新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

機内関係まとめ(成田〜イスタンブール〜パリ/ターキッシュエアラインズ)




さて、昨年初めて利用したターキッシュ・エアラインズですが、手荷物のレギュレーションをおさらい。
預け荷物は30kgまでで、個数は問わず。同乗者とシェアすることはできない。

機内持ち込み手荷物は、55×40×23cm、重量は8kgまでを1点と、身の回り品1点。


まずは昨年秋の、ルッカ〜バルセロナツアーの際にも利用した成田(NRT)発イスタンブール・アタテュルク(IST)行きのTK53便
成田空港第1ターミナル、47番ゲートからの出発。


機材は、前回のボーイングB777-300ERではなく、今回はエアバスA330-300となっていたが、当日になって機材変更。結局前回と同じB777-300ERだったよ。
170302_IMG_3833.jpg


機内はこんな感じ。ほぼ満席です。
170302_IMG_3835.jpg

170302_IMG_3837.jpg

USBは装備。他にもおなじみ「謎のシリアルポート」やらLANポートやら…

170302_IMG_3838.jpg




シートは3-3-3。真ん中の島の右端の席だった。
しかし、隣の席の人は、まるで力士のような巨漢の若者。
いや、力士ならいい匂いがするのだが、この男性から漂うのはラード臭。
しかも、ですよ。このThe ラードマンがとても暑がりらしく、Tシャツの袖をロールアップするだけでは飽き足らず、「機内安全のしおり」的な冊子で、ずっとパタパタと。
常に右手で扇いでるので、ラード臭がずっとこちらに流れてくる。
しかも寒いっす、こちらは。
本当に修行の時間であった…
170225_IMG_3842.jpg


ターキッシュの機内安全ビデオに登場するこの男性が、ルー大柴さんに見えて仕方ないんですけど(・∀・)
しかも、トルコ語と英語で2回上映されるため、この旅では計8回楽しむことができるということに。
170302_IMG_3839.jpg





基本的に30分ほど早く出発するのがデフォのようで、予定より16分早い22時09分に出発、RWY34Rより離陸。
程なくして配られるメニュー。さてどっちを食らうかな…
170302_IMG_3844.jpg



約1時間後、ディナー。
「鱈のグリル」か「焼き鳥」から、焼き鳥をチョイス。
ま、焼き鳥というよりも、チキンソテーだな。写真はドイヒーだけど美味かったですよ。


という前回のコメントそのままです。鱈にすればよかったかな。
170302_IMG_3846.jpg



映画観てドラマ観て、しっかり眠った後、日本時間8時半、トルコ時間の深夜2時半ごろに朝食。


スクランブルエッグ的なやつか「鯖のグリル」の2択。
前回は鯖をチョイスして美味かったのを記憶していたので、今回はエッグにチャレンジ。
エッグは極めて普通に美味しかったが、付け合わせのマッシュルームが美味!
170302_IMG_3850.jpg






観た映画はトム・クルーズの「Jack Reacher: Never Go Back」「The Accountant」(邦題「ザ・コンサルタント」)を途中まで。

予定より28分早い現地時刻3時32分に到着、着陸はRWY24。
170225_IMG_3879.jpg

飛行時間12時間23分
飛行距離8996km






続いて、成田(NRT)発イスタンブール・アタテュルク(IST)行きのTK1823便


機材はエアバス、A321-200
170225_IMG_3895.jpg 機内。

シートは革張り。3-3。機内はこんな感じ。JPと公太がいるの、わかるかな?
170302_IMG_3903.jpg

170302_IMG_3905.jpg



ヘッドフォンジャックはこのタイプ。アタッチメントが必要です。
170302_IMG_3906.jpg



予定より5分遅れの10時10分に出発、離陸に意外に時間がかかり、だいたい11時過ぎに飛び立ったRWYは36R。


離陸から1時間ほどでランチ。ビーフのミンチ、つまりハンバーグ的なやつ。美味いです。
170302_IMG_3907.jpg


予定より2分ほど早い、フランス時間の12時48分にCDG到着。RWYは27R。
170302_IMG_3918.jpg


観た映画は「The Accountant」の続きと、トム・ハンクスの「Inferno」


飛行時間3時間38分
飛行距離2234km
という、中距離の旅でございました。




そして帰り便。

まず
シャルルドゴール(CDG)発イスタンブール・アタテュルク(IST)行きのTK1828便に乗るのだが、これが超大変だったことは軽く愚痴ったと思う。

そもそもなぜチェックインに2時間半も並ぶことになるのか?

