新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ピクサー展
160521_IMG_0099.jpg

160521_IMG_0097.jpg


29日までという事で、本日行って参りました。
前に行ったのはいつだったかな?と思い、「9年前日記」を遡ってみると、ちょうど10年前に行っていた。
書き出しも「27日までと言うことで、慌てて行って来ますた。」だってw

今日は昼、夕方と、諸用があったので、朝一で見ようと、オープン20分前の9時40分ごろ着いたんだけど、既に1000人以上が並んでいた。
その10分後には、オレの後ろに更に2000人ぐらいがいた。
160521_IMG_0096.jpg


で、予定より10分ほど早くオープンしたのだが、会場に入れたのは10時20分ぐらいだったので、40分ほど並んだことになる。
ま、舞浜育ちのワタシとしては、屁でもない待ち時間だったね。

で、内容なんだけど、10年前といい意味で同じ、そしていい意味でスケールアップしていた。
当然、その間にもピクサー作品は増えてるしね。

ただ、様々な資料を保存するためか、会場内が凍えるほど寒くなっていた。

そして、またあれを観たくなったな。なんだっけ?
「風船おじさん」?

舞浜に行ってきた
色々とリセットしたくなった。
こんな時はあそこだ。ということで、久々に独りで行ってきた。
そこはいつものように、幸せオーラが溢れていた。
6時間ほどの滞在、ただただボーッとしてきた。


リセットできたかな…?
IMG_5736_150620.jpg
家でワンスを見られるやつ
通称「城ワンス」と呼ばれる、東京ディズニーランドの、プロジェクションマッピングを駆使したショー。
幸い、わが家はシンデレラ城をほぼ正面から見ることが出来る角度にあるので、スタート時間に合わせてiPhoneなどで音楽を再生させると、自宅にいながらにしてこのショーを観ることが出来るのだ。
ただし、望遠鏡は必須。肉眼ではとても小さくしか見えない。
そこでこいつ。
パーク内で売られている、その名も「ハコビジョン・Once Upon a Time」。
5センチ角ほどの小さな箱の中に、シンデレラ城型に盛り上がったプラスチックの板と、反射板的な物をセット。
iPhoneで箱に表示されている QRコードを読み込み、専用の動画サイトにアクセス。
そのまま、箱に蓋をする形で、iPhoneを乗せると、先ほどの反射板越しに、シンデレラ城型に動画が投影される。
まさに小さなプロジェクションマッピングである。
これでもう、ベランダに出なくても、しかも何時でも観られるんだぜ♪

IMG_4739_150417.jpg


動画はこの辺

家から城ワンス

先日、「一人舞浜」した話は書いた。
ん?書いたっけ?(確認)うん、書いてた。

実は「城ワンス」の抽選が外れ、夜の行動目標がほとんどなくなったので、19時過ぎぐらいに一旦帰って来てしまった。
が、家の者に「遠くからで良ければ、ワールドバザール出口とかからでも充分見えるよ」と教わり、20時過ぎにもう一度家を出て舞浜に戻ったのだ。
そこはチャリで片道30分というお気楽な距離のなせる技。最入園スタンプも押してあったので、バッチリ!
で、やはり話の通り、普通に楽しめた。
ついでにiPhoneで「音」だけ録って来た。
21時40分のジャスト10秒前から録音スタート。

さて、これを自宅のベランダで、同じ21時40分に再生スタートしながら、フィールドスコープ(地上望遠鏡)で城を眺めると…
毎日でも楽しめてしまうのですよ。城ワンス。
ま、遠いと言えば遠いし、城正面より若干角度があるが、その辺は記憶力が補完してくれる。
「家から楽しめる」という点では、なかなか良いショーである(・∀・)

などと調子に乗り過ぎて、近所の方から通報されないように気をつけます。
37042.jpg

東京ディズニーランドへ行って来た
今日休まないと、当分休めない気がするので、完全オフって事にした。
で、何をしようかと考え、凄く久し振りに行ってきましたよ。東京ディズニーランド。お一人様で。
どれぐらい振りだろう?
でも、どっちかと言うと「帰って来た〜」って感じだったな。
何せ10年ぐらい前は、下手したら週8とかで通ってたもんな〜
一人だったけど、ショーやパレード、アトラクションと、充分堪能できました♪
ただ、ちょっと思ったのは、テクノロジーは格段に進化してるんだけど、その他の部分がどうなんだろうな〜と言う事。
スターライトマジックをもう一度観てみたい…

さ、明日からまた適当に頑張ろう( ´ ▽ ` )ノ

IMG_1054_20140912.jpg
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.