FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

【ドラマ】「仮面同窓会」

溝端淳平主演、フジテレビ系土曜23時40分。「オトナの土ドラ」枠。
主役は気の弱いサラリーマン。
高校時代の友人3人と共に、当時の体罰教師に復讐をする事になる。
マンウィズばりに、動物の仮面を被り、その教師を拉致し、手足を縛り、袋をかぶせてボコる。
ちょっとした悪ふざけのノリで、ある程度痛めつけて解放したつもりが、その教師が遺体で発見される。
という第1話。
掴みとしては、なかなか面白かったので、もうちょい観てみる。
原作は、この枠で前にやってた「火の粉」の雫井脩介による小説なので、期待はできる。

初回視聴率は3.0%

190607kamendousoukai.jpg


そういえば、先日この枠で終了した「ミラーツインズ」の最終回をまだ観てないけど・・・

今日の推し役者・磯村勇人ふたたび

去年の暮れにも一度推した彼だが・・・

http://ryo63.blog40.fc2.com/blog-entry-3808.html

今季の「昨日何食べた?」で、ドSでジルベール似のゲイの青年、というかなり特殊な役を演じている。
いや、ジルベール似というのは、恋人(山本耕史)が勝手に言ってるだけだけど。
ゲイのカップル同士4人で食事するシーンがあったんだけど、西島秀俊、内野聖陽、山本耕史という、ただでさえ味の濃い人たちを相手に、一歩も引けを取っていなかった。
かなりカメレオンな若手である。
190601-01.jpg

ちなみにジルベールさんはこちら。
190601-02.jpg
【ドラマ】「黒の女教師」

2012年7月のドラマ。TBS金曜22時にやっていた学園ドラマ。
当然、このブログでも語っていたと思ったら、全く触れもしていなかった。
ドラマについて語り始めたのがこの頃のようで、観た作品全てに触れているわけでなないようだ。
で、何故今?って話だけど、ちょっと思い出してみたら、キャストが・・・
オレが学園ドラマを観る理由の90%は「役者の青田買い」。
未来のスターたちが、生徒役として活躍し、ブレイクの初めの一歩となるのを観るのが楽しいのだ。
で、この「黒の女教師」。
主役は榮倉奈々で、彼女にしては珍しい「ダーク・ヒロイン」だったのはとても印象に残っている。
「愚か者!」と叫んで、回し蹴りを食らわすのがお約束。
さて、こちらの生徒役だが、山﨑賢人、千葉雄大、土屋太鳳、中条あやみ、広瀬アリス、太賀、杉咲花、岡山天音、そして現在「パーフェクトワールド」で、松坂桃李の同僚の義足の青年を演じる松村北斗などなど。
どうです?今思えば何という豪華な面々。
もう一回1話から観てみたいぞ。

190528-00.jpg



ちなみにその前年1月期の月9「大切なことはすべて君が教えてくれた」の生徒役も並べてみる。
武井咲、剛力彩芽、菅田将暉、広瀬アリス、中島健人、石橋杏奈、伊藤沙莉、能年玲奈、岡山天音・・・
何人か被ってるけど、こちらも豪華だったね。
オンデマンドの利点と欠点

今シーズン、つまり2019年4月期のドラマで、現在も視聴し続けているのは、朝ドラ含め21本。
うち、リアルタイムで観ているものは1本もない。
全て、録画したものを、時間があるときに観ている。
この「録画」という作業も結構面倒臭くて、個別に設定するのも大変だし、デッキにお任せしておくと、いつの間にか容量が一杯になってたり。
で、ここ数年重宝してるのが、NHKを除く各局の「オンデマンド」による「見逃し配信」というやつ。
何が良いって、まずスマホやタブレットなど、色々なデバイスが使える。
つまり、電波さえあればいつでもどこでも観ることができるという事だ。
オレの場合、移動しながら、料理しながら、テレビを観ながら(?)、トイレにまで持ち込んだり・・・
テレビの前にいなくても観られるのは、何気に時間の節約にもなって便利だ。
ただし、基本的に見逃し配信は、放送終了から1週間だけ。これを過ぎると、最新話に上書きされる。
「見逃し」を見逃した場合、そのドラマにはもう着いていけなくなるのだ。
このせいでリタイアしてしまった作品が、今季も何本かある。
あとまあ、これは小さいことなんだけど、途中に挟まるCMはスキップできないというあたりがちょっとね。

車椅子に?

火曜日にフジ系列でやっているドラマ「パーフェクトワールド」(松坂桃李主演)で、
「事故で車椅子になってしまった。」
とか
「鮎川くんはいつから車椅子になったの?」
みたいな台詞回しがちょいちょい出てきて、その度に気になっていた。
「椅子になる」って

トランスフォーマーじゃあるまいし・・・

脚本はあの「ぽっかぽか」の中谷まゆみ氏。
知人の元奥さんであり、舞台のお音楽をお手伝いさせてもらったこともあるので、あまり悪くは言いたくないんだけどね。
そういえば、前クールの金曜20時にテレ東でやってた「記憶捜査」(北大路欣也主演)でも、毎回の冒頭、説明ナレーションで
「とある事件から車椅子になってしまった鬼塚は・・・」
なんて言ってたけど、指摘があったのか、3、4話あたりから
「車椅子生活に成ってしまった鬼塚は・・・」
に直ってた。

なんてことを、昨日、電車の中で観た「白衣の戦士」(ポーリン主演)での
「傷が残ったら水着になれない・・・」
なんてセリフ聞いてて思い出したのさ。
「水着姿になれない」が正解だけど、ま、この場合はそこまでしなくてもいいかな〜。というオレ様ルール。

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.