FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ショートカットその2

もうちょっと真面目な使い方考えたよ。
今度はiPadでの使い方。
ライブでは、譜面などを「Piascore」というアプリで表示させている。
で、ページをめくるのは「BlueBoradというアプリで、足元のスイッチとはBluetoothでつながっている。
しかし、本番中などにWi-Fiを拾っちゃうと、いきなりフラッシュライトが点滅したりするなど、ライブにおいては不必要、むしろ妨害行為とも思えるアクションを起こすことがある。
なので、いつも
・「Piascore」を立ち上げ
・「機内モード」にしてから
・「Bluetooth」だけオンに。

更に
・画面を少し暗くする。

という、この一連の作業をワンセットに組んでしまえば良いのだ。
ただし、「Hey Siri」はiPhoneの方で使えるように設定していて、前回も触れたけどこれが使えるのは1個のデバイスだけなので、iPadに関しては「ウィジェット」というのを使う。
これに「ライブ開始」という名前を付け、「ライブ終了」という逆のショートカットも作っておく。
181004_IMG_0695.jpg


これでどうでしょう?
ショートカットとSiri

Siriと言えばご存知、アップルの端末の中の人。
「Hey Siri」で起動してくれるので、息子などは便利に使っている。
さて、この度iOSが12になり、「ショートカット」と言うアプリが使えるようになった。
この2つの組み合わせ、使い方によってはかなり便利なのだ。
例えば、

「すみません、東京湾にゴジラが現れ、交通機関がマヒしているため、2時間ほど遅れます<(_"_)>」と言うテキストを作り
  ↓
「クリップボードにコピー」と言うスクリプトをくっつける
  ↓
さらに「メッセージアプリを開く」と続ける(本当はLINEを起動したいんだけど、今の所エラーになる)

このショートカット に「ゴジラ」と名前をつけ、Siriで呼び出せるように設定。

181002_IMG_9982.jpg



これで、もし朝寝坊しても、iPhoneに触れることもなく
「Hey Siri、ゴジラ」
と呼びかけるだけで、上記の言い訳がクリップボードにペーストされた状態で、メッセージアプリが起動する。
あとは任意の相手先にペーストすれば、たちまち2時間の余裕が生まれる、と言う感じ。
音楽好きな人なら、その先に「プレイリストを再生」とかくっつけとけば、更に快適な遅刻ライフを味わえるだろう。
プログラミングとか出来る人なら、もっと便利な使い方がたくさんあると思う。

それと、一つ気づいたんだけど、「Hey Siri」が出来る端末って、1アカウントについて1台なのだね。
どうやってもメインのiPhoneで設定出来ないと思ったら、他の端末をオフにしたらようやく出来たよ。
MacBook Airのストレージ対策
サブ機として使ってるMacBook Airだが、サブとはいえストレージが256GBと、かなり少ない。
初めて買ったパワーグック5300csなんて、7650MBでやりくりしてたのにね。
今や、ギガバイトじゃ足りない時代ですよ。
で、何にそんなに容量を食ってるのか見てみると、意外に「写真」と「Dropbox」だったり。
んじゃ、これをどっか別な場所に移植したら、ちょっとすっきりするんじゃないか?ってことで、ちっちゃいUSBメモリを買ってみた。
64GBで2,500円ちょい。
で、「iPhoto」と「Dropbox」、そして、あまり使ってないけど「iTunes」の保存先をそこに変更。
これでだいぶ空き容量が増えた。
でも「logic Pro」を使うほどの懐の深さには至ってない。
180520_IMG_7967.jpg
iPhoneレビュー・その76「スーパー地形」

埋立地に住む私としては、高低差のある内地には興味津々。
特にここ最近、チャリで都内をブラブラ走ることが多く、関東平野と呼ばれる都心にも、こんなにも坂、崖などの高低差が存在するのだと思い知る。
先日紹介した「我善坊谷」とかね。
で、体では思い知ってるんだけど、もっと視覚的にそれを楽しみ、掘り下げられないかと探していたら、見つけたのがこのアプリ。

「スーパー地形」

アプリ自体は無料で、1週間ぐらいお試しで使えます。
で、気に入ったら課金970円で正式購入。
従来の地図に加え、いつぞやここでも紹介したアプリ「東京時層地図」のような、年代別の地図や航空写真を重ねることができる上、肝心な高低差をリアルに表示することができる。

これに、最近iPhoneに追加された「画面の録画」という機能を合わせると、このような動画が残せたりもする。
ちなみにこれは、地図をミュート。地形だけを表示させて移動してます。
さて、どこでしょう。





正解は、麻布十番から六本木2丁目・溜池方面でした。(これは地形+地図表示) 

180213_IMG_0590.jpg


他にも、任意の地点の断面図なども見ることができて、例えば一般人は絶対に入れない赤坂御用地の高低差が20メートル以上あることなどが確認出来たりもする。

180213_IMG_0591.jpg


詳しい機能はこの辺で。
Apple Store2017冬

久々に、冷やかし以外の目的で、銀座のアップルストアに行ってきたよ。
平日の昼間だというのに、カオスだったね。
客もスタッフも、かなり多国籍な感じで、一瞬どこの国にいるのかと錯覚してしまうほど。
ちなみに、客は中国などアジア系外国人がかなりいて、購入のための行列が長〜くなってるのは、ほとんどそんな人たちが原因。
何だかんだと理不尽な要求を、好き勝手に並べ立て、一人当たりかなりの時間を要していた。
一方、スタッフはアジア系、欧米系、アフリカ系と多彩ながら、皆数カ国語を使いこなし、立ち回っていた。

そのスキル、もっといろんなことに使えそうな・・・
いや、そんなことを言ってはいけないか。

171208_IMG_5891.jpg



copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.