新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

きざみパクチー
スーパーで見つけて、思わず手に取ってしまった商品。
しかし、使い道を全く考えてなかった…
とりあえず、何に使ってもパクチー風味にしかならんようだが…

170329_IMG_4311.jpg
アイコンタクト
ステージに立つミュージシャンに取って、ライブ中のアイコンタクトってのはとても大事。
ホールコンサートなんかだと、意外と声による会話が通じたりするんだけど、狭くてナカオト(ステージ上の音量)がでかいライブハウスだと、まず演奏中は無理。
なので、色々と目で語り合うのです。
例えば、アウトロがXタイム(回数が決まってない繰り返し)なんかの時に
「次で終わろう」
なんてのはよくあるパターン。
これが、より通じ合える相手になると、もっと複雑な会話が成り立つのだ
例えば、あの五十嵐公太さんなんて、いつも目で助けを求めてくる(・∀・)
「この後ってどう展開するんだっけ?」
「一旦リフに戻ってからサビだよ」

「今のパターンをもう一回?」
「違うよ、キメだよ」
みたいな。

そうそう、この間なんぞ、あの稚菜さんが
「2コーラス目省いて、Dメロ行きます」
ってのを、目で伝えてきたよ。
通じるもんだね〜w

ステージ上のこんな会話を見るのも、楽しみ方の一つかもだね。

170328_IMG_4310.jpg

【ドラマ】「手術」?


キムタクドラマも、無事民放視聴率ナンバーワンをキープしたまま終わった。
ところで、先クールの終わりぐらい、「大門エックス」あたりから無性に気になり始め、ちょいちょい気の向いた時にメモっていた事柄がある。
それは「手術」の発音。
ちゃんと「しゅじゅつ」と発音する人と、「しゅずつ」としか言えない人がいるのだ。
以下、こんな感じ。


「しゅじゅつ」
栗山千明
米倉涼子
西田敏行
吉田鋼太郎
平泉成
松山ケンイチ
石黒賢
木村拓哉
中村蒼
田中麗奈
大倉孝二
伊武雅刀
伊藤蘭
内藤剛志



「しゅずつ」
矢柴俊博
織田裕二
竹内結子
瀬戸朝香
板谷由夏
須田邦裕(「半沢直樹」で垣内役やってた人)
及川光博


「手術」をちゃんと発音できない人は、医療ドラマに出ちゃいかんな〜、などと思っていたが、何かの健康関連番組で、リアルなお医者さんが「しゅずつ」って言ってたので、ま、そんなドクターもいるってことで、納得した。

4月からのクールもチェックしてみよう(・∀・)


千早図書館


うちの母が運営する楽団の発表会がある関係で、年に一度、昔の地元・豊島区千早という町に足を運ぶ。
昨日はちょいと時間が余ったので、千早図書館という施設に寄ってみた。
ぱっと見普通の図書館。いや、どう考えてもただの図書館なのだが、ワタシにとってはかなり思い出深い場所。
中学時代、所属していたサッカー部の「朝練」と称し、この図書館脇の広場に毎朝集合していた。
ベルミーの缶コーヒーを買い、乾燥した葉っぱに火をつけてその煙を吸い込んでは吐き出すという儀式をするだけで、特に何かの練習をするわけでもなかったが、何故かみんな早起きして集まっていたものだ。
現在は、元クラスメイトの父であり、地元の雄となった漫画家・横山光輝の記念館的なテイストもあるこの図書館。マニアの方は一度寄ってみて欲しい。内部は撮影禁止だが、かなりアレである。

170326.jpeg
「カバンの中身」その後


以前、こんなネタでご紹介したあのグッズ。
5年経った今も愛用しております。
ただ、現在は柿の種やグラサンなどではなく、主にケーブル類。
iPhoneやiPad、Bluetoothのイヤホン、そしてモバイルバッテリーなど、持ち物に充電が必要な機器が増え、そのためのケーブルもたくさん。
そして、それぞれが1本ずつとか不安すぎるので、2〜3セットずつは持ち歩いている。
アトランタ行きのシカゴでのトラブルが、すっかりトラウマになっているようだ(・∀・)
しかし、さすがにゴムが伸びてきちゃったな〜
誰か、もっといいものがあったら教えてください。


ちなみに左やや下、イヤホンの下にあるアダプターは、iPadに付属していたものだが、これでiPhoneを充電すると、かなり早く満タンになる事を最近知った。

170325_IMG_4259.jpg


copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.