新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

台風接近中
今年は少ないな~と思ってたけど、最近になってキテるね、結構。
今のやつ(15号)は、台湾あたりで人間とか観光バスを吹っ飛ばしてるってえからタチが悪い。
もうすぐ日本にも上陸するみたいなので、天気予報でこんなマークが出てる地域の人は充分注意してくださいね。
間違っても「ちょっと波の様子見に行ってくるわ」とか言い出さないように。

typhoon.jpg
駐車場の音
parking.jpg
先日も書いたうちの地下駐。
車を入れる時に、まずはスロープを下って、リモコンでシャッターを開ける。
で、自分の区画の所まで来たら、キーを使ってゲートを開けるんだけど、その時に「ピーッピーッ」って警告音が鳴るんですよ。
んで、車のドアを開けると「キーが付いてまっせ」って警告音が、やはり「ピピピッピピピッ」っと鳴る。
つまり、車を降りてゲートを開けるまでの間、この両方の音が鳴ってるんだけど、これが結構辛いのだ。
車の方はCよりちょっと低いぐらい、ゲートの方はBよりちょっと高いぐらい。
つまり、半音より狭い範囲の違う音程が同時になっている状態。
しかも、テンポはほぼ合ってたりするんだな、これが。ちょうど120BPMぐらい。

古畑任三郎の第3シーズン(だったかな?)で、市村正親が指揮者を演じた回で、「水槽のモーターの音が外の雨の音と合っていなかった」とか、「BGMのホ長調とファックスのヘ長調が・・・」などと、いわゆる「不協」を嫌がる場面があったが、こっちは不協どころじゃない気持ち悪さだ・・・
食い物に例えるなら、グレープフルーツを皮ごと食べながら、牛乳を飲むようなものだ。
引っ越してはや半年、この短い間に6回もキーを抜き忘れて置いてきてしまったのは、きっとそのせいだな。
クラス会
またまた本日、高校の時のクラス会があった。
「クラス会」の名目では、ほぼ年1で行われており、別の名目(クラスが違う人も含む飲み会 )では、数ヶ月に一度のペースで行われている。
もちろん、中には何人か、名前も分からないまま盛り上がっている人もいるが、それは内緒である・・・
cocoa080917.jpg
(写真と記事は全く関係ありません)
花畑牧場の生キャラメル
4億の借金を抱えた田中義剛の、起死回生の一発。逆転満塁ホームランといったところか。
いや~、魂を感じる味だぜ。

namachara.jpg

豊洲大橋
また一つ、地元に橋が出来る。
写真で一番手前に見えるのが「晴海大橋」。豊洲から晴海を通って勝鬨橋の方に繋がる橋だ。
その中央左上に奥ゆかしく頭を出してるのが、レインボーブリッジ。
晴海大橋のすぐ下に見える細いのが、今度完成する「豊洲大橋」である。
こいつができると、さらに新橋・汐留が近くなるのだ。
ま、その先にもう一つ橋が完成して、築地の市場が移転してからの話だが・・・

toyosu_oohashi013.jpg


詳しい地図で見る

ZOOM 25th
ZOOMとは、楽器関連のメーカー。オレのイメージでは「エフェクターの会社」。
マルチエフェクター9030が出た当初は、楽器屋まで走って買いに行ったもんだった。
ひょんな事から、新製品の開発に携わったりするようになり、本日、創立25周年のパーティーに呼んでいただいた。
ま、パーティー自体はふつーの立食パーティーで、後ろの方で地味に飲んでいたのだが、
「本日のスペシャルゲスト、神保彰さんです!」とのアナウンスを聞いた瞬間、気がついたらステージにかぶりついていたオレ様・・・
ドラマーとして、オレにとってある意味「神」なのだ!

