新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

師匠逝く

日本時間の昨日、アラン・ホールズワースという偉大なギタリストが、この世を去った。
70歳、ちょっと早かったかな。
世にスーパーギタリストは数多けれど、この人は一味違う人だった。
「ギターって、こんな弾き方も出来るんだよ」
そんなことを教えてくれる、ちょっと特異で邪道で、唯一無二の存在だった。
教わったことを仕事に活かせたか?と問われれば、ほとんど活かす機会はなかったと思うけど、今でも自分の中では、ギターという楽器の無限の可能性が息づいている。
あのヴァン・ヘイレンは、ホールズワースの手の大きさに対抗する手段として、「ライトハンド奏法」を編み出した、なんて説もある。それほど世界のギタリストに影響を与えた人なのである。

もう一人、アンディ・サマーズというギタリストがいるのだが、彼が亡くなったらオレも殉死しようと思うので、止めないでください。

https://youtu.be/nYgD8x12kfE?t=31m33s
コメント
この記事へのコメント
だめです!
2017/04/18 (火) 00:04:14 | URL | しろあ #vyPdYGZ6[ 編集]
1億万歩譲って殉死を認めるので、一秒後に甦って下さいね(๑• •๑)♡
2017/04/18 (火) 06:56:50 | URL | シャティグレ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.