まず、グランド・スタッフの手際が悪い。
ま、これは東南アジアからのおかしなツアー客が大勢いて、いちいち大揉めしながら手続きという感じで、職員さんも大変なんだと思う。
しかし、300人からの乗客を、カウンター3人ほどで回すこと自体にも問題があるのではないだろうか。
それに、時間がかかるという前提なら、もっと早くカウンターを開けるべきだろう。

そしてようやく出発直前までかかって荷物を預けたと思ったら、今度は出国手続きがこれまた大行列。
こちらは1000人ほどの行列を、たった4人で回している。

これで何となくわかったよ。ターキッシュが悪いというより、この空港そのものに問題があるのだろう。
おかげで、今回新たに使えることになったラウンジがあったのだが、全くお話にならなかった。



ということで、機材はA330-300。行きの成田発もこれに乗る予定だったが、やっと乗れたよ。しかもかなり新しい機体だ。
170228IMG_4081.jpg


機内。9割ぐらい埋まってたかな。
170302_IMG_4067.jpg

170302_IMG_4068.jpg




シートは3-4-3。真ん中の島の左通路側。隣は2つ空席。かなりラッキーな状況だ。

モニター周りはすっきりながらも不足なし。ジャックも普通のタイプ。
170302_IMG_4070.jpg



予定より32分遅れの19時7分に出発。そりゃ遅れるわな〜
RWYは27L。

出発ご1時間ちょいでディナー。
チキンかパスタか?でチキンをチョイス。
ハーブが効いていて美味しゅうございました。
170302_IMG_4074.jpg






観た映画は「Suicide Spuad」(スーサイド・スクワッド)と、トム・クルーズ(またかよ)の「Edge of Tomorrow」、邦題は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」ってやつだね。劇場でも観てるけど、やっぱり面白かった。

遅れて出た割には、予定より17分遅れの23時32分に到着。
右側のドアから…ではなく、後ろドア左からの降機でした。
170302_IMG_4076.jpg


170228IMG_4081.jpg


飛行時間3時間25分
飛行距離2234km






さて、最後はイスタンブール・アタテュルク(IST)発NRT(成田)行きのTK52便。これも前回乗ったやつですよ。


機材はさっきと同じA330−300。若干さっきのより古い機体。
170302_IMG_4084.jpg



シートは3-4-3。真ん中の島の左通路側。9割5分ぐらいの入りだったかな。
170302_IMG_4085.jpg

170302_IMG_4086.jpg



予定より3分遅れの、深夜2時28分に出発。離陸はRWY36Rから離陸したのは2時45分ぐらい。早かったね。


これがメニュー。
「ご到着前に」の方、ナスの煮物となっているが、英語のメニュー見ると「ビーフのミンチ」となっている。
果たしてどちらが本当なのだろうか…
170302_IMG_4094.jpg




離陸ご約1時間半、まずはディナー。チキンかパスタの2択だったが、チキンはさっき食ったのと同じだと予測。パスタをチョイス。なかなか旨かったよ。これでもかってぐらいマカロニの山。お腹いっぱい。
あ、美味しかったですよ。
170302_IMG_4099.jpg


隣は若い女性。当然ラード臭どころか、とてもいい匂いだったよ(・∀・)

ちなみに観た映画は「Hitman Agent47」というアクション物と、「Hot Fuzz」という、これまたアクション物。

そして到着2時間ほど前に、最後のお食事。
やはり予想通り「ナスの煮込み」ではなく、ビーフ。つまり、前回と同じトルコ風ハンバーグだった。
これが食いたかったんですよ♪
170302_IMG_4101.jpg




予定時刻より17分遅れの20時12分に到着。着陸は34R。

飛行時間11時間44分
飛行距離8996km


総飛行時間31時間10分
総飛行距離22460km



今回は、2度目となるターキッシュだったが、機内に関しては安定のクオリティだった。
食事も相変わらずうまいし、CAさんたちも皆親切。
日本人スタッフは今回もゼロだったが、日本語で話しかけてくれる人が結構いた。
ビールとかワインを注文すると、必ず「Enjoy!」って言ってくれるのも好印象。
ただ、CDGでの印象は最悪。
でも、多分ターキッシュの人が悪いわけじゃないんだと思う。
機内関係まとめ・番外編(羽田〜福岡/SKY,SFJ)


今回、急遽行くことになった博多。期せずして利用した国内2社。スカイマークとスターフライヤー。
どちらも初めてだったので、色々と新鮮だった。それを記念してまとめておこう。

まず最初にはっきりさせておきたいのは、この2社とも、いわゆる「LCC」ではない。
かといって、ANA、JALのような、国内2大巨頭レガシーとも一線を画す、言って見れば「第3の航空会社」?
いや、LCCよりこっちの方が誕生は先だったんだけどね。

