新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

テレ東深夜の30分ドラマ

以前にもここで書いたけど、最近「ドラマは1話30分ぐらいがちょうどいいな〜」などとつくづく思っている。
どっちにしろリアルタイムでは見ないんだけど、テレ朝の金曜深夜、「下北沢ダイハード」(古田新太主演)、 「CODE:M コードネームミラージュ」(桐山漣主演)、「デッドストック」(村上虹郎主演)の3連発がたまりません。
「下北〜」については、ここでは語ってなかったね。
古田新太主演となってるけど、彼は単なるナビゲーターで、1話ごとに違う脚本家が、下北沢を舞台に、やや演劇的なドラマを制作、というもの。
初回〜3話ぐらいまで、連続して主役が変態だったので、そういう縛りがあるのかと思いきや、そんなこともないみたいだ。

170822.jpg


からの本格アクションドラマ→ホラードラマという流れ。
これ、深夜にリアルタイムで観てる人は、きっと幸せに違いない。


【ドラマ】「ウツボカズラの夢」
フジテレビ土曜深夜23時40分。いわゆる「大人の土ドラ」枠。
主演は泣き顔と笑顔がブサイクと評判の志田未来ちゃん。
あ、オレが言ったんじゃないよ。
「泣き顔がブサイク」は以前やってた「レンタル救世主」ってドラマでそういう設定になってたのと、「笑顔がブサイク」は実のお母さんが言ってたんだよ。
で、内容だけど、再婚した父親とその嫁から邪魔者扱いされ、無理やり親戚の家に預けられたヒロインが、あらゆる手段を使って、その家族を取り込みんだりして、成り上がって行く的な内容っぽい。
その「あらゆる手段」ってのが、かなり昼ドラっぽいエグさになりそうな予感。
まあ、この枠には相応しい内容だと思うので、展開に期待したい。

170817.jpg


関係ないけど、急にまたウツボカズラを育てたくなり、買ってきた翌日、「マツコの知らない世界」で食虫植物を特集してて驚いた。
ちなみに、同番組内で紹介されてた「うな次郎」も、前日に食ってた(・∀・)

【ドラマ】「デッドストック」

テレ東金曜深夜、村上虹郎主演の30分ドラマ。
早見あかりんと田中哲司さんがレギュラー。
3人はテレ東旧社屋の「未確認素材センター」というところに勤めており、過去のビデオテープなどを整理するのが仕事なのだが、そこには曰く付きのものが数多くあり、眠っていた怪奇現象を掘り起こしてしまう的なホラー。
コンパクトな作りながら、かなり楽しめる、というか、深夜に独りで見るのはちょっと怖いかも?

170804.jpg



【ドラマ】「あいの結婚相談所」

テレ朝金曜23時。山崎育三郎主演。
この枠は、「民王」や「都市伝説の女」、最近だと「家政婦のミタゾノ」、「女囚セヴン」など、比較的「自由な枠」といっていいだろう。
そして今回もそれに漏れず、かなり自由な作りだと思う。
よく言えば「山崎育三郎の正しい使い方」。悪く言えば「ただの悪ふざけ」。
公式ツイッターでは「山崎育三郎が歌って踊る婚活ミステリー」ってなってた。
その通り、全体的に 歌あり踊りありのミュージカル調なのと、育三郎の動きや衣装などから伝わってくるのは、どこかジョニーデップ風という感じ。
「チャリチョコ」や「シザーハンズ」あたりのテイスト?

動物行動学とやらの元准教授で、そのキャリアを活かし「成婚率100%」を誇る結婚相談所の所長を務める主人公は、かなりの毒舌家で、「言葉を選ばずに言うと」というのが決めゼリフ?のようだ。
ストーリーもそこそこぶっ飛んでいて、いろいろな要素を盛り込みすぎって気もしなくはないが、テンポは良く、あまり飽きさせない。
彼の仕事部屋にはなぜかピアノがあって、いきなり「ばばば〜ばば〜」とか歌いながら、Dフラットというややこしいキーで鍵盤を叩き始めたりするシーンなどあり
「このくだりは必要なのだろうか?」
と疑問に思ったが、最後にカップルをまとめあげた時に歌い踊る曲を作曲していた、というオチだった。(実際はEフラットになっていた)


第1話のゲストは加藤晴彦と市川由衣だったが、もっと歌って踊れるゲストをたくさん起用してくれたら、更に楽しくなると思う。

初回視聴率は5.1%。こんなもんだろう。

170801.jpg


【ドラマ】「黒革の手帖」

木曜21時、テレ朝。今回は武井咲主演。
松本清張原作で、ドラマ化されるのはこれが5度目ぐらい?
今回は武井咲主演の木曜21時テレ朝。そう、あの「ドクターX」などの本気枠なのである。
世間的にはゴーリキーちゃんや武井ちゃんは「またか」という空気もあるが、このドラマに関しては、脇役などもかなりしっかり固められている。
江口洋介、滝藤賢一、伊東四朗、奥田瑛二、真矢”諦めないで”ミキ、高嶋政伸など、そうそうたる顔ぶれだ。
第1話のゲストには、あの斎藤さんだぞがまさかの本人役で登場するなど、緩急の効いた造りであった。
基本的には、松本清張先生の原作の美味しい部分を踏襲しつつ、現代に置き換えた状態でうまく進んでる気がして、良いと思う。
初回視聴率は11.7%、第2話は12.3%と上々だ。

1770729.jpg
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.