新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

銀座国巡り


ちょいと有楽町のビックカメラに寄ったついでに、久々に銀ぶら。
いつも混雑していることでおなじみ、交通会館の中にある北海道のアンテナショップ「どさんこプラザ」へ。
特に混んでるのがソフトクリーム売り場なのだが、そこはスルー。
ここでのオススメは「いろはす・ハスカップ」とかかな。
170917-01.jpg


そのまま外堀通りを越えるってえと、すぐに見えるのが沖縄県の「銀座わしたショップ」。
ここの特徴は、入るといきなりある酒売り場。泡盛やらオリオンやらかなりの面積を割いているのが沖縄らしくて良い。
その片隅に、ひっそりとあるウコン売り場も可愛い。
一瞬にして北海から沖縄に飛べるのが、銀座の素晴らしいところだね。
170917-02_.jpg


そして、その隣に店を構えるのが、高知県のアンテナショップ「まるごと高知」。
店は決して大きくはないが、マツコデラックスが番組で訪れたことによって、一躍脚光を浴びた。
「ミレー」シリーズが人気だ。
170917-04.jpg


そのまま柳通りを下ると、次に目に入るのが「美味しい山形プラザ」。
ここもお気に入りでちょいちょい行くんだけど、オススメは「しょうゆの実」。
あとは山形そばかな〜
170917-06.jpg


で、もうチョイ下るとあるのが「広島ブランドショップTAU」。
ここはビールだろうがお好み焼きだろうが、全てカープ一色。
170917-05.jpg


店内には汁なし担々麺を食べられるレストランなどもあるが、オススメはとり皮。
170917_IMG_5362.jpg


で、もうチョイ行くと、東京メトロ・銀座一丁目駅の入り口があるので、そこから電車に乗って帰る、というコースでした。




自転車レーン

昨今、

「自転車は基本、車道を走れよ。もし歩道を走る時は歩行者様に申し訳なさそうにな。」


という基本ルールがしきりにアナウンスされている。
いや、それは正しいし、実際に都内の車道には、自転車レーンが整備され始めている。
しかし、やっぱり既存の道路にそのようなレーンを設けると、バスなどの大型車両には車道が狭すぎるなど、自動車側にも無理が生じてくるし、相変わらず逆走するチャリも多いし、危険極まりないのも事実。
一方で、市場問題で賑やかな豊洲は、再開発でこんな感じに作られている。

170627IMG_4446.jpg


広い歩道に、チャリの専用レーン。しかも双方向。(ちなみに上を走ってるのはゆりか様)
もちろん、逆サイドにも同じものがある。バルセロナも昔からこんな感じである。
全国の道路がこうなれば理想なんだけどね〜
まあ無理だろうな。



北新宿百人町


正確には「東京都新宿区百人町」。
大久保にほど近いこの辺りは、昔からコリアンタウンというイメージだったが、先日久々に行ったら、かなり国際色豊かな街になっていた。
韓国、中国以外のアジア系からもっと南の方の人たちはもちろん、西欧系の人もたくさん見かけた。
かくいうオレも、ヨーロッパから移住してきた友人に会いに行ったんだけどね。
江戸時代から、内藤新宿でおなじみ内藤氏の鉄砲隊百人組が住んでいたのが、この地名の由来だとブラタモリか何かで聞いた気がするが、今では「日本人以外の人」がとても住みやすそうな街になっている。
きっとコンビニやレストランなんかも、外国人がたくさん働いてるんだろうな〜
海外からやって来た友人たちがこの地で快適に暮らし、目標に向かって着実に歩いていけることを願っている。

170531_IMG_4603.jpg



FUEL CELL BUS


噂とニュースは聞いていたけど、遂に目撃したよ。都営バスの燃料電池車。
カラーまで特別なんだね〜
とっても21世紀にいる感じがしてステキ(・∀・)

170502_IMG_4508.jpg


サイドには何かイラストが描かれてるような…

170502_IMG_4509.jpg

きっと車内には物質転送装置とか設置されてるんだろうな〜
早く乗ってみたいものです。
歩道塞いで止まってるやつ


今に始まったことじゃないんだけど、駐車場とかガソリンスタンドから一般道に出ようとして、歩道をふさいで止まってる車の多いこと…
歩道の手前で待ってても何も問題ないだろうに、なぜあそこまで必死なのかわからない。

170417_IMG_4372.jpg

170417_IMG_4312.jpg


関係ないけど、横断歩道を渡ろうとしてる人がいるのに、スピードも落とさず通り抜ける車もね。

あと、もっとわからないのが(もっと関係ないけど)、最近整備されてる「自転車レーン」をわざわざ逆走するチャリンカーな。
2つ目と3つ目は明確な道交法違反だからね。
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.