ってことで、ナカムラくんが手配してくれた、行きの便はスカイマーク。
預け手荷物は預け荷物は重さ20kg以内、サイズは50cm×60cm×120cm以内 まで無料。ここがLCCと違うところだ。
機内持ち込み手荷物は、55×25×40cm、重量は10kgまでを1点と、身の回り品1点
今回は1泊なので、すべて機内持ち込み用バッグに収まっていたので、預け荷物はなし。




往路。羽田(HND)発福岡空港(FUK)行きのSKY009便

機材はボーイングB737-200120人乗りぐらいのちっちゃくてかわいいやつ。

161218_IMG_3357.jpg



機内こんな感じ。満員。
161220_IMG_3365.jpg

161220_IMG_3366.jpg



席は通路を挟んで3-3の、右窓側。2時間程度の国内線なら、迷わず窓側取りますよ。
161220_IMG_3381.jpg



しかし、非常時には色々とお手伝いをしなければならない席。
そのせいか、若干足元が広かった。
161220_IMG_3363.jpg



椅子下に電源あり。
161220_IMG_3364.jpg



予定より5分遅れの午前11時20分にランウェイ16Lより出発。
161220_IMG_3368.jpg


国内短距離便だし、機内食とかないが、いわゆる「空弁」は選び放題。
今回は「天むす&サンドイッチ」800円。
161218_IMG_3343.jpg



早速広げます。
161220_IMG_3370.jpg


機内食はないが、スカイマーク・オリジナルキットカットの配布はあった。
161220_IMG_3372.jpg



そして、何と「機内販売」はあり!
茨城の地ビール「ホワイトエール」(400円・つまみ付き)買ってみた。
161220_IMG_3375.jpg

161220_IMG_3377.jpg


機内27℃。快適っす。
161220_IMG_3378.jpg


翼にハート。かわいいっす。
161220_IMG_3380.jpg


予定より6punnokureno13時26分に福岡空港到着。
ランウェイは16。
161218_IMG_3383.jpg


飛行時間2時間6分
飛行距離882km





 ナカムラくんが手配してくれた帰り便は、スターフライヤー。
実はこの会社に勤める方とつい最近お知り合いになり、このタイミングで博多!ってことで、搭乗前に福岡空港個人ガイドツアーに連れて行っていただきました。

さて、スターフライヤーの預け手荷物は預け荷物は重さ20kg以内、サイズは3辺の和の合計が203cm以内 まで無料。
機内持ち込み手荷物は、55×25×40cm、重量は10kgまでを1点と、身の回り品1点
行きのスカイとほぼ同じレギュレーションである。




さて、日曜午後の福岡発RJTTいや失礼、羽田行きのNH3846便

機材はエアバスA320。180人乗りぐらいの中型機。
この黒い機体がたまらんね。
161218_IMG_3410.jpg

機内。やはり満員。
161220_IMG_3415.jpg

161220_IMG_3417.jpg



シートは革張り。3-3の右窓側。
161220_IMG_3435.jpg



何と国内短距離便にもかかわらず、モニター、USB、電源完備というこだわり。
161220_IMG_3414.jpg

161220_IMG_3418.jpg

161220_IMG_3437.jpg



機内安全ビデオもかなり作りこまれたものだった。
それによると、機内は「ジャズラウンジ」って設定なんだって。
161220_IMG_3422.jpg


搭乗前に購入した「福岡づくり」とさば寿し
ジャズラウンジというより、居酒屋か?
161220_IMG_3426.jpg

161220_IMG_3428.jpg

ちなみに右上のコップはカレースープ。
機内販売はなかったけど、ドリンクは振る舞われた。


予定より5分ほど早い、13時ちょうどに出発。RWYは16。
ちょうど昨日乗ったSKYが着いた後に離陸。

そしてほぼ予定どおり14時45分に、RWY34Lに着陸。
珍しく、右側からの降機。バス移動だった。
161218_IMG_3434.jpg


飛行時間1時間35分
飛行距離882km


スタフラは、デザインから何から、かなりオシャレなこだわりがあって、かなりポイント高いです。
行き先は限られるけど、国内線ではレガシーさんよりある意味好きかも。



今回の総飛行距離は1753km
総飛行時間は3時間40分


お疲れ様でした〜!!
機内関係まとめ(成田〜アムステルダム〜トゥールーズ〜パリ/KLM, AF)
さあ、一部のマニアの皆さん、お待たせしました!
今回は、行きはアムステルダム経由のKLM、帰りはパリ(CDG)経由のエールフランス利用、トゥールーズへの空の旅。早速まとめるよ!

