」という印象はあまりないんだけど、ま、そこそこの仕上がりで満足である。
が、これに更に何を足すとよりいっそう美味しくいただけるかが思いつかない。
いっそ「肉野菜炒め」とか入れてみる?
PV撮影
久々にPV撮影なんぞしてきた。
思えばラブタンさんのアレ(直リンできないのでご紹介できないw)以来2年ぶりぐらいなのだなぁ・・・
3月ぐらいには大々的に発表できると思うので、もうしばしお待ちください。
110220.jpg
非実力派アイドル?

昨日のブログで、その後Twitterにて
「そういえば昔のアイドルは歌が上手かった。上手じゃないアイドルが主流になったのは誰あたりからだろう?」
って話題でひとしきり盛り上がった。
以下、候補に挙がった人たちw
おニャン子クラブ

菊池桃子

安田成美

大場久美子

原田知世

浅田美代子


いや~、見てると頭クラクラしてきますw
今聴くと怖い曲
いや、ホラーとかそういうもんでもなく・・・
当時はまぁ普通に聴いたり、口ずさんだりしてたけど、今思えば
「女ってシレっと恐ろしい事言うなぁ・・・」
って思う。
例えばコレ。石川ひとみ「まちぶせ」

・・・ストーカーやんw
ちなみにユーミンの作品ですね。

それからコレ。河井奈保子「けんかをやめて」

・・・単なる二股からの痴話喧嘩やんw
こちらは竹内まりやさんの作品。

他にも何かあった気がするけど、今ぱっと出て来ない・・・
疵 花形敬とその時代
110217.jpg
 
戦後のどさくさから生まれた、いわゆるヤクザの各派の中で異彩を放っていた独りの男「花形敬」。
素手の喧嘩では敵う者がおらず、あの力道山でさえ一目置いたと言われる実在の人物。
その生い立ち、周辺環境などから時代の流れなどを振り返った一冊。
PCの検索ボックスにその名前を入力すると、本人の動画まで出てくるという現代にも驚くが、本を読んで想像するイメージとは全く違う、小粋な出で立ちにも驚いた。
暴力団の存在を是とするつもりは毛頭ないが、独りの男の生き方としては、少なからず興味深いものがある。

あと、この本で一番驚いたのが、敗戦のわずか2日後にヤクザが出した新聞広告。
「転換工場並びに企業家に急告。平和産業への転換は勿論、其の出来上り製品は当社自発の適正価格にて大量引受に応ず。希望者は見本及び工場原価見積書を持参至急来談あれ」
みたいなやつ。
ここから、いわゆる「闇市」ってのが始まったわけだが、この生命力というか、切り替えの早さと機転、商才には見習うべきモノがある。
冬のドラマ
って事で、今日もテレビドラマ関連の話。
とりあえず今回もほとんどの作品を1話から見てみたんだけど、うーむ…
何と言うか、イマイチな感じで、オレの中ではいつ視聴打ち切りになってもおかしくないものが多い。
ちなみに、録画を失敗して打ち切りになったのが数本w
そんな中にあって、どうしても展開が気になるのが月9「大切なことはなんちゃら」って長いタイトルのヤツと、渡鬼ファイナルシーズン。
月9はかなり視聴率がヤバいという噂(「デカワンコ」にも負けてるらしいw)だが、何せ武井咲ちゃんがカワイイ。河井過ぎる。
そして渡鬼は、ホームドラマでありながら、先の読めないほどのスピードで話が展開しており、もはや「ジェットコースター・ホームドラマ」といってもいいだろう。
ラストという事もあってか「何でもアリ状態」な気がする。
それから、番外編だけど、テレ東の月10「最上の命医」も、主演の斎藤工って人がイケメンなので観ているw
110216.jpg
岸部一徳
元ザ・タイガースのベーシストと、ミュージシャンとしては大先輩である。
タイガース後も「井上堯之バンド」などでバリバリ弾いており、あのジュリーの「時の過ぎ行くままに」が最後の参加作品だとか…
で、この所のこの人の演技がとても面白い。
特に、不毛地帯や医龍あたりでの怪老人ぶりと、今日曜にやってる「SCHOOL」での好々爺ぶりのギャップがたまらんw
当たり前だけど、この人にしかできないよな~アレは

