新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

「渋谷区コミュニティサイクル」スタート!?

現在、中央区、港区、江東区、千代田区、新宿区、文京区で展開されているシェアサイクルのシステムが、いよいよ10月から渋谷区にも広がるようだ。
ポートは17か所ぐらいでスタートするみたいだけど、今後もっともっと増えて、さらに便利になることだろう。
個人的にはエッグマンの近くなんかに作ってもらえると、いろいろ行きやすくていいな〜と思うんだけど、あまり便利すぎても際限なくなりそうだね。
今度、天気のいい日に、明治神宮でも行ってみるかな。チャリで。

ちなみに、同じ日から練馬区でもサービスがスタートするようだが、こちらは「練馬区内のみでの貸し出し、返却」というガラパゴス方式で、現在大田区で行われているサービスと同じ。

170925.jpg


新幹線が止まってた話
一昨日、大雨により架線が切れたとかで、東海道新幹線が長時間に渡ってストップしたというのを、ニュースやSNS で知った。
世界ツアーの仲間である松田FIREは
「いつぞや、3日半かかって現場に辿り着いた事に比べれば、屁でもない。むしろゆっくりできた」
と呟いていたが、まさにその通り。
「いつぞや」とは、2014年のアトランタのことであるが、詳細は割愛。

で、ふと思い出したのが、1990年ぐらいの、THE HEARTのツアーだったかな。
大阪とか広島あたりから東京に戻る新幹線が、台風の影響でストップ。結果的には6時間ぐらい止まってたかな。
たまたま、我々の乗った車両は、豊橋の駅ホームで止まったため、「閉じ込められる」ということはなく、ドアは開いており、出入りは自由というった状況だった。
とはいえ、駅から出られるわけではなく、程なくして車内販売や駅売店は売り切れ状態。
しかし、我々にはファンの方々という、ありがたい味方があった。
当時、ネットやSNSがあったわけではなく、当然携帯もなかったのだが、なぜか我々の置かれている状況を知った地元のファンの方2名が駆けつけてくれたのだ。
しかもありがたいことに、ケンタッキーフライドチキンのパーティーバーレルやら飲み物やらの差し入れ付き。
周りの乗客さんたちの羨望の眼差しを一身に受けつつ、ありがたくいただいたのでした。

でもね、自分の乗った新幹線が止まっちゃったので、この時だけじゃないんだよね。
THE HEARTのツアーでも、少なくとももう2回ぐらい経験してるし、中学の時、伊藤信雄さんと四国を旅した帰りにも止まっちゃって、新学年の始業式に間に合わなかったこともあったっけな〜
飛行機の真ん中の席をプレミアムに?

http://gigazine.net/news/20170405-side-slip-seat/

と云う記事タイトルに惹かれて、リンク先に行ってみたら、想像してたのとちょっと違った。
3列シートの真ん中を少し幅広にして、高さを下げる。(だけ?)

このシートのポイントは、外側のシートが可動式で、誰も座ってない場合は真ん中のシートの上に重ねられ、通路が広くなるってとこぐらい?
通路側の席を、くぐれるぐらいの高さにすれば、窓側の人も心置きなくトイレ行けるのにね。

170426.jpeg
東京〜小倉が片道2,370円?

http://pex.jp/point_news/360a97ed91533ef6ed0dc305f7a8a3d6/#reaction-result


この春のダイヤ改正により、東京駅から福岡県の小倉駅まで、鈍行乗り継ぎで1日で行けるようになったとの事。
通常料金だと13,220円だが、「青春18きっぷ」ってのをを使うと、2,370円で済む事になるという事だ。
「青春18きっぷ」、実はまだ一度も利用した事がないのだが、青春じゃない人でも使えて、5枚綴り11,850円。
普通列車しか乗れないが、何人で使おうが自由。1日以内の利用ならどこまでも行けるというシステム。
発売期間と利用期間には限りがあるが、時間がある人は是非チャレンジしてみてほしい。
ちなみに、最近では「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」などというのもあるらしい。
ちなみに新幹線ならば、東京駅6時00分発の「のぞみ1号」に乗ると、小倉駅へ10時37分に到着。料金は2万2310円(通常期の普通車指定席)だそうです。