KLもAFも、
預け荷物は23kg以内を2点まで
と、機材のある我々にはありがたいレギュレーション。
機内持ち込み手荷物は、55×25×35cm、重量は12kgまでを1点と、身の回り品1点。これもかなり緩い方。
今回はスーツケースが20kg、ギターケースが7.5kg、手荷物が8kgプラスMacBook Proなので、楽勝。

161126_IMG_3016.jpg


まずは往路。
成田(NRT)発オランダはアムステルダム・スキポール空港(AMS)行きのKL862便

実はこの便でAMSに渡るのはこれが3度目。前回(8月)はUSBも電源もないB747-400だったが、今回はボーイングB777-200の、比較的新しい機材だったので助かったよ。

161126_IMG_3022.jpg


機内はこんな感じで、ほぼ満席。日本人は6割ぐらいかな。
161201_IMG_3026.jpg

161201_IMG_3028.jpg




席は3-4-3の中央の島左通路側で、隣は空席というパラダイス。
151201_IMG_0514.jpg

電源もUSBも完備だよ!
161201_IMG_3025.jpg

161201_IMG_3030.jpg





予定より13分早い午前11時12分にランウェイ34Lより出発。
約1時間後におビールタイム開始。
161201_IMG_3033.jpg


そのおよそ30分後分後、午後1時10分にランチ。
ハンバーグは普通に美味いが、飲み物を訊かれ
「ビールとワイン」
と答えるも、どちらかにして下さいと言われる。これがKLMのスタンダードだ。
これさえなければな〜
161201_IMG_3037.jpg


そのおよそ4時間半後、日本時間の16時35分、アイスクリームの配給。
161201_IMG_3040.jpg


そして日本時間21時30分にディナー。トマトソースのペンネも、サーモンのサラダも美味しい。今回は、直前にビールをオーダーしておいて、食事にはワインを頼むという技を使い、ようやく「ビールチェイサー」をKLMで実現。
161201_IMG_3048.jpg



観た映画は「64(後編)」(やっと観られたが、映画館でわざわざ観なくて本当に良かったと思った)、「ヒーローマニア」ぐらいだったか。あまりエンタメは充実してなかったな。ま、おかげで録画してたドラマを5本ほど消化できたので良かったよ。

そんなこんなで、予定より35分早い現地時間14時55分にアムステルダム・スキポール空港に到着。
ランウェイは06。
161126_IMG_3053.jpg


飛行時間11時間43分
飛行距離9318km










続いてアムステルダム発トゥールーズ行きのKL1313便
実はこれも、2012年に一度乗っている。


機材はEmbraer 190。100人乗りぐらいの小型機だ。
161201_IMG_3080.jpg


機内はこれまたほぼ満席。日本人は見たところ我々だけのようだ。
161201_IMG_3081.jpg

161201_IMG_3082.jpg


シートは革張り。2-2の左側の島、通路側。
161201_IMG_3084.jpg



予定より1時間遅れて、現地時間21時35分にRWY36Cより出発。
ただし、1時間遅れはかなり前から分かっていたので、その分ラウンジでゆっくりできた。


45分後に軽食。一応国際線なので、ワインなんかもあった。
161201_IMG_3089.jpg


この巻物が、ちょうど小腹を満たしてくれてご機嫌だったよ。
161201_IMG_3090.jpg




予定より37分遅い、23時7分にトゥールーズ到着。ランウェイは14L。
ま、1時間遅れで出た割には頑張った方だよ。
お宿に着く頃には日付変わっちゃったけどね。
161201_IMG_3094.jpg



飛行時間1時間32分
飛行距離997km


KLはエンタメがショボいのと、食事時にビールとワインぐらい同時にサービスしてくれよ、と思う。
もちろん、CAさん自体のサービスはとても良いと思うけど。







そして復路。トゥールーズ発パリ・シャルルドゴール行きのAF7517便


機材はA321
161129_IMG_3211.jpg


機内。
我々の他に2人ぐらい日本人がいた。
161201_IMG_3214.jpg

161201_IMG_3216.jpg

お座席は、2-2の左の島通路側。
161201_IMG_3217.jpg




予定より16分遅れの、午前10時11分に出発。ランウェイは14R。
フライト時間は1時間ほどしかないため、出発ご30分で早速コーヒーとビスケッツ。
161201_IMG_3219.jpg


