FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

【ニュース】無観客ゆえの・・・
珍事!両軍に実況筒抜け「捕手インコースに構えた」

ようやく開幕したプロ野球関連で、こんなニュース記事を読みました。
要は、球場内が静かすぎて、実況席からアナウンサーのよく通る声で、キャッチャーがどこに構えているとか、選手やベンチに聞こえてしまっているらしい。
今後は、放送席に透明シートを設置するなどの措置が取られるそうだ。

しかし、それを言ったら、テレビ中継の映像などもベンチで見られるだろうし、その時点でわかりそうなもんだが・・・

いずれにしろ、無観客のアレコレを楽しめるのも今だけってことで、貴重だよねー
日本プロ野球、まもなく開幕
いよいよ来週の金曜日から、日本プロ野球の公式戦が始まるようだ。
当面の間無観客だそうだけど、それはそれで良いと思う。
個人的には、鳴り物の応援はあまり好きではないので、以前にも書いた「音」を楽しめればと思う。
特別ルールで、延長は10回まで、選手枠は29人→31人に、ベンチ入り25人→26人へと変更されるらしい。
選手、審判、及びスタッフの皆様におかれましては、くれぐれも健康であっていただきたいと思います。

さて、ワタシが気になっているのは、いざ乱闘などとなった場合。

「安全のため、乱闘の際はマスク、フェイスシールド、手袋着用のこと」

などというルールを設けるべきではないだろうか?
甲子園中止に想う
200527koushien.jpeg

めでたく昨日、緊急事態宣言が解除となり、様々な業界が再びアップを始めた。
日本プロ野球も、6月19日から、無観客での試合が開催される運びに。

しかし高校野球は春に続き、夏の甲子園大会も、今年は中止となってしまった。
一高校野球ファンとしてもとても残念だが、これだけを目標に頑張ってきた高校球児たちの無念を思うと、かける言葉も見つからない。
プロ野球は開幕するのに、高校野球はできないの?なんて声もあるけど、流石にプロとは、選手・スタッフをケアするための環境も人員も、予算も違うから難しいのかな。

でも、同じ思いをしてる生徒たちって、高校球児だけじゃないんだよね〜
他の運動部や文化部、中学生なんかも、続々と大会や発表会なんかが中止になっている。
まあ、ある意味「戦時中」と考えると仕方ないのかもしれないけど・・・それで割り切れる話でもない。

自分のあの頃を振り返ってみると・・・
中学時代はただの不良だったし、高校時代はあじゃりを頑張ってたけど、アレは部活ではなかったしな〜
学校外にも、他県にもメンバーがいたし、特に決まった大会や発表会があるわけでもなく、ひたすら練習を曲作りに励んでいたっけな。

あの頃、このような事態になっていたら、どうしていただろうか?

話は戻るけど、県によっては、高野連主催の「県だけの」大会が開催されたりもするらしい。
秋ぐらいに、各都道府県の優勝チームが日本一を決める大会を開けないもんだろか?
プロ野球の音

コロナの影響で、オープン戦はほぼ無観客で行われた日本プロ野球。
ちょいちょいテレビの中継やニュースを観たけど、それはそれで面白かった。
ピッチャーがリリースの瞬間に唸る声、打球音や捕球音、ベンチからの野次など、普段は耳にする事のない音を感じる事ができた。
みんなで応援する形式が大好きな日本人によるNPBに於いても、たまーに「鳴り物禁止」みたいな企画もあったけど、観客すらいないというのもとても新鮮だった。
有料入場者がいなければ収入にならない、というのが原則ではあるが、ネット社会の今、色々やりようはあると思う。
そんな工夫も交えつつ、1日も早いシーズン開始を望むものである。
ワンポイントリリーフ禁止へ

これもニュースネタだけど、来年からMLBで、ワンポイントリリーフが禁止になるらしい。
そもそもワンポイントリリーフとは何か?野球に興味がない人にとっては、なんの事やら?だろう。
日本で言う「遠山葛西遠山葛西戦術」と言うやつで、ある一人のバッターに対してだけのために、一人のピッチャーを登板させる、一人一殺の起用法。
そのバッターを打ち取ったら(打たれてもだけど)、次の投手に交代する、と言うもの。

試合時間短縮のため、これを禁止して、最低でも3人のバッターと対戦しなければ交代できない、と言う新ルールになるようである。
NPBでもこれを追随する動きがあるらしい。
ま、テレビで日本の野球中継とか観なくなったからな〜あまり関係ないかもだな。
でも日曜にFM795でやってる「サンデーライオンズ」はよく聴いてます。

ちなみにメジャーでは、ロボット審判を導入する動きもあるらしいぞ。
そっちはちょっと楽しみかも!
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.