というわけで、期せずしてありがたいものを拝ませていただきました。
ZOOM社の今後のご発展をお祈りいたします!!

zoom01.jpg
zoom02.jpg



小笠原が調子に乗ってる件
あ、小笠原といっても野球やサッカーの選手の話ではない。
風林火山に小笠原長時の役で出ていた、今井朋彦の話である。
思えばあの大河には、色んな役者さんが色んな殿様役で出演、色んな死に方をしてきた。
特に、諏訪頼重(小日向文世)などは見事な果て方だった・・・
そんな中でも群を抜いてヘタレだったのが、この小笠原だったのだ。 逃げ回った挙句、結局死んでないしw

んで、大河を終えた役者さんたちには、当然のように新しいお仕事がザックザクと舞い込むんだね。
例えば、前出の小日向さんは「太陽と海の教室」で理事長役がハマってたね。
山本勘助の内野聖陽さんはゴンゾウ、貫地谷しほりさんなどはかなりの売れっ子ですね。
しかし、殿様のまま、いまだに生き長らえているヤツが一人。そう小笠原である。
消臭プラグのCMはエスカレートする一方で・・・
歴代のCMもこんな感じですよ。

結構、ちょこちょこ色んな所に、おいしい役で出てるんだけどね~
「交渉人 真下正義」でシンバル打ってる人とか・・・
ツボ
ちょいと首を寝違えちまいまして・・・
どーにもこーにも首が回らないもんで、ネットで調べたら、出てくるわ出てくるわ。
んで、「ここを先の尖ったもので何度か刺激したら、すぐ直るよ」なんて書いてあったもんで、さっそく爪楊枝でつついてみたんですよ、写真の×印のとこ。
すると、どうでしょう!
「すっかり完治」ってなワケにはいかないものの、ほんの数回突きまわしただけで、かなり首が回るようになった。
さっきまでの「ロボコップ状態」が嘘のように。
いやー、東洋医学は侮れないなと思いました。

tsubo.jpg
DOORS
毎年、秋の番組改編時期になるとTBSで放映される番組。
要はSASUKEもどきの、芸能人参加バラエティで、内容自体特にどうって事はないんだけど、ロケ地が東雲運河をはじめとする我が地元で、かなり大掛かりなセットが組まれる。
しかし、これだけ大掛かりなのに、一度もロケを見かけたこともないし、「ロケやってたよ」なんていう地元の噂も耳にしたことがない。
いつも油断している間に終わっているようだ・・・

shinonome-unga.jpg
マイカート
日々の買い物を、更に楽しくするグッズとして買ってみました。マイカート。
名付けて「ノーチラス号」。
上段のかごは折り畳む事も、もちろん取り外す事も可能。
カート本体も、ワンタッチでペッタンコになる。
元々は、家の地下駐から部屋まで、大荷物を運ぶ目的で買ったんだけど、近所のスーパーでなら、店内に持ち込んで大量の買い物をし、そのまま押して帰って来る事もできる。
足回りもかなり軽快で、今後湾岸で大ブームの予感?
Nautilus.jpg





シフォン&ココア
ここまで仲良くなりました・・・
何だか嬉しいやねぇ~

オレもいつか、天敵だったあの人とかあの人なんかと仲良しになれるんだろうか・・・
CC080918.jpg
田んぼにミッキー?
稲穂で描いたミッキー登場

智頭町木原の約700平方メートルの水田に、彩りの違う2種類の稲穂で描いたミッキーマウスの「田んぼアート」がお目見えし、地域の話題になっている。

 地元の農業佐々木賢次さん(57)が、登下校する子どもらを楽しませようと、デザインを考えながら5月に田植え。背が高くて濃い緑色の稲穂をつける古代米を基調にし、顔の部分は黄金色に実るコシヒカリを使った。稲穂が垂れるのにつれ、かわいらしい顔がくっきり。

 佐々木さんは「細かい部分は妻と手植えした。想像以上にうまく出来た」と満足そう。コシヒカリは21日に収穫する予定だが、古代米を刈る10月半ばまでは楽しめるという。


というニュース。

おいおい、無茶しやがって・・・
黒い服着たアメリカ人が稲刈りに来ちゃうぞ~
何せ、子供たちが学校のプールに書いたものまで消しちゃう、悪魔のような軍団なんだから・・・