そして、予定より13分ほど遅れた11時38分にシャルドゴRWY26Rに到着。パリ寒いです。
実はこの時点で、乗り継ぎが2時間ちょい。CDGでこれだと、到着、出発ゲートによってはかなりヤバい。
実際、ラウンジにも寄らず直接向かったが、1時間半ほどかかった。
161201_IMG_3222.jpg



飛行時間1時間27分
飛行距離604km





そして最後は
CDG発NRT行きのAF276


機材はボーイングB777-300
161129_IMG_3235.jpg

機内はこんな感じ。柔道の選手達一杯乗ってたんだけど、こいつらが結構騒がしかったな。
日本人は3割ぐらいだったかな。
161201_IMG_3238.jpg

161201_IMG_3241.jpg


シートは3-4-3。取れた席が「J」と聞いて、じぇじぇじぇ!と思っていたが、この機材、左側からABC DEFGときて、いきなりJKLだった。つまり右窓側の島の通路側。疑ってすまんかった、ゴマジョン様<(_"_)>
そして隣はまたしても空席だったので、フランス人のおじさんとシェア。
161201_IMG_3239.jpg



電源、USBも完備。
ただし、モニターは可動式ではなかった。つまり、前の席がリクライニングされると、画面の角度も変わってしまう。
161201_IMG_3242.jpg

161201_IMG_3243.jpg


ここの機内安全ビデオ、キュートで好きなんだよね。



そして、「サムソンのギャラクシー7なんちゃらは持ち込み禁止」と、英語、仏語、日本語で入念にアナウンスしてました(・∀・)



予定より7分遅い13時57分に出発、RWYは09R。


1時間後の15時におビールタイムスタート。
161201_IMG_3249.jpg



機内が妙に寒いと思い、計ってみると22度。
柔道のやつらは半袖だったけど。
161201_IMG_3252.jpg


その45分後、ランチタイム。
チキンのジンジャーソース煮。美味かったです。
161201_IMG_3255.jpg


その後
「コーヒー、紅茶、または食後酒はいかがですか?」
ときたので、その「食後酒」とやらを頼んでみた。
コニャックか洋梨のお酒があるということなので、洋梨のやつ。
甘くて美味しくて、瓶も可愛かった。
161201_IMG_3256.jpg



観た映画は「グラディエーター」。そして、iPadにダウンロード済みだった「弟切草」のみ。
到着が日本時間の翌朝だということを考慮し、がっつりと4時間ほど眠った。

朝食は、他のメンバーには評判の悪いスクランブルエッグ。
日本時間の朝8時きっかりに振る舞われた。
161201_IMG_3261.jpg


そして、機長より「富士山が見えるよ」との案内の後、予定より2分早い9時43分に成田到着。RWYは34L。日本もなかなか寒かった。
161129_IMG_3267.jpg


飛行時間11時間46分
飛行距離9709km


AFはCAさんがステキ。男性も女性も皆、笑顔が眩しい接客だった。
たまたまオレのエリアは日本人のCAさんで、便利は便利だったが、ちょっと物を頼むのが気恥ずかしいってのもあったな。
エンタメはKLと同系列なので内容は一緒。つまりイマイチ。
食事は美味しいと思う。次こそはAFの日本食も食べてみようかな、などと毎回思うんだけど、ついつい洋食の方が美味しそうでな…

ということで、今回の総飛行距離は20628km
総飛行時間は26時間28分


さらに、
今年の総飛行距離は121,387km
総飛行時間は161時間ちょうど


つまり1年のうち6日と17時間は空の上にいたことになるわけだ。
お疲れ様でした〜!!
機内関係まとめ(成田〜イスタンブール〜ピサ〜ローマ〜バルセロナ/ターキッシュエアラインズ、アリタリア)
今回の旅は飛行機6回、5箇所の空港を利用した。


航空機をレポートする前に大事なことを。それは手荷物の重量と大きさ制限について。
これは航空会社によって異なり、その時々によってレギュレーションが変わったりもするので、メモしておいて損はないだろう。

今回はターキッシュ・エアラインズ、通称トルコ航空という、初めて利用する会社。
預け荷物は30kgまでで、個数は問わず。しかし同乗者とシェアすることはできないらしい。
他に比べて若干タイトなので、今回は冷蔵庫など、数点の日用品を諦めた結果、軽量は無事にパス。
161028_IMG_2322.jpg

機内持ち込み手荷物は、55×40×23cm、重量は8kgまでを1点と、身の回り品1点
チェックイン時、ボディバッグにこのようなタグを付けられた。(謎)
161106_IMG_2469.jpg