ちなみに、ベーシスト出身の名俳優といえば、他にも故いかりや長介さんや、このブログでも書いた事のある中村梅雀など、かなり個性派が多い気がするです。
110215.jpg
ミステリーツアー
昨日「北国に来ている」と書いたのは、実は小学生の息子がお年玉でオレを招待してくれた、「バスで行くミステリーツアー」。
当日まで行き先が分からないが、それがまた魅力の一つでもある。
我々は当日も、あえて行き先を聞かず、結果的に福島県は磐梯山にあるお宿に着くまで、ガチでミステリーだったのだが、そこでいただいた行程表には翌日の予定表も載っていた。
つまり、事実上の「ミステリー」はこの時点で終了。
と思いきや、2日目の朝、息子が持病の偏頭痛を発症。どうにこうにも動けない状態。
以降のスケジュールを全てキャンセルして、我々のみ自力で吹雪の山を下り、ローカル線で郡山まで出て、新幹線で東京まで帰ってきた。
新幹線を待つホームで
「まさか、新幹線で帰って来る事になるとは・・・」
と呟いたオレに対し、ようやく復調してきた息子がニヤリとして一言
「ミステリーツアーだからね」
20110213.jpg
雪国
雪深い温泉地に来てます。
露天風呂、サイコーです♪
SHOT NOTE
110212.png

先日も「最近注目」と書いたKING JIM社が、新たにリリースすた新製品。
一見フツーのメモ帳のようだが、こいつがなかなかどうして、男心をくすぐる逸品なのだ。
使い方を簡単に書くと

1.手書きでメモなどを書く
2.メモ上部の所定の欄に、通しナンバー、日付など入れておく
3.iPhoneのアプリ(無料)で読み込む

というだけの流れだが、この読み込み作業の時に、メモ四隅のマーカーをある程度の位置(ガイドが表示される)に収まるようにするのがポイント。(かなりアバウトな感じで大丈夫)
そうする事によって、アプリが自動的に台形補正してくれて、あたかもコピーやスキャンしたような状態で保存できる。
で、保存したデータはメールに添付するもよし、pdfとしてevernoteに送るもよし。
デジタルとアナログがいい感じでミックスされているのが好みです。

Nike fwd
昨夜、タスキが送られて来た。
何のタスキかというと、これだ。
シンプルに言うと「Nike+というiPod、またはiPhoneのツールを使って走る駅伝」である。
しかし単なる駅伝ではない。世界レベルのレースなのだ。
詳しくはサイトを見ていただきたいのだが、実はオレが参加させてもらったチームは、現在総合トップを走っているらしい!
タイムなどは一切関係なく、2月28日のゴールまで、何人でタスキを繋いだか、そして何km走ったかを競っているらしい。
10kmしか走ってないオレが自慢するのもアレだが、現在34人で450kmあまりを走破。
「我こそは!」という方がいたら是非ご参加を!
110211.jpg
全裸のすゝめ
ひと頃、岩盤浴ってのが流行ったんだけど、オレが二の足を踏んでいたのは「紙パンツ」なるものを装着しなければならないという掟があるらしい、と聞いていたからだ。
そんなもの履くぐらいだったら、いっそ全裸の方が潔いし、気持ちよかろう。

「紙パンツである必要は何なんですか?全裸じゃダメなんですか?」

もしその状態で火災やら地震やらに遭って、屋外に避難しなければならなくなった時、紙パンツなんて絶対嫌だ。
いっそ全裸の方が…
あの名作映画「ターミネーター」で、A・シュワルツェネッガーが全裸で現在に降り立つ名シーン、もし紙パンツなど履いていたら、絶対にあの映画はヒットしなかったハズ。