と心配したけど、似てないから大丈夫だな、こりゃ。
20080917-4368021-1-L.jpg
FIREメンソ~レ
いや、メンソールだった・・・
缶コーヒーで「メンソール」ってどんなんだろ?って思って飲んでみた。
正直、どの辺がメンソールなのか、さっぱり分からなかったのだが、基本的に後味はすっきりだった。気がする。

昔はアホみたく毎日缶コーヒーを飲んでいたが、ここ数十年、いや十数年さっぱり飲まなくなったなぁ~
FIREMENTHOL.jpg
さらば夏の空~音楽編
ということで、80年代J-POPにやたら詳しい友人に、色々セレクトして送ってもらった。
週末の午前中、こいつらをBGMに、海沿いの町を旅してみた。

思えばあの頃、この辺りの音楽を毛嫌いしてたんだけど、その裏には憧れみたいなものもあったのかもしれない・・・などと自己分析してみたりして。
杉山清貴とタモリの区別も怪しかったけどね。

あ、そういえば1986オメガトライブのギター・黒川さんには、デビュー後、夜ヒットの楽屋なんかで、何かとアドバイスをいただいたっけ。
ギターの音作りだの、バンドのあり方だの・・・今思い出したw
見た目はヤ○ザみたいだったけど、1000%いい人なんだぜ。

sugiyama.jpg
K-J
一部では重病説なども出ているようだが、ちょくちょく有明の国際フォーラムで見かけるよ。
なかなか元気そうだ。
「マサオがディズニーランドばっかり行って困る」って言ってたよ。

jongiru.jpg
東京ディズニー海
三連休の中日、混雑間違いなしという日に、あえてワンデーパスで行って来た。
シーはもう何年ぶりだろう・・・
でも、年間パスポート所持の頃と同じく、朝から「ニューヨークデリ」でビールからスタート。
相変わらずまったりコースで回ってみた。
しかし「タワー・オブ・テラー」などという新しいアトラクションが出来ていたので、とりあえずチャレンジ。
こいつがまた何ともウトゥンドゥーな・・・いや、ネタバレはやめておこう。

ランドは入場制限されてたらしいが、シーはどうだったんだろう?
とにかくやたら混んでいたが、奇跡的にかなり満喫できた。

もうお腹一杯なので、また数年後!

TOT.jpg
江戸川中央図書館
ちょいと調べ物をするため、書籍を検索していた。
あ、こんなページを使うと、都内の図書館をくまなく一気に探せるので便利なのだ。
んで、江戸川中央図書館ってとこに目当ての資料がある事を知った。
早速車を飛ばして、行ってみたんだけど、ここすげーわ!
3フロアあって、しかも各フロアがかなり広い。しかもキレイで、「資料検索マッシーン」もたくさんある。
探し当てたら「メモ」ってボタンを押すと、レシートみたいなのが出てきて、それを頼りに書棚を探すもよし、館員にお願いして持ってきてもらうもよし・・・
DVDなんかもかなり充実している様子。

うちからは車で30分ぐらいかかるんだけど、お近くの人は是非利用してみてください。

thoho.jpg
新日本石油・田沢のケース
いわゆる「社会人野球」のエース。都市対抗で見事優勝し、その実力を知らしめ、この秋のドラフトの目玉となるはずだったが・・・
「日本のプロ野球に入る気はないので、指名しないでねっ」と、12球団に通達を出した。
実際に、Rソックスを含むメジャー5球団が、彼の獲得に動いているという話だ。
基本的にアマチュアの選手がメジャー入りする事を禁止する規定はない。
ただ、日本プロ野球機構とMLBの間には「日本の選手は日本のチームが優先して獲ることができる」という「紳士協定」みたいなものはあるらしい。
そこで、NPB関係者は文句タラタラ。特に読売の滝鼻オーナーは「そんな事をしたら国交断絶」などと、恫喝まがいの事まで言い出す始末。
だが、ちょっと待って欲しい。かつて、同じくメジャー入りを希望していた、大阪体育大学のエース・上原投手は、やはりこの「紳士協定」に従い、日本の読売何とかというチームに入団した。
その結果、見事な成績を残した反面、自分とは全く関係ない個人タイトル争いに巻き込まれ、不本意ながらマウンドで人目もはばからず涙を流す、という事件があった。
プロ野球選手を目指していた当時の野球少年・田沢くんは、この、ファンをないがしろにした日本プロ野球の1シーンを見てどう思ったのだろうか?