まずは成田(NRT)発イスタンブール・アタテュルク(IST)行きのTK53便
成田空港第1ターミナル、47番ゲートからの出発。


機材はボーイングB777-300ER
161028_IMG_2340.jpg


機内はこんな感じ。ほぼ満席です。
161106_IMG_2343.jpg

161106_IMG_2344.jpg



シートは3-3-3。真ん中の島の右端の席だった。
右隣が空席だったので、もう一つ右の人と、荷物置き場として共有。
なかなかゆったり目のシートだったよ。
161106_IMG_2347.jpg


USBは装備。他にも謎のシリアルポートやらLANポートやら…
161106_IMG_2345.jpg



このようなアメニティーグッズが配布される。(帰りにもほぼ同じものを配布)
中身はアイマスク、耳栓、スリッパ、歯ブラシ、靴下などなど。
かなり使えるものばかり。
161106_IMG_2361.jpg



予定より27分も早い22時03分に出発、RWY34Lより離陸。



約1時間後、ディナー。
「鱈のグリル」か「焼き鳥」から、焼き鳥をチョイス。
ま、焼き鳥というよりも、チキンソテーだな。写真はドイヒーだけど美味かったですよ。
161106_IMG_2370.jpg



結構がっつり目に寝て、日本時間8時半、トルコ時間時間の深夜2時半ごろに朝食。


スクランブルエッグ的なやつか「鯖のグリル」の2択。
「鯖」に惹かれてそちらをチョイスしたが、どうやら当たりだったらしい。
これも写真がドイヒー(・∀・)
161106_IMG_2374.jpg



パン生地の肉まんみたいな感じだった。
小腹を満たすにはなかなかご機嫌な食物。


観た映画は「Alice Through the Looking Glass」(邦題「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」)、「The Man from U.N.C.L.E.」(邦題「コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)」)を途中まで。

予定より24分早い現地時刻4時16分に到着、着陸はRWY05。
161029_IMG_2376.jpg

飛行時間12時間13分
飛行距離8996km






続いて、イスタンブール・アタテュルク(IST)発イタリアはピサのガリレオガリレイ(PSA)行きのTK1397便

機材はエアバス、A319-100
161029_IMG_2398.jpg

機内。
161106_IMG_2400.jpg

161106_IMG_2401.jpg




シートは革張り。3-3。
161106_IMG_2402.jpg


右側の島やや前方、通路側の席だったが、行ってみると、既に女性が座っていた。
一応英語で「オレの席なんだけど」と言ったら、何語かわからん言葉(多分イタリア語)で、「友人が隣だから代わってくれないか」みたいな事を言っている。
もう面倒臭いから、日本語で「あんたの席どこよ?」って言ったら、チケットを見せてくれた。
通じるんだよね、、、こういう時って。

別に3時間ほどのフライトだし、全然いいよって、代わってやった。(実は窓側で結構嬉しかったり)

予定より1分遅れの8時21分に出発、RWYは35。
1時間ほどで朝食。シンプルながら美味しかった。
161106_IMG_2405.jpg


予定通りの10時15分に到着。RWYは05L。
161106_IMG_2412.jpg




飛行時間2時間54分
飛行距離1540km






お次はハロウィンの日、ローマ経由バルセロナ。

まずはピサ(PSA)発ローマ・フィウミチーノ(FCO)行きのAZ1666便

機材はATR42。かなりコンパクトなボディだ。
161031_IMG_2575.jpg

コンパクトゆえに、持ち込み手荷物が持ち込みきれず、一旦預けることに。
161106_IMG_2576.jpg



シートは革張り。左が1列、右が2列という変則的なレイアウトだった。
161106_IMG_2581.jpg

161106_IMG_2582.jpg

161106_IMG_2583.jpg

161106_IMG_2586.jpg



予定より10分遅れの7時20分に出発。RWY22Rより離陸。

30分ほどで飲み物サービス。客室乗務員1名で全て回しているが、手際は良い。
161106_IMG_2587.jpg


やはり10分遅れでローマ・フィウミチーノに到着。
預けた手荷物を回収し、バスでターミナルへ。
161106_IMG_2590.jpg


飛行時間1時間00分
飛行距離260km


小型機ながら、飛行は安定していた。天気良いしね〜

続いて、ローマ(FCO)発バルセロナ・エルプラット(BCN)行きのAZ74便

機材は
161031_IMG_2597.jpg

機内、ほぼ満席。
161106_IMG_2600.jpg

161106_IMG_2601.jpg


シート。2-2の右側アイル席。
161106_IMG_2602.jpg


予定より23分ほど遅れ、9時28分に出発。RWYツーファイブより、海に向かってまっすぐ離陸。

30分後にパイ的なものとコーヒー。
161106_IMG_2607.jpg


特に事件もなく、予定より13分遅れの11時8分にバルセロナ到着。


飛行時間1時間40分
飛行距離848km


あ、そうそうアリタリア欧州便の手荷物制限は、預け荷物が23kg×1個、3辺の合計が158cm以内
機内持ち込みが8kg以内3、25×35×55cm以内
と、かなり厳しい。というか無理!










