新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

我善坊谷
「ガゼンボウダニ」と読みます。
チャリで徘徊していて、偶然見つけた場所。
車で通ることはまずないだろうし、用事がないと徒歩でもまず来ることはなかっただろう。
場所は、ざっくり言うと六本木と東京タワーの間ぐらいだから、立地としては都心のど真ん中。
住所も港区麻布台から虎ノ門というエリアなんだけど、ここにとんでもない崖と坂があるのだ。(すり鉢地形とも言われる)
そして、崖の上は森ビルの超高層マンションが建ってたりと、ザ・港区なんだけど、崖の下は別世界が広がっている。
ま、そのへんは多くの旅人ブロガーが、詳細に紹介してくれているので、そちらを読んでいただければと。
今度、時間があるときに、またじっくり訪れてみたいと思う。

180204.jpg
外苑東通り2018
先日、あるレコーディングの現場に向かうため、青山一丁目から早稲田に向かい、いわゆる外苑東通りを車で走行していた。
この通りといえば、A-JARIの時に、レコーディングやら取材やら、テレビやらラジオやらでよく通ったな〜
あの頃はバブルのためか渋滞も激しくて…なんて話を思い出して書こうと思っていたら、すでに2010年に書いてたよ(・∀・)

  ↓
外苑東通り

その後8年経つが、道路拡張のための用地買収がまだ済んでいないらしく、河和田町あたりから北は未だ片道1車線。
しかし、あのバブルの頃のようなひどい渋滞は無いようだ。
あの頃あったフジテレビはお台場に行っちゃったが、あの頃六本木にあった防衛庁はこちらに来ている。
当時は、早稲田方面から青山方面に「出勤」してたが、今は仕事しに行くとしたら、その逆。
青山方面は帰り道になってしまった。
そして、その先にはあの東芝EMI「ルビービル」も、当時所属していたプロダクションももうない。
時代は移ろって行くのだな〜、などとしみじみ。

180126_IMG_6212.jpg





山手線のカーブ

「まあるい緑の山手線〜」でおなじみの山手線であるが、正確には品川から田端までの20kmほど。
これに東北本線と東海道本線の一部を足して環状にした部分を、多くの人は「山手線」と呼ぶ。
環状と言っても、最初から円を描くというイメージで作られたものではないので、かなり無理矢理曲げてくる箇所があって、そんなムリクリ感がとても好き。

割とこんなイメージで考えられがちだが

yamanotesen01.jpg



実際にはこんな形。

yamanotesen02.png


直線部分が多く、大きなカーブといえば池袋〜大塚間、駒込〜田端間、そして特にやばいのが品川〜大崎間。ここはマジでエグいです。
山手通りのこの辺走ると、一瞬で2回山手線を超えられます。

で、何気にオレが好きなのは上野〜鶯谷間。
先日「上野〜鶯谷は歩いて10分もかからない」と書いたけど、これは山手線の内側を歩くか、外側を歩くかで倍ぐらい時間が変わってくる。
外側は普通の下町って感じの街並みだけど、内側は上野恩賜公園やら科学博物館やら、レース鳩協会やらお寺さんなど、かなり浮世離れした空間で、それもまた良し。
何よりこのカーブ、なんか見てて落ち着きません?

180105_IMG_6059.jpg


年の瀬の築地場外

通院の時などにも、チャリでちょいちょい通る築地場外。
あえてこの年の瀬の本日午前中、カミさんとデートしてきたよ。
いや〜、物凄い人、人、人。場所によってはまともに歩けないぐらいだった。
半分ぐらいは外国人なのではないだろうか。長い歳月をかけて、世界的観光名所になったな〜というのを、改めて実感した。
市場は来年秋には、我が地元に移転することが決まったが、築地は築地のままでいいんじゃないかと思う。
ってか、地元がこれになったらちょっと嫌(・∀・)

171229_IMG_6088.jpg

171229_IMG_6087.jpg

制限速度

何年か前に、わが国では道路の制限速度が緩和され、一般道でも70km/hとかってところも現れた。
おそらくだが、そのタイミングで色々な道路の最高速度が10km/hほどアップしたような気がする。
その結果、その辺の道路、例えば片側2車線の、小学校などもある生活道路が50km/hとか
171028_IMG_5564.jpg



近所の、幼稚園がある信号のない道路も40km/hとかになっている。
171028_IMG_5571.jpg



40km/hといえば、なかなかの速さ。ハネられたら死ぬレベルである。
チャリで20km/h前後(だと思われる)で死にかけたオレが言うのだから、間違いない。
オレはいつでも止まれる速度を保つようにしてるけど、いずれジジイが変な事故を起こしそうで怖い。
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.