170309.jpeg

170308_18kippu_02-600x377.jpeg


トゥールツアー3日目「帰還」


まだまだブログの日付は1日遅れ。
それにしても初日が「出発〜到着」、2日目が「LIVE」で3日目がもう…
ということで、始まり始まり。



2泊5日の怒涛のツアーも、遂に最後の朝を迎えた。
5日の旅で、ベッドでゴロンできるのはたった2回。まさに怒涛なのである。

ってことで、ベッドで迎えることのできた最後の朝も、どんよりとした天気。
しかし、こんな気候が結構絵になる街なのである。
これは朝食会場からみたTGVの駅舎。
有名なデザイナーによる建築らしい。
170228_IMG_4032.jpg


新聞、チラシ、そして朝食というルーティーン。いつもと変わらない朝だ。
170228_IMG_4033.jpg

170228_IMG_4034.jpg



荷造りを終え、ロビー集合。
もうこの後30数時間は横になれない。覚悟の旅立ちである(・∀・)
170228_IMG_4036.jpg



ホテルの目の前の駅から、電車でシャルドゴに向かう。
ヨーロッパの駅って何かいいよね。
170228_IMG_4037.jpg

170228_IMG_4041.jpg


一度乗り換えて、これは2つ目のTGV。
170228_IMG_4044.jpg





シャルドゴ駅に到着したのは、現地時間27日お昼。
170228_IMG_4047.jpg




さらに電車的なやつで、ターミナル1に向かう。
とにかくでかいんですよ、この空港…
170228_IMG_4049.jpg



パリもこんな天気。
ラブタンあるある、覚えてますか?
そう、帰る日は天気が悪い
170228_IMG_4050.jpg


ここが1タミ。かなりユニークなデザインです。
170228_IMG_4052.jpg

170228_IMG_4063.jpg



カウンターオープンまで、まだ2時間ほどあるので、空港にあるご当地マックで過ごすことに。
今回は「バーガー・フロマージュ・フォンデュ・なんちゃら」ってのを食ってみた。
6ユーロちょいだが、普通に美味かったよ。
170228_IMG_4056.jpg


170228_IMG_4055.jpg


さて、カウンターがオープンする15時35分のちょい前に行ってみたら、既に長蛇の列。
170228_IMG_4057.jpg


ここがケチの付き始めだった。
何と、ここからチェックインまで2時間半を要することになる。
客の捌きが全くなっていないのである。
ちなみに、飛行機の出発時刻は18時35分
詳細は「飛行機まとめ編」あたりで書こうかと思うが、荷物を預け終わったのは18時ちょい前
そこから出国審査に並ぶのだが、それに更に30分超。
機内にたどり着いた時には既に19時を回っていた
空港職員曰く「いつものこと」なのだそうだが、これをいつものこととして良いわけがないと思うのは、我々日本人だけなのかもしれない。


ってことで、こいつでとりあえずイスタンブールまで3時間半の旅。
170228IMG_4081.jpg



イスタンブールに着いたのは、約15分遅れの現地時刻23時半。
当然、ラウンジなんぞには寄る暇がなく、直でゲート208へ。

しかし、ビールは飲む(・∀・)
このサイズで約700円と、なかなか良いお値段。
170228IMG_4082.jpg



そして、最後はこの子で、イスタンブールから成田へ約12時間。
途中2,3時間ぐらいは寝たかな。
あとは映画三昧。隣は綺麗なお姉さんという、比較的ご褒美フライトではあった。
170228IMG_4105.jpg



成田に到着したのは、日本時間午後9時。
170228IMG_4111.jpeg



帰宅。旅の余韻も何処へやら。即明日の準備&車修理完了受け取り業務。
以上、怒涛のツアー終了!
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.