などと言いつつ、先日誤って行ったメンズエステでうっかり履かされてしまったのだ、紙パンツ。
思ったほどみっともない感じではなかった。「不織布でできたトランクス」という感じだった。
でも、あれ履いて避難するのはイヤw
schwa01.jpg
戦国カラー新聞
110209.jpg

早くも物議をかもしている今年の大河。
「天地人」と「篤姫」あたりのアレな部分だけを引き継いでいるようないないような…
ま、いいんですよ。オレはそんなに時代劇マニアでも歴史フェチでもないので。
家族で楽しめればオッケー♪
それはそれとして、この本、かなり面白いです。
戦国時代の主なニュースを新聞形式で紹介。
例えば、父・信虎を追放した武田信晴(信玄)にインタビュー
「父の悪口は言いたくないんですが、サイテーな人間でしたね~」
などというコメントを引き出しているw結構この辺りはやりたい放題w
同じページには、「おくやみ」欄で北条氏綱の訃報が載ってたり、「海外ニュース」の欄ではコペルニクスが地動説を唱えたニュースが載っていたりと、かなりそれっぽく作ってある。
そして信長が死んだ日の見出しは巨大!
さくさくっと歴史の美味しい所を味わえるネタ本です。
鼻ぽん
「男は黙って鼻ティッシュ」
などと独りTwitterで呟いていたら、親切な方がこのグッズを教えてくれた。
関西の方では普通に売られてるらしいんだけど、こちとら見た事がなかった。
用は脱脂綿的な素材でできた「鼻栓」。これまでオレはティッシュ丸めて突っ込んでたのです。
今年の花粉はスゲーって話なので、品薄になってからでは遅いと思い、ソッコーでアマゾンで注文。
このフォルムもさる事ながら、ほんのりめんそーれメンソールの香りがしみ込ませてあり、お鼻に優しいのです。
せっかくなので、先端部分に毒針でも仕込んで、ジョギング中に出くわした歩き煙草のジジイに向けてスポーン!と…
でも、誤って鼻をすすって吸い込んでしまったらエラい事になるという、正に諸刃の剣…
110208.jpg
ドナルドのフィルハーマジック
あの「ミッキーマウスレビュー」跡地にできたTDLの新アトラクション。
正式名は「ミッキーのフィルハーマジック」だが、明らかかに主役はドナルド。
要は3Dシアターで、ディズニーの名曲と共に繰り広げられるドナルドの大冒険。
キャプテンEO→ミクロアドベンチャー→マジックランプシアターと、TDRの3Dの歴史があるわけだけど、現代のCG技術の凄さを改めて堪能できる作品だ。選曲もオレのツボにかなりはまる。
そして、このアトラクションの利点は、ソフトウェアの入れ替えだけで新アトラクにできる事かな~
見た目は長~い待ち列が出来ていても、実質そんなに待たないで入れると思うので、是非一度観てください♪
110207.jpg

A-JARI集合

昨夜は、久々にあじゃり的な人達と新年会。(約一名、政治活動が忙しいため欠席)
昔と変わらず、話は常にあちらこちらに飛びまくり、いたずらに時は過ぎたけど、ただ一つ
「人生は短い。やれる事はやっておこう」
と言う点では意見が一致。うん、珍しい。

と言う事で、とりあえず動き出してみる事にしたよ。ゆっくりだろうけど。

写真に、見覚えのない人や昨日も登場したナレーター的な人がが写ってるけど、基本、近くにいて連絡の取れた人はこういう時捕獲されるのが我々の掟なのだ(・∀・)
大楽倫幸という男
大楽倫幸(だいらくともゆき)。本業:ナレーター。
いつか「長い夜」をアコギで弾き語るのが夢と語るアツイ男。

