FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

夏認定


気象庁はまだ関東地方の梅雨明けを発表していないが、今朝、セミが鳴いていたので、勝手に2020年の夏を宣言しました。
って事で、今日のランチはお台場のクアアイナへ。
「厚切りチェダーとアボカドのバーガー」みたいなやつがあったので、それにしてみた。
本来ならこの時期、オリンピック会場の一部となっているこの地域には近づけない筈だったが、おかげさまでゆったりを過ごすことができたよ。

200731_IMG_8930.jpeg

いつもの夏よりも閑散としている台場だったけど、それでも海外からのお客様もある程度いるし、まあちょうど良い雰囲気だったな〜。
明日も雨らしいけど、ワタシ的にはもう夏です。

あ、ちなみにお料理の写真もちゃんと撮ってたので、一応。
200731_IMG_8932.jpeg
近所のおじさん


いや、オレも十分おじさんなんだけどさ、同じマンションに住むおじさんで何人か、仲の良いおじさんがいる。
400戸近い世帯が住む、なかなかの大規模マンションにおいて、数軒でも知り合いがいるだけでも、色んな意味で心強いんだよね。

昨日も、数フロア下に住むMさんと、久々にエレベータに乗り合わせた。
年齢は向こうのほうが一回りぐらい上なんだけど、前々から仲が良くて

「おお!藤尾さん久し振り〜、どう?最近」
みたいなのから入って
「藤尾さんと言えば『夜の街』だからな〜大丈夫?(・∀・)」
「いや、勘弁してくださいよ〜w Mさんこそ〜」
みたいな、軽口を叩き合える間柄。

こんなおじさんが、同じマンションに何人かいるだけで、相当楽しいし、いざという時心強い。
戸建てだと「隣組」的な感じなのかな?
ご近所さんは大事にしたいものです。

あ、そう言えば、前々から海外ツアーでちょいちょいご一緒してた某アイドルちゃんが、実は結構ご近所さんであることが判明して、またちょっと楽しいことになりそうなのである。。。

コミュサイアプリ

ドコモ・バイクシェア、通称「赤チャリ」。うちでは「コミュサイ」と言われている、シェアサイクルのシステム。
以前からこちらでも、何度も紹介してきたと思う。
現在、都内では中央区・千代田区・港区・江東区・新宿区・渋谷区など、多くの地域で使用できるため、とても便利だ。
ワタシは月額会員で、毎月2200円(税込)払っているので、使わなきゃ損な感じ。

さて、それを使用するためのアプリが以前からあり、任意のポートのチャリを予約することが出来た。
ま、それはそれで便利なんだけど、使い勝手に少々難があったんだよね。

ところがこの度、新しいアプリがリリースとなった。
アプデではなく、新アプリなので、恐らく別の会社が作ったものだと思われる。
こいつがまた親切な作りで、思わず乗り換えた。
まず、旧アプリのID、パスワードをそのまま引き継げる点。
そして、ここからがこのアプリの優れた点なんだけど、まず、アプリを開くと近場のポートが表示されるんけど、この時、どこのポートに今、使用可能なチャリが何台あるのかが一目で分かる。
200625_IMG_8708.jpeg


既存のアプリだと、まず任意のポートを選んで、ようやくそこに何台あるのかが分かる。しかも字が小さいw

もう一点。そのポートを選択すると、利用可能な車両番号が表示されて、そこから予約する車両を選択するんだけど、なんとそれぞれのバッテリー残量が分かるようになっている。
200625_IMG_8709.jpeg


これは画期的ですよ!
これまでだと、予約したはいいけど、いざ乗ろうと思ったら、バッテリーが2%とかってことがちょいちょいあった。

そしてもう一つ。
スマホの端末を、そのまま貸し出し用のキーとして登録できる。(らしい)
これはまだ試してないので、何とも言えないけど、今度やってみるね。

利用目線でアプリ開発してくれてる方々、本当にありがとう!!

長男からの誕プレ
200607_IMG_8597.jpeg


昨日、立派なお酒をいただきましたよ。
誕生日と父の日、及び母の日と母の誕生日を兼ねているらしいので、カミさんと仲良く飲むようにと。
大変美味しゅうございます。

実は彼が小学校一年生ぐらいの父の日に、缶ビールをプレゼントされた事があった。
彼が初めて自分のお金で、自分で買って来てくれた、父の日のプレゼントだった。
多分どこかを探すと、酒屋に走る彼の姿を、マンションのバルコニーから撮影した動画があるはずだ。
当時は、「プレゼント」だと言えば、子供にも酒を売ってくれた。
今思えばおおらかな時代だったね〜

もう事項だから書くけど、我々は中学、高校の頃は、普通に酒を買ったり、居酒屋で飲んだりしていたものだった。
しかしそれと、小さな子が父親のために酒を買うのとは、全く事情が違うし、そのぐらい大目に見てくれても良いのではないかと思いますよ。

誕生日ありがとう!
200603_IMG_8583.jpeg

今年も、Twitterで、Facebookで、LINEで、メッセで、メールで、電話で、電報で、手紙で、狼煙で、テレパシーでお祝いメッセージを下さった皆様、本当にありがとうございました!
ステイホームでお祝いしました〜!
さて、知る人ぞ知る事実ではありますが、実は本日は長女も誕生日。そう、長女とは長年、同じ日に誕生日を迎えているのです。
彼女が物心ついてからでも、すでに20数回、お互いに「おめでとう」を言い合うという習慣となっている。
同じ誕生日なので、常に同じ歳の差で生きてきているのだが、ちょいちょい時空が歪む時もある。
いや、それは大袈裟だけど、例えば4年前のこの日は、ワタシはイタリアの某都市に到着したところだった。
現地は日本より7時間遅れ。つまり、娘が先に歳をとり、7時間の間はいつもより歳の差が縮まっているという瞬間があった。
そして今年は、娘がカナダの某都市で暮らしており、逆にこちらが13時間ほど先に誕生日を迎えた。
彼女が誕生日を迎えたのは、こちらの13時という事で、タイミングを見て「おめでとう」を告げる。

ま、あくまでも「現地時間」という物差しの上での話だけど、同じ誕生日だと、こんなイレギュラーな楽しみ方も出来るんだね。

ちなみにだけど、今もどこかで生存しているらしいワタシの実の父親も同じ誕生日のようだが、そちらはあまり興味がない(・∀・)

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.