今、日本のプロ野球はかつてないほどの人気低迷にあえいでいる。もちろんそれに伴い、実力も(オリンピックがそれを証明している)
その原因について、当事者こそがもう一度襟を正して反省しなければならないのではないだろうか?

などと、どっかの社説みたいなこともたまには書いてみる。

tazawa_size5.jpg
デジャヴ
ここ数年、家でDVDを鑑賞するという習慣がほとんどなくなっている。
観たい映画は観に行ってしまうとい事が多いし、家ではそれなりにするべきことが多かったりするのだ。
でも、見損なった作品も当然あるわけで・・・
そんな中、先日の広島戻りの新幹線内で観たのがこの「デジャヴ」。デンゼル・ワシントン主演で、ジェリー・ブラッカイマー監督、2006年の作品だ。
とっくに観た人も多いとは思うけど、ネタばれはやめておこうっと。
いや~、でもかなり面白かったよ。

同じく車内で「ボーン・スプレイマシー」も観たけど、こちらもかなりハマった。
そして、この2本を見終わってもまだバッテリーが残ってたマックブックにも萌えた・・・

chiffon.jpg
(写真と記事はまったく関係ありません。)
ブラックホール作るべな
スイスで今日から始まった壮大な実験。

「1周27キロの地下トンネルのリングに世界最大級の超伝導電磁石約1700台を並べ、陽子の集団をほぼ光速まで加速して正面衝突させる。 」
つまりビックバン、宇宙の誕生といわれている事象を再現できるんだって。
こんな事して、本当に宇宙ができちゃったらどうするんだYO!
更に「ブラックホール」も作るそうで、アメリカ辺りでは「ふざけんな!」って事で、差止め訴訟まで起こっているとか・・・

いや~、いずれはこのような事↓になるのかと思うと、もうワクワクしちゃいますね~
(動画はイメージです。だそうです)
羊祭り
ザギンでスカンギンジしてきた~
「銀座でジンギスカンを食ってきた」って言うのを、無理やり音楽業界用語で言うとこんな感じになる(いやならない)んだが・・・

ポロサツにクーイーできなかったので、そのベンジリ。
今年は北の大地に行く事ができなかったので、そのリベンジも兼ねてだが、夕方以後は東京もそこそこ涼しく、快適なビアガーデンだよ。

ってか、最近、音楽業界でも業界用語なんて使う人はとんと見かけなくなったね~

P1130614_convert_20080910010535.jpg

ちなみに、好きなだけ飲んで食って、一人頭F万F千。俺たちのような腹ペコヤングにはお得だ!
マウスマウスパッド
そういえば、先日「シルク~」を観に行ったついでに、超久々にディズニーストアに寄ってみた。
ここの置くにはコレクター垂涎もののセル画とか、フィギアなんかがあって、過去にオレも相当衝動買いによる出費を強いられているので、なるべく必要以外には近づかないことにしているのだが・・・
ま、今回はこういった小物類で済んだけどね。

なかなか使い勝手もいいんだよ、これ。

mousepad_convert_20080908234117.jpg


ホテルグランヴィア広島
いや~、夜はマッコリにすっかりやられました・・・
というわけで、お宿に帰ってきたんだが、枕がテンピュール。
しかも禁煙ルームで超快適ですよ。
なかなかやるな、ホテルグランヴィア。