そしていよいよイスタンブール経由の帰り便。

まず
バルセロナ(BCN)発イスタンブール・アタテュルク(IST)行きのTK51468便

機材はB737-800。中距離便ということで、モニター、USBなど完備。
かなり新しい機材で、ちょっと嬉しい。
161103_IMG_2736.jpg

シートは2-2。当然アイル。右側の島。
161106_IMG_2743.jpg





機内。シェフの方が乗っておられる。
161106_IMG_2749.jpg

161106_IMG_2751.jpg



予定より3分遅れの15時8分に出発。RWY25L。

出発ご1時間弱でお飲み物。
161106_IMG_2753.jpg


そしてすぐにお食事。ハンバーグっぽいやつ。というか、普通にハンバーグ。
普通に旨かった。
161106_IMG_2754.jpg


観た映画は「Precious cargo」っていう、ブルース・ウィリスが出てるやつ(日本でやってるかは不明)の英語版と、「Our Brand Is Crisis」、(邦題「選挙の勝ち方教えます)って映画を途中まで。ボリビアの大統領選のブレーンというか、コンサルタントの話なんだけど、現在のアメリカみたいで結構笑えた。


遅れて飛びだったが、予定より7分早い、19時33分にIST到着。上空から見る夜景が印象的だった。
161103_IMG_2765.jpg


飛行時間3時間25分
飛行距離2231km






さて、最後はイスタンブール・アタテュルク(IST)発NRT(成田)行きのTK52便




機材はB777-300ER。モニターUSB完備。
これまたかなり新しい機材。

161103_IMG_2791.jpg

シートは3-3-3。右側の島通路側、かなり前方。
我々の周りだけが混んでいたが、後ろはガラガラだったようだ。
161106_IMG_2792.jpg

161106_IMG_2793.jpg

161106_IMG_2794.jpg

161106_IMG_2795.jpg



予定より6分遅れの、深夜1時31分に出発。離陸はRWY36R。


約1時間後にディナー。チキンかパスタで、パスタをチョイス。なかなか旨かったよ。
161106_IMG_2801.jpg


しばしまどろんだり、映画を見たり。

ちなみに観た映画は「Our Brand Is Crisis」の続きと「inding Dory」(ファインディングドリー)。

そして日本時間の17時、最後のお食事。
「チキン」か「トルコスタイルのひき肉グリル」とあったので、迷わずトルコスタイルをチョイス。
出てきたのはなんのことはない、ハンバーグ、と思いきや、これがかなりエスニックに仕上がっていて、本当に旨かった!
ま、エスニックなので好き嫌いは分かれるところだろうが、また食べたい一品である。
161106_IMG_2803.jpg


写真左上の「フムス」ってやつ、ゴマ風味で豆とかを摩り下ろしたやつもかなり旨い。




予定時刻ちょうどの19時55分に到着。着陸は34R。

飛行時間13時間36分
飛行距離8996km


総飛行時間34時間48分
総飛行距離22871km


今回、ターキッシュエアを初めて利用したが、食事は旨いし、サービスもなかなか良いし、機材も新しかった。
シートもややゆったりで、座り心地も悪くない。
自分的にはかなり高評価なエアラインだった。
ただ、航空会社にありがちな、「専用サイトの使い勝手の悪さ」が玉に瑕だったかな。
あ、そういえば行きも帰りも日本人CAを見かけなかった気がする。
別に困らなかったけど。
機内関係まとめ(成田〜アムステルダム/KLM)
KLMオランダ航空は4年ぶりかな。まずは行きの成田(NRT)発アムステルダム・スキポール(AMS)行きのKL0862便
成田空港第1ターミナル、14番ゲートからの出発となる。
160902_IMG_1813.jpg



(前回も同じ便に乗ったな〜)


機材はボーイングB747-400
160826_IMG_1820.jpg


機内はこんな感じ。
160902_IMG_1821.jpg

160902_IMG_1822.jpg



前日の台風の影響などもあり、満席。


シートは基本3-4-3。真ん中の島の右端の席だった。右側の島の通路側。隣はオランダ人の老夫婦。
とても感じの良い2人だったよ。
どうでもいいけど、コントローラーが肘掛の側面、こちら側にあるので、映画鑑賞中に体やらものが当たって、勝手に早回しになったり巻き戻ったり…かなり不便だ。
160902_IMG_1815.jpg