・・・実はTwitterを通して最近知り合い、昨夜初めて会ったんだけど、いや~愉快なヤツです。
ナレーターというだけあって、居酒屋でもよく声が通り、店員さんを呼ぶのも彼の仕事。
「声を無駄遣いするんじゃないっ!」
などと周りにも突っ込まれてたw
本業以外にも、かなり色んなことをやってる男なので、是非彼の今後に注目してみて下さい。
あ、声はここで聞けます♪
110205.jpg
ウナギの卵
110204.jpg
このほど、日本の学者チームが、人類史上初となる「ウナギの卵の採取に成功した」というニュース。
どのぐらい凄い事かというと、謎の多いウナギの生態は、古くは紀元前から研究され、あのアリストテレスも悩んだという歴史を持ちながらも現代までほとんど解明されなかった、というほど。
特に産卵に関しては研究が難しく、その卵は直径は1.6ミリ程度で半透明。しかも産卵後1日半でふ化してしまうというせっかちぶりで、天然の卵の採取はまず不可能とされていたのだ。
ま、ウナギは寂し過ぎると死んでしまうというぐらい寂しがりやなので無理もないか…
とにかく、この発見により、今後のウナギ業界に革命が起こる事は間違いない。

ところで、もしこの現場に高田純次がいたら…
「ほ~う、これがウナギの卵ですかぁ~…パクっ」
ってな事をしてくれたに違いないなどと、車を運転しながら考えていたら笑い死にしそうになってしまったのは秘密だw
秋分の日が
来年の秋分の日は9月22日。なんとこの日が秋分の日になるのは116年ぶりだとか。
そもそも、春分の日と秋分の日は、国立天文台が太陽と地球の位置関係を計算して、前年の2月1日に発表するんだって。知らなかったよ…
ってか、もっと早い段階で何年後かぐらいまで決められないものなんだろうか?
ま、ともかくまた一つ賢くなれたよw
人間一生勉強だな~…

では次は「4月1日生まれは何故早生まれなのか」という話題。
いや、長くなるのでまた今度…
110203.jpg
ブギーボードその後
定価5000円弱のブギーボードであったが、アマゾンで3700円ぐらいのを見つけ、更に手持ちのギフト券1000円分を使ったので、都合2700円(送料込み)で買った事になる。
で、その後色々調べてみると、このような付属品がある事を知る。
これはペンを失くす前に買っておかねばと思い、色々ネットを調べてみるが、こちら本体価格420円に対し、送料が500円かかるとか、通販向けの商品ではない事が分かった。
で、ハンズとか色々見て回ったけど見当たらないので、輸入総代理店であるところのキングジムさん(最近密かに注目している会社だったりする)に問い合わせ、
「銀座の伊東屋さんなら確実にあるでしょう。サイアクでもすぐにお取り寄せ可能」
とのお答えをいただいた。
その日のうちに購入、今は冷蔵庫に貼り付いているブギーボードくんであった。
で、何に使うの?
110202.jpg
地元ライブカメラ
110201.jpg

今日、知人が首都高でカマを掘られたとの連絡を受け、早速首都高速HPのライブ道路交通情報を確認すると、案の定その部分が真っ赤に。対向車線も見物渋滞のためかオレンジ色になっていたw
で、せっかくだから、ライブカメラの映像なんてないのかな~と、色々と検索していたら、たまたまたどり着いたのがこのサイト
首都高とは全く関係ないうちの地元で、前の前の前ぐらいに住んでいたマンションからの映像と思われる。(当時のうちとは向きがちがうんだけど)
見つけたのが夕方で、暮れてゆく地元の風景にもかなり癒されたんだけど、イヤホンから聞こえてくる街の雑踏にもかなり和んだ。(この時点で首都高の事故はもうどうでもよく…)
子供の遊ぶ声、布団を叩く音、運河を行く船のエンジン音…
スクリーンセーバー代わりにしたり、遠くから地元を感じたりするのに最適なサイトですな、これは。
皆さんも是非遊びに来てください♪
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.