さ、寝るか・・・

P1130609_convert_20080908030921.jpg
ライブ終了!!
待ってろよ~お好み焼き。
あ、昼にもう食ったけど。

P1130607_convert_20080908014601.jpg
広島一人旅(携帯から書き込みテスト)
先日も書いたが、今日はラブタンさんのライブのため広島へ。
他のメンバーは前乗り(前日移動)してしまっているため、一人で向かう。
8時10分ののぞみって事で、さすがの東京駅15分圏内のオレ様も6時起きですよ。

それにしても、どんなに早い時刻でも、新幹線に乗るとなぜか腹が減る。
ホームの売店で「鶏づくし弁当とエビスを二本買って乗り込み、早速その一本目を流し込んで時計を見ると、何とまだ7時台。
この時間帯のビールはガツンと来るね~

んで、弁当を食い終わってもまだ品川も通過してない。
長げ~よっ!!一人旅…

んじゃ、また後で。

P1130594_convert_20080907123956.jpg

P1130596_convert_20080907124400.jpg
誰?
地下駐車場で、車を出そうとしていたら、どこからか人の気配が・・・
見回しても誰もいないのだが、確かに誰かいる。ような気がするんだ。
おそらく、天井のダクトの中、マクレーン警部あたりだろうと思う。

blueswilis.jpg
打撃天使ルリ
またまたテレビの話ですいまめ~ん!
ただでさえテレビ小僧な上、この時期、改編ラッシュなので、自然とテレビネタが多くなっちまいますやね。

という事で、今日のネタはテレ朝系・金曜深夜枠(オレ的にはお馴染みの枠なんだけど)の「打撃天使ルリ」。本日が最終回でした。
菊川怜も頑張ってたけど、オレ的には同枠の一個前「キミ犯」の、「ささやき刑事」こと升毅と、「前田銀次」こと池田努の引き続きの出演に心奪われるものがあった・・・

そして何より、同じ「打撃人類」としては、この世の悪を駆逐していかなければと、改めて心に誓ったのであった。

では、皆さんご唱和ください。
1、2、3、
だしゃ~っ!

ruri.jpg

マキダイ
朝のドラマ「瞳」において、MAKIDAIこと眞木大輔ことEXILEのダンサーの大根っぷりがかなり評判を呼んでいた。
瞳マニアの間では「STICK(=棒・棒読みだから)」とか「レジェンド」とのあだ名で親しまれている。
が、ここ終盤に来て、かなり演技が板について来ているのだ。

さて、同じく演技者としては素人の高田延彦総統もこのドラマに出演しているのだが、過去の大河ドラマで悪評を呼んでいたにも関わらず、現在はこのSTICKさんのお陰でかなりの演技力に見えてくるから、対比というのは恐ろしいもの・・・

hitomi.jpg
さらば夏の空・・・
何だか、今年の夏は短かったなぁ~
バタバタしている間に終わっちゃった感じだよ。いや、まだバタバタはしてるんだけどね。

また来年、この空に会える日を・・・などと感傷に浸ってたら、、久々に稲垣潤一とか杉山清貴とか聴きたくなって来ちゃったよ。
いや、よく考えたら今まで聴いたことなかったわ、ちゃんとw
林哲司さん、元気かなぁ・・・

natsu_no_sora.jpg
「学校へ行こう」終了
TBS系で毎週火曜日に放送していたV6の番組「学校へ行こう」が11年の幕を閉じた。(らしい)
最近は見てなかったけど、2000年~2003年頃は大好きで、ハマってたんだよなぁ。
「BE-RAP」とか「みのりかわ乙女団」とか、あと「どこへ行くんですかゲーム」とか「未成年の主張」とか。あ「イノッチ・ナイト」ってのも最高だったな。
パークマンサーとか、今何やってんだろう・・・?

それにしても、同じ頃やってた「ガチンコ」とかもそうだけど、TBSってこういう「濃い味」の半素人を一体どこから探して来るんだろうね・・・

park.jpg
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.