160902_IMG_1819.jpg




USBも電源もない、今時考えられないほど古い機材だった。
シートピッチもめちゃ狭い。オレはまだいいが、体の大きなオランダ人たちがかわいそうだ。


室内温度は大体26〜28度ぐらい。快適だった。
160902_IMG_1825.jpg


予定より8分早い10時22分に出発、安定のRWY16Rより離陸。


約1時間後から、飲み放題タイムスタート!
ビールはハイネケン一択。
160902_IMG_1828.jpg



そのさらに1時間後、12時30分ごろから昼食。
「飲み物は?」
と訊かれたので
「ビールと白ワイン」
とオーダーしたら
「どっちかにしてくれ」
だと。
じゃ、ビールで。
160902_IMG_1833.jpg



和食(鯖の竜田揚げ)か、洋食(チキンのソテー、トマトソース)の二択から、チキンをチョイス。
食事はなかなか美味かったよ。

2食目が出たのは日本時間の深夜2時。つまり、ランチから8時間以上後だった。
オレは、行きの機内では、終始飲み続けだったので、お腹は満足だったんだけど、オランダの腹ペコヤングたちには厳しいようで、ちゃんとこのようなものが用意されてました。
160902_IMG_1843.jpg



そして、これがその2食目のパスタ。茹で加減がちょいとアレだったけど、ま、美味かったですよ。
160902_IMG_1850.jpg


観た映画は「London Has Fallen」(日本では「エンド・オブ・キングダム」というらしい)。ヘリの墜落シーンがばっさりカットされていたが、そんな配慮は要りません(・∀・)
それと「SAFE HOUSE」(日本では「デンジャラス・ラン」というらしい)、そして「This means war」(日本では「Black & White」というらしい)を途中まで。それと撮りためていたドラマを4本ほど。
一瞬まどろんだぐらいで、あとはほとんど飲み続けの観続け。



予定より3分遅れの現地時刻15時3分に到着、着陸はRWY18C。
160826_IMG_1856.jpg

降り際に、隣の奥さんが
「ヨーロッパを楽しんでね」
って言ってたのが印象に残る。
「オランダを」じゃなくて「ヨーロッパを」なんだね。


飛行時間11時間41分
飛行距離9318km






復路。AMS(スキポール)発NRT(成田)行きのKL0863便
F04ゲートからの出発。



機材はB777-300ER
160829_IMG_2084.jpg



シートは基本3-4-3。真ん中の島の、左通路側。混んではいたけど、隣がたまたま空いていたので、その隣のキレイなお姉さんと共用。
160902_IMG_2086.jpg

160902_IMG_2087.jpg
160902_IMG_2088.jpg

行きのボロ747と違い、USBや電源も完備。エンタメも充実していた。
160902_IMG_2089.jpg


が、室温は20〜23度と、かなり寒い。うずくまる。(古畑任三郎より引用)
160902_IMG_2091.jpg


予定より2分遅い17時52分に出発、RYW24より離陸。


出発後50分ほどで飲み放題タイムスタート。
160902_IMG_2098.jpg



その約1時間後、現地時間19時40分ごろ、ディナー。
160902_IMG_2103.jpg


「とんかつ」か「チキンのマスタードソース」の二択。
とんかつにはかなり惹かれたが、嫌な予感もあったので、チキンを選択。マスタードが効いていて美味かった。
後でとんかつ組に聞いたら「イマイチ」だったそうな。

「飲み物は?」
と聞かれたので、
「白ワインとビール」
とオーダーしたら
「どっちかにしてくれ」
と言われたので、白ワイン。

ケチ臭いぞ?KLM…

と、食い終わり、映画を1本「GONE GIRL」を観終わったあたりから、ばっさりと記憶がない。熟睡したようだ。

目覚めると、もう朝食の準備が始まっていた。
160902_IMG_2107.jpg


こちら、ありがちな卵料理系。
食い終わって間もなく成田に着いてしまったよ(・∀・)


到着前に、慌てて「This means war」の続きを観た。なかなかバカらしくて面白い映画だったよ。
予定より5分遅い12時5分に到着。着陸は34R
160829_IMG_2112.jpg

飛行時間11時間13分
飛行距離9318km

総飛行時間22時間54分
総飛行距離18636km



頼むから、食事の時にはワインとビールを飲ませてください、KLMさん(・∀・)
あ、あと帰り便のトイレの水栓が、珍しい形だったな
160902_IMG_2